生乾きの与太話をモゾモゾと書いてます。読んだアナタの口元が、「ふにゃ」と緩めばしてやったり。日常の隙間にご覧あれ。
by lofibox
シミズマサトの音楽・落語の最新予定はこちら!
◆シミズマサトFacebookページ◆


※ライブ情報の詳細はFacebookページをご覧頂ければ幸いです。

【メールを送る】
チケットの取り置きや感想など、お気軽にどうぞ。
*-*-*-*-*-*-*-*-*
◆ライブ情報◆
────
7/26(水)
心斎橋「パルチザン」
w/磯崎陽平(50/50's)
開場19:30/開演20:00/¥1500(1ドリンク付)
────
8月3日(木)
日本橋「太陽と月」
<居酒屋シミズ>
19時開店予定
────
8月6日(日)
塚本「エレバティ」
w/槇平れん/市場寿司郎/米谷考平/シンコウズ
開場18:00/開演18:30/adv¥1500/door¥2000(1dr別途)
────
8/19→20(土・日)
三重 豊津上野「海の家ええかげん」
<ミエフェス。vol.8>
開場10時/開演11時
────
8/21(月)
名古屋 池下「GURU×GURU」
開場19:30/開演20:00/¥1500(要1ドリンク注文)
出演:シミズマサト/稲造/他
────
8/27(日)
東心斎橋「居酒屋ほおずき」
<日本酒と落語の会>
出演:古今とこ頻ん尿/ナマス亭ひとり
開演:18時(各一席ずつ)
────
9/24(日)
東心斎橋「居酒屋ほおずき」
<日本酒と弾き語りLive」
出演:いわいあや子/シミズマサト
1部開演:18:00〜/2部開演:19:30〜/¥投げ銭
────
(敬称略)

*-*-*-*-*-*-*-*-*

↓文庫本が出来ました↓

あまりに少ない初版数に、出来たその日から品切れ中。増刷に向けて労働します。とほほ。

*-*-*-*-*-*-*-*-*

◇終了したライブ◇
▶2010年までのライブ一覧
▶2011年のライブ一覧
▶2012年のライブ一覧
▶2013年のライブ一覧
▶2014年のライブ一覧

1/7 シルバーウイングス
関口哲也/立川玄

1/11 太陽と月
前原淳平/川内聡一朗/ショウジョウハイライト

1/24 かつおの遊び場
半田悦久/ひとりナマステ/rufflls

1/26 ワンドロップ
森口英彦/磯山達也/

1/30 太陽と月
岡田真美/かるちん/萌えもえにゃんにゃん

2/3 エレバティ
新巻和樹/岩井わい/きたぼー

2/5 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

2/12 Mele
井戸正太/後藤明/おはるの時間/陸奥拳

2/14 太陽と月
ベベルとエンボス/記憶ソーダ/lee:no

2/18 酔夏男
町田直隆/岸っしゃん/ぶすぶりっこ/キャミストリー/石田千尋

2/20 パルチザン
田渕光成

4/12 Brothers & Sisters
lee:no/稲田一馬/

4/23 Mele
口石和人(サンドバックス)/柴田太尊/辰巳慶一/山下ヒロシ(ラダー)

4/25 パルチザン
堀田ダチオ

4/29 ファンダンゴ
<パルチザン10周年記念イベント>

5/1 アヒルノ
<リニューアルパーティー>

5/2 パルチザン
カシダ

5/3 太陽と月
<第一回よせて寄席>
鯉鮎亭ボタン/ロック亭チリ紙/ロック亭ルーズ/三名/ひとりナマステ(ギター漫談)

5/13 エレバティ
フラフープス/礒野聖矢/Theムッシュビ♂ト

5/17 テハンノ
seiji/山田智史/トウギシカズヤ

5/24 太陽と月
小泉洋平/CAT FISH KING/ミッキー大畠

6/4 Mele
UpperSixx/Beg/ナガタヨシキ/ytakeko(oops! here I go again)

