生乾きの与太話をモゾモゾと書いてます。読んだアナタの口元が、「ふにゃ」と緩めばしてやったり。日常の隙間にご覧あれ。
by lofibox
シミズマサトの音楽・落語の予定はこちら
◆シミズマサトFacebookページ◆


【メールを送る】
イベントのお問い合わせや感想など、お気軽にどうぞ。
カテゴリ
全体
ノーマルコラム
曲紹介
ライブ動画
ライブ情報など
長編小説的「YAKYU」
以前の記事
2018年 08月
2018年 02月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 04月
2004年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2001年 01月
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:曲紹介( 30 )
※歌詞 「有りの侭の僕たち」

カラフルに仕上げた お化粧は流れて
僕らはいつも花模様 くるくる回るだけ
しーんとしているその横を 時代が駆けて行く
僕らの花模様は キレイに舞い上がる

稚拙なリセットで また色々と飛んじゃった
イメージをもっと丁寧にしておけば
よくある話ですね


お空の四辺が消えた これ以上ない夜に
物憂い枯れ木は踊り 賑わう山の中
そろそろ朝のご出勤 宴もお開き そして
枯れ木は養分に なったりならなかったり

弾みのコンテニューで また続きが始まっちゃった
イメージはもっと丁寧にしておこう
よくある話ですね


ちょっと絶望して来ます ポップな気持ちで
たいしたことではござんせん 白黒決めません

ナイスな鉄骨あったので しばらく座ります
野原でくるくる回った あの頃を想い出すまで

見知らぬ風に揺られて 枯れ木が憂いても
落ちた枯れ葉が鳴らすのは 有りの侭の音

見知らぬ街で芽吹いて 右はお箸を持つ方で
時代とくるくる回り出す 有りの侭の僕たち
[PR]
by lofibox | 2001-01-26 19:13 | 曲紹介
※歌詞 「お梅雨のセレナーデ」

しっとりしとしとしとしと
濡れ髪の君が都会の
直線に切り取られた
色無しの空に映えますね

クラリネット
ざーざー
ホルン

蟷螂生ず 女性は魔性
ざーざー
ひっそりとした逢瀬


どんどんどどどどどんより
水滴揺れる濡れ気色
辛抱溜らず急ぎ足
もう外に出るのはやめにしましょうね

ヴィオラ
ざーざー
トランペット

蛍の光 窓のカーテン
ざーざー
いつもより2人きり


むわむわじめじめたらたら
透明な雨露沁みて
半分透けた濡れ衣
誤摩化しようもありませんよ

フルート
ざーざー
コントラバス

乾いたら時間が動き出すのよ
ざーざー
雨音は卑猥ね


びゅーびゅーそしてぎんぎらぎん
温風至り憂いなく
濡れ髪ドライヤー要らず
色がお空に戻っていきますね

じじじじじじじ
じーじー
しゅわしゅわしゅわ

宵雨 恋人が綺麗でした
どういたしまして by梅雨
貴方のお梅雨のセレナーデ
ざーざー
ざーざー
よかったよ
[PR]
by lofibox | 2001-01-25 19:09 | 曲紹介
※歌詞 「大航海時代」
海岸線を離れ ループする景色
広過ぎるぜ海 やる気も出ないや

昨日から船長 たいしたことは
出来ないけれど船長 みんなの髪を切る

寄せられては返されて
事もなく漂ってる


思えば川を流れ 枝分かれては選び
少しくカドも削れ 大海に出た

あら風が止んだ 波をひとかき
これはちょっとタイヘンだ ひと眠りしよう

やっぱり海は広いよ
ちょっとやりづらいよ


さよならなんてのは 波止場で滲んで
あんまり淋しいから 書いたことない
面舵に切っとくれ あれはクジラだ
たいしたことではないが あの子想い出すんだ


僕はあの子想い出す 記憶の隙間を愛と呼ぼう
誰か少し喋りなよ 淋しいの慣れちゃってさ
双眼鏡貸しとくれ あれは酒樽だ
帆を揚げろ太鼓鳴らせ 退屈しないよに


波間に赤い目が あれは魔物じゃないのか
報告があるのか こんな時にも

なんだって魔物には 食べられるのと
食べられないのがあるのか そうだったのか

素晴らしい情報だ
そういうのもっと欲しい

船底穴開くまで
マスト折れるまで
[PR]
by lofibox | 2001-01-24 18:59 | 曲紹介
※歌詞 「タイミングが合うといい」

あなた昨日に似てるね 同一人物なのかな
雨が叩いた音が聞こえるね コンクリートは固いな

景色が変わるのは屋外 衣替えただけじゃしょうがない
そんなもんかと窓開けたら 鳴いた カエルだ何だと

散文的に君を患い
哲学を前に茶をすする
ため息程に嘘がつけない
君が欲しいと言ってみる

こういうある日が並んでる 列を作って大人しくして
でもいざ暴れたら殴られたりするから 鍛えておこう

建設的な意見ですね
田園調布に家が建ちます
それじゃなんにもならないぜ
米じゃナンにはならないね

眩しいのも暗いのもね どっちでもない光あれ
明日は一張羅の太陽がいい タイミングが合うといいね
[PR]
by lofibox | 2001-01-23 18:55 | 曲紹介
※歌詞 「やくそうを買いにスーパーへ」