6/18 酔夏男
金丸亮太(雨市)/キタ(than)/さかもとたかはる

6/20 Mele
<Barプカプカ20周年記念ライブ>

6/26 太陽と月
Katsu/福重ユキオ/Tiny

7/3 エレバティ
石の拳/THE HOT TiMES/モンゴリアンダイナマイツ/見市雨桃

7/16 Mele
井戸正太/moca/辰己慶一/UpperSixx

7/20 太陽と月
<第二回よせて寄席>
鯉鮎亭ボタン/三名(みつな)/猪家熊吉/ミサイル濱野/おぎの信号/露の新幸

7/28 パルチザン
<実機なき戦い>
登山正文 VS シミズマサト ツーマンライブ

7/29 酔夏男
『背筋も凍る怖い話大会〜絶対にSNSにはあげられない〜』
じゃっく

7/31 気仙沼まただいん
鯉鮎亭ボタン/くぼ&みのうら/Tender and Paul.Naru

8/4 ネガポジ
谷直也(gue)/リュウジ/伴野一輝

8/15 海の家 ええかげん
<ミエフェス Vol.6>

8/22 VOXhall
町田直隆/マルヤマトモコ/キチュウ

8/25 テハンノ
「悠」/くビれ/

8/28 太陽と月
キタ(than)/バニーマツモロ/siva

9/13 太陽と月
シミズマサト主催イベント
<エンゲイミュージアム>
じゃっく(イヌガヨ)/正垣祐樹/ひこーき雲/馬と魚/市村マサミ/鯉鮎亭ボタン/露の新幸/ひとりナマステ/デジタルケイタ

9/17 Mele
広島綾子(東京)/はあとぶれいく/辰巳慶一/滝口ナオシゲ/

9/25 エレバティ
岩井わい/ キタ(than) /玉木英雄(キリングマネーズ)

10/1 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

10/2 Mele
朝倉祐太(モンスターロシモフ)/cue/マロニエ堂/橋村恭平

10/11 そぶら山荘
<ハミングバードフェスティバル>

10/23 太陽と月
阿木伸雄/萌えもえにゃんにゃん/藤本歩美

10/25 ライヴ喫茶 亀
<デジ亀寄席>
つづら/まとばっくす/桐のはこぶた/桐のぎりぎり/女御亭伝喜
企画・構成 高田豪

10/30 プカプカ
<生音ライブ>

11/6 Mele
口石和人(サンドバックス)/マロニエ堂/滝口ナオシゲ/市川与一

11/7 パルチザン
Capo

11/23 太陽と月
<第3回 よせて寄席>
鯉鮎亭ボタン/三名/ロック亭メロディ/Muicy

11/27 エレバティ
バカ力/しんぐべー(黒色青年)/ぴろ男爵

12/3 セラー
<アメ村フォークジャンボリー>

12/4 BlueEyes
立川玄/ゆとリズム♨︎

12/13 太陽と月
不二才/小泉洋平/矢本健士

12/19 音家松林商店
方々/儀間博幸/THE★わたる

12/21 パルチザン
奥村由希

12/30 Mele
<メレメレ忘年会>

1/5 エレバティ
市村マサミ/進藤宏希/リー・ルード/吉見拓哉

1/17 太陽と月
<新春!第四回 よせて寄席>
鯉鮎亭ボタン/三名/夕凪亭あおひげ

1/18 酔夏男
<新春ホームラン王決定戦>

1/21 Mele
THE HOT TiMES/あうんさん・すうじぃ/Risa, Steg & Mayers

2/12 パルチザン
杉本ユーイチ

2/14 Cafe&BAR 大丈夫
<第1回大丈夫杯 大喜利選手権>
やっさんブル/あまっぺ(タロッツ)/Fワラさん/なべちゃん(Lainy J Groove)/わんぱく清水/大喜利司会:カジワラコウジ

2/18 tora
まえざわけんいち/快賊guld+/あわめ/芽衣子

2/27 酔夏男
岡部洋子/サワラデザート/藤井えい子/あさじ

2/29 Mele
口石和人(サンドバックス)/雪盗境士/シモヤンツジヤン/ナガタヨシキ

3/3 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

3/17 エレバティ
キタ(than)/びばオチアイ/kitabow/ビリーボーイ

3/19 BlueEyes
浮浪雲/VJ☆脱肛/寅(富山)/登山正文(私の思い出)

3/26 太陽と月
沸き出せ!温泉ズ/大島圭太/キタ(than)

4/2 クラブウォーター
イッポンマツ/小川アキオ/モンキーサイクル/方々(HOBO)&みっちゃん&長芳弘

4/13 ネガポジ
ヘテロズ/永倉彩乃/Novelman

4/22 セブンデイズ
<真下梓レコ発>
真下梓/石田千尋

4/29 ファンダンゴ
<パルチザン11周年イベント>

5/3 ライヴ喫茶「亀」
つづら/まとばっくす/泥亀亭ヤング/山田とし

5/14 Cafe&BAR 大丈夫
マサ・タケダ/モロボシキルオ

5/17 酔夏男
田高健太郎/傷心の松/サワラデザート/藤山拓

5/20 Mele
<メガネのスリーマン>
マロニエ堂/ムッケンナガノ

5/22 宙空Bar テオ
<宙空Barテオ こけら落とし寄席>
ジョン・リー・ふか丸/麻石家パンク

5/29 Cafe&BAR 大丈夫
<いつまでも世界は…>

6/2 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

6/10 tora
ハナウタ/山本悠介/畑歩/KEEWO

6/16 エレバティ
生き仏/見市雨桃/僕のカリフラワーちゃん/フラフープス

6/19 BARプカプカ
キウチユウスケ

7/12 太陽と月
方々(HOBO)/カオリーニョ藤原/外村伸二

7/16 Cafe&BAR 大丈夫
マサ・タケダ/モロボシキルオ/橋村恭平

7/24 居酒屋ほおずき
正垣祐樹

7/31 太陽と月
<第伍回 よせて寄席>
ナマス亭ひとり/ロック亭チリ紙/三名/罪華子

8/1 酔夏男
さかもとたかはる/岸っしゃん/下町ドンピシャーズ/市村マサミ/親斗

8/12 GURU×GURU
マサ・タケダ/モロボシキルオ

8/20-21
<ミエフェス vol.7>

8/30 エレバティ
町屋菊一/松本英二郎/吉見拓哉/スケモンのロング

9/1 セラー
<フォークジャンボリー>

9/3 tora ※落語
瀬戸楓太/市村順平/関大介

9/9 酔夏男
廣瀬義政/金丸亮太(雨市)/サコウイサオ/豊田梵

9/15 Mele
じゅん☆ONE/辰巳慶一/後藤明/山下ヒロシ(ラダー)/ツキミツカオリ

9/24 Ma-ha
<Moodoor vol.33>
Music:Tisavo/大停電(solo)/Tsukiko LOVE/シミズマサト
Live Paint:silsil/松田真哉/tsubasa./コジマユイ

10/2 プカプカ
<生歌ワンマン>

10/8 大丈夫
モロボシキルオ/橋村恭平/だいすけ/マサ・タケダ

10/15 パルチザン
いわいあや子/大石隼輔

10/21 tora
than/吉見拓哉

10/28 Mele
ザ・ディディディディーズ(東京)/NIAGARA BUILDING/THE PENNY LANES

10/30 太陽と月
<第六回よせて寄席>
鯉鮎亭ボタン/三名/ナマス亭ひとり/古今とこ頻ん尿

11/3 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

11/12 ReedCafe
大津光央

11/13 ほおずき
<ひやおろしと弾き語り>
マサ・タケダ

11/20 太陽と月
<ヒントのピント>
露の新幸/ひとりナマステ

11/22 Mele
吉見拓哉/ぴろ男爵/滝口ナオシゲ/辰巳慶一

12/3 大丈夫
マサ・タケダ/橋村恭平/高倉尚吾

12/12 Guru×Guru
429/星空じゅんこ

12/17 パルチザン
キタムラリョウ/ハグ林

12/21 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

12/30 Mele
<メレメレ忘年会>

1/6 酔夏男
藤山拓/よりえ/キタ(than)/市村マサミ

1/20 エレバティ
米谷考平/オータムス(単騎)/鈴本彰

1/23 酔夏男
ザ・サウスソース/立川玄/豊田梵/ユウキミリオンセラー/まえだけんた

1/29 太陽と月
<第七回 よせて寄席>
濁り酒二合/ナマス亭ひとり/サオリン城間

2/3 酔夏男
岡部謙吾/マサ・タケダ/さかもとたかはる/秋山カラスウリ

2/16 tora
ザ・ツイてるず/脳内麻薬/The Hula Foops/パン〜THE王様クジラ〜

2/18 パルチザン
いわいあや子/大石隼輔

3/8 ネガポジ
伯川修平/Nonsugar/Novelman

3/12 居酒屋ほおずき
じゃっく(イヌガヨ)