やくそうを買いにスーパーへ
ひと束198円
からだに傷さえなかったら
小松菜でもいいんだけどね

手強いアクだが恐れるなかれ
勇気を振り絞り さっと湯がく

仕事があってもなくっても
不安に胸は痛むので
緑黄色のやくそうが
食卓にあればとてもいいよ


やくそうを買いにスーパーへ
230円 また高なった
でもあなた少し元気なかったし小松菜は
やめて今夜もやっぱポパイ

湯がいた後は冷水にとって
水気を振り絞り 切るの

あなたがいてもいなくても
時折胸は痛むので
緑黄色のやくそうが
食卓にないと心細い

効能あってもなくっても
今夜はおひたしにしよかしら
緑黄色のあの野菜
やくそうを買いにスーパーへ
[PR]
by lofibox | 2001-01-22 18:49 | 曲紹介
※歌詞 「ホームランになって」
突然 バカらしくなっちゃった
そりゃあ空のひとつも見上げてみますよ
カーカーってカラスに鳴かれてる
雲流れ切って容赦なく単純な空

投げ槍にしてみてやたらに沁みた
たいした悩みもないこの暮らしで
詩人の真似して君を描いたけれど
輪郭を引くのもむつかしいものです

ヒーコラ アホらしくもなるよね
そりゃあ空のひとつも見上げてみますよ
人類がロマンティシズムを覚えて
タンポポの数はよく増えた


悩みはさておき不安はあるよね
新鮮なオドロキに満ちたこの暮らしで
詩人の真似して君を描いてる
まさかそこがそんな色だったなんて

僕はホームランになって君の元へ
景気のいい顔でもうすぐ行きますよ
僕はホームランになって君の元へ
景気のいい顔がもうすぐ行きますよ
[PR]
by lofibox | 2001-01-21 18:47 | 曲紹介
※歌詞 「シュポン」
 
みんなの思想を
少しずつ僕に 分けてみてくれ
なにかつくるよ

大袈裟なことは よした方がいい
大袈裟なことは よした方がいいや

せんぬきぐらいが ポンと出来たら
ちょうどいいだろな
そのときは ホメてね

パッパラッパッパッパ シュポン
パッパラッパッパッパ シュポン
パッパラッパッパッパ シュポン

パッパラッパッパッパ シュポン
パッパラッパッパッパ シュポン
パッパラッパッパッパ シュポン
[PR]
by lofibox | 2001-01-20 18:01 | 曲紹介
※歌詞 「花びらの機微」
lady 軽快にふわりと舞って
baby 正解は不敵に笑うよ
薄くて淡い色になって
不埒な季節 はじまった

lady 夢が現なら君は僕か?
baby シラフで幻は見ない
出会い別れないそれは稀だ
本当のことを 会いに行こう

なんてビューティフルなひと節だ
わからなくなる前に 伝えよう


Hello 短い挨拶だけ残し
Goodbye 枝から花びらは飛び立った
まだことばにならないことを
知りながら行くよ いいかな

それいけ儚さよ軽やかに
何もかも知らん振りで 見惚れるよ


maybe 世知辛くても腹は減るし
honey 僕らは現実と踊ろう
季節より冷たい風 吹いて
ピンクの隙間に青空 気になった

当たり前の顔して 風を切る
毎日のモチベーション 意味がない
いつまでも学んで 少し恥ずかしく
ふざけていられたら 君が 僕が
[PR]
by lofibox | 2001-01-19 17:55 | 曲紹介
※歌詞 「造園」
 
散々聞いたような生活は
目が合うと微笑んでいる
それに手を振る態度でも
笑みは返してしまうので

穏やかなものですね
続くよどこまでも


色んなものを手にするから
記憶の手入れは怠らず
ただただ忘れ過ぎないように
あたまのデカさは伊達じゃない

忙しないようですが
楽しくもありますよ


がんじがらめの反動でキック
飛び上がり 跳ね上がり
疲れて家に帰るところまでを
そんな時代もあったねと
あれは不自由だったねと


振り返るたび奥の方まで
時の流れも見渡せるように
遠くの築山で手を振る君よ
紹介したい人に出会いました

愛させてくれた人たちに
何度も何度も会えますよ

そして孤独も人の道
静けさいつまでも
[PR]
by lofibox | 2001-01-18 17:52 | 曲紹介
※歌詞 「胡座カタグラ」
 
また何か言いたげなポリシーが揺れる
そこに胡座かいて乗っていたら落ちちゃう
空からは何か降って染み込んだ
口開けて見ていたらポトリと
塩の味がして 気持ちわりぃー
I'm OK もう止めにしよう

私は僕 貴方は君さ バイバイ
チョコレート冷やして価値作り 売買
僕らだけが過去を持っている
グーテンベルク 貴方のおかげで
学ぶことだらけさ たまんねぇー
I'm OK 広がれ智恵の輪


これはやっちゃダメだ
あれはやらなきゃダメだ
その赤い光線の隙間
見えてるかい
潜り抜けた先に
安心のステージが
君の掌の上
当然の悲喜劇


おんなじさ誤解も六階もないよ
自分は気分 気分が自分
だいたいのことはどっちでもよくてメイビー
神頼みでもアミダのみでも
ってこれ 線が多くてなぞるのが めんどくせぇー
I'm OK 薄まれ自分
そうさOK 目的なんかは荷物さ
宛てだけあれば そんな旅なら行こう
 
 
 
[PR]
by lofibox | 2001-01-16 17:18 | 曲紹介