3/31 GURU×GURU
橋本進/ギターうなぎ

4/12 鮨処小町
Nの集落/マサ・タケダ

4/15 パルチザン
<シミズマサト独演会>

4/22 BARプカプカ
市村マサミ

4/29 ファンダンゴ
<パルチザン12周年イベント>
ジャカランタン/西島衛/浮浪雲/久保田和之/市村マサミ/マサタケダレディオデイズ/清水由貴/アフターアワーズ/ロマネ/らせん/Bacon

4/30 太陽と月
<第八回 よせて寄席>
野D/ミサイル亭濱野/ナマス亭ひとり/三名/魅多羅詩じゅん子

5/8 酔夏男
藤山拓/320/傷心の松/飛松正輝/オガサワラヒロユキ

5/11 BEATLE
<フォークジャンボリー>

5/26 エレバティ
吉見拓哉/びばオチアイ/siva/岩井わい

6/4 朝日温泉
<銭湯に行こう!Vol.6>

6/10 パルチザン
いわいあや子/大石隼輔

6/13 パルチザン
<落語三人会>
武田家酔ん愚/濁り酒二合

6/16 tora
芽衣子/おーやなち。/武内太一

6/18 プカプカ
磯崎陽平(50/50's)

7/1 酔夏男
もりやまかずひさ/じゃっく(イヌガヨ)/岡部謙吾(イヌガヨ)

7/8 Mele ※シミズ楽隊にて
THE HI HAT WHISKY/ザ・サンダーボーイズ

7/12 ロフトプラスワンウエスト
<御SHOW会LIVE 第三夜>
徳永由希/なかのいくみ/あんどーまいか/山本新/ぼけなすび(ヒミツノミヤコ)

7/21 酔夏男
市村マサミ/豊田梵/キタ(than)/井上聖悟


*-*-*-*-*-*-*-*-*
[ Profile ]
清水雅斗:かに座
*-*-*-*-*-*-*-*-*
カテゴリ
全体
ノーマルコラム
曲紹介
ライブ動画
ライブ情報など
長編小説的「YAKYU」
以前の記事
2018年 02月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 04月
2004年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2001年 01月
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧
263号 「パソコン不祥事」
 割とおセンチな内容のまじめな話を書いたけど、掲載する直前に消えてしまった。パソコンの不祥事である。

 内容は、年末に向かってそわそわしている。というようなことだけど、結構悩みながら書き上げただけに、二度と書く気になれない。

 なので、ここはくだらない一言を落として逃げたいと思う。

 ダッチひろし

 以上。

 
[PR]
by lofibox | 2005-11-30 11:45 | ノーマルコラム
262号 「その味、無限大。」
 神戸屋の人気商品「サンミー」。みっつの味が楽しめるこのパンの新商品として「ヨンミー」が発売されているのは最早周知の事実だ。

 「サンミー」と「ヨンミー」でWeb検索してみると、実に多くのブログ書きがこのヨンミーのことを書いているのが解る。というか、正直取り上げすぎだとも思う。みっつの味でサンミー、よっつの味でヨンミーだなんて、こんな関西特有のダジャレをいつまでも引きずっている場合ではないんじゃないか、と警報を鳴らしてみたい。

 そこで僕が一石を投じる形で考えてみたいのが、なんといっても神戸屋のことだから、ここまでヨンミーが話題を呼べば、調子にのって「5」までやりかねないんじゃないか、ということだ。

 ところがここで、この「5」バージョンに問題が起こる。そのままやったんじゃ「ゴミー」となってしまい、どうにもイメージがよくない。

 試みに英語にしてみよう。「ファイブミー」。そう、ベータカロチンが、食物繊維がどうとか、そんな健康飲料。いやそれはファイブミニだ。類似商品があるのはよくない。

 では読みを変えて、「いつつ」を使ってみてはどうか。「イツミー」。イツミーの嘘つき四択。クイズ世界はしょっぱいしょっぱい。甘くはない。


 コレだ、という案は出ない。ともかくこの問題が、神戸屋が5つめの味を混ぜるにあたり、一番の問題になることは間違いない。あくまで混ぜるとしたら、だけども。
[PR]
by lofibox | 2005-11-29 10:07 | ノーマルコラム
261号 「君の腸は何色だい?」
 恒例のニュースチェックに勤しんでいると、「121メートルのソーセージです!」という見出しの記事を見つけた。

 ソーセージ。それは魅惑の響き。男子諸君にとっての永遠の憧れ。そして雄の象徴を模った、古(いにしえ)より伝わる秘宝だ。と、これは言い過ぎ。

 うひょっ!と思わず声を上げながらも、心躍らせ記事をクリック。と、出てきた画像がこれだ。

 121メートル

 なんかぐにょぐにょしてる。白いし。一気にトーンダウン。

 考えてみれば、121メートルのソーセージってそういうことだよね、と今なら思える。僕も少し気持ちを走らせ過ぎたかもしれない。童心に返り過ぎたかもしれない。

 しかしあえて言わせて貰えば、僕にはこのぐにょぐにょした白い物体が、折角のクリスマス気分を台無しにしている気がするんだけど、それは気のせいなのか。いや、数人見受けられる表情が冴えない人たちは、まさにそれを感じているんじゃあないのかい。どうなんだい。

 よく見れば、一番手前で目立っている女性サンタを見つめるおっさんサンタが、左後方でソーセージの輪に入れずにいるのも確認できる。ソーセージへの落胆と併せて僕も朝からなんだかせつない。
[PR]
by lofibox | 2005-11-28 09:43 | ノーマルコラム
260号 「犠牲フライ定食はじめましたですよ」
 タイトルの頭に記載していた日付を、第○○号としていく事にした。積み重なっていく感じにやりがいを感じる、というのが建前である。数えてみたら記事数が全部で259だったので、260号からスタート。


 さて、皆様の家のポストにも日々色々なチラシが入れられていることと思うが、今回は我が家のポストに紛れ込んだ、とあるパソコンスクールの「語りかけるチラシ」を取り上げてみたい。

 まず目に付くのが「パソコンスクール ○○○」というその塾の名前なのだが、よくよくみると最後に小さく「ですよ」とある。つまり「パソコンスクール ○○○ですよ」と書いてある訳だ。思わず瞳孔が開いた。

 メインのキャッチコピーと思しき一文は「コンピューターは知的欲求を満足させてくれる最高のオモチャです」 なるほど、そうかもしれない。

 更にその下には、Q&A方式で様々な欲求に答えている部分があるのだが、順番に幾つか取り上げてみると、

 「パソコンやインターネットの基本的なことぐらいは知っておきたい」
                  ↓
 「すでに日常のなかにインターネットは入り込んでいますよ」

 と、答えているのかなんなのかよく解らない。

 次に、

 「お友達とメールのやり取りをしてみたい」
            ↓
 「メール友達をたくさん作ってください」

 と、やはり答える気があるのかないのか解らない。そして上のもそうだけどなんかちょっとムカつく。

 更に、

 「写真からさまざまな作品をつくりたい」
           ↓
 「顔のシワを消したり、体型を細くしたり。思い出を最大限に利用できます」

 と、思い出という言葉にピュア感がまるでない。そんな形で作品を作っている場合じゃない。

 最後は、

 「インターネットで会社の宣伝をしたい」
           ↓
 「無料で、しかも一流企業と肩を並べて、しかも世界に宣伝できるんですよ」

 と、シカモがWブッキングな上に、やっぱり「ですよ」だ。語りかけてくるんだ。


 気にしだしたら止まらない内容が満載のこのチラシ、とりあえずゴミ箱に捨てるのも忍びないので、次の引越しの時にでも笑えるように保管しておきたいと思う。
[PR]
by lofibox | 2005-11-28 03:40 | ノーマルコラム
259号 「肴と戯れる」
 海に川に潜り泳ぐ魚見ると人はビューチフルと声を上げてうんそれは僕も美しいと思う。

 でもそれ以上に「食べたい」とも思う。

 どうやら先日知人がダイビングの免許を取得したらしい。やはりビューチフルなオーシャンブルーに魅せられてのことと思う。海に潜って魚たちに餌をあげたりして、コミュニケーションを図ったりするんだと思う。

 僕だったらどうだろう。確実にアワビとか探してしまう気がする。魚たちの餌より自分の餌。なんなら「この口は君たちを食べる為にあるんだよ」と、赤ずきんちゃんのオオカミ気分にもなってしまうかもしれない。

 だって僕はお魚と日本酒を愛してるんだ。こればかりは仕方がない。


 ついでにだけど、昔後輩が「ファインディング・ニモ」のことを「ファイティング・ニモ」と、言い間違えていた。大筋で意味は通るかもしれないと思い、指摘はしなかった。
[PR]
by lofibox | 2005-11-25 10:11 | ノーマルコラム
258号 「ナンセンスを愛すべし」
 ナンセンスを恐れない。それがOSAKAだ。

 「OSAKAの人は面白い」という認識は、ある意味では間違っており、ある意味で正しい。誤解のないように補足しておくと、「ナンセンスを恐れない」と言っても、「下手な鉄砲を数打っている」という訳ではなく、「手近な所に落ちている笑いを躊躇せず拾う」ということだ。それは「ハイ、300万円」などのセリフに代表される。

 その「手近な所に落ちている笑い」は、その多くが底が浅く、単純で、時に低俗であったりもする。故に人々はそれを拾わない。拾えば「センスがない」などと馬鹿にされることも往々にしてあるし、別にそんなモノを拾ってまで笑ったりしなくてもいい。という考え方もあるだろう。

 それはそれでいい。

 
 そう、昔ミナミにあったお好み焼きの屋台にあった看板にはこう書いてあった。

 「シングル:×××円、ツイン:×××円、トリプル:×××円」

 ダブル。ダブルじゃだぶる。何かとだぶる。左様で御座る。

 これはこれでいい。
[PR]
by lofibox | 2005-11-24 10:50 | ノーマルコラム
257号 「心労感謝の日」
 明日は勤労感謝の日である。

 今日も見事に遅刻をかましてしまった僕としては、「こんな僕でも勤労させてくれてありがとう」とでも言わなければいけないのかもしれない。言わないけど。

 ついさっきも、会社的に良いことが起こったようで、みなが「ワーッ!」と一斉に盛り上がったが、僕は「全国統一オタク認定試験」のサイトを見ていたので普通にびっくりした。何事か、と一瞬気になったが、あまり自分に関係のないことだと直感したので、そのまま松紳のバックナンバーを見ることにした。

 で、見るとこも無くなったのでこうしてコラムでも書いてるってワケだ。

 仕事もしてるよ。も、ね。
[PR]
by lofibox | 2005-11-22 16:59 | ノーマルコラム
256号 「キーワードコラム(丸刈り編)」
 丸刈り。

 と、いうワードをとりあえず先に書いてみた。思いつきだが今回は何とかこれを活かしてみたいと思う。


 丸刈りについて書くにあたり、とりあえず「丸刈り」という言葉について調べてみたら、

 仏教の僧侶、軍隊や刑務所の囚人などが日常生活と決別するため頭髪を非常に短く均等な長さに刈り取ることである。

 という記述があった。

 日常生活と決別する。急に話が重くなりそうだが、僕にだって決別したい日常生活ぐらいある。気がつけばうんこを拭く紙がない事とか、また洗面台の排水口が詰まった事とか、最近炊飯器が水漏れしている事とか、いろいろある。

 書いてみた所で見直してみると、いろいろあるにはあるが、どれも丸刈りにしてまで決別するって程の事じゃないことも解る。しかも日常生活というには部分的すぎるか。

 いやまて。見方を変えると、もしかしたら部分的な日常生活との決別は、部分的な丸刈りにて行うということかもしれない。

 もしそうだとするなら、例えばウド鈴木のような頭だと、まだ決別したくない日常も「あれぐらい」あるという事になり、何かと意味を見出せそうで面白い。そして個人的には、最初安易に「高校球児」の方向に走りかけて、話が続かなかったことを考えれば上出来だと思う。
[PR]
by lofibox | 2005-11-22 10:42 | ノーマルコラム
255号 「空は飛べない」
 「マイレージ」というのを聞いたことがあるだろう。

 僕はこれ、航空会社が行うサービスなんだと思っていたけど、不動産のサイトでも「マイレージサービス」という単語を見つけた。

 まぁ、そもそも「マイル」というのが「飛行距離」を指すという話もあるので、使用法としては間違っているのかもしれないが、流行言葉を取り入れるというのはビジネスとして大事なだろうし、そんな細かいことを言及するお客もそうはいないとも思う。ここはジャパンだ。


 そんなことを考えながら、僕は今日も自転車を漕いで、西に10km、東へ20km、街を疾走している。風は冷たい。

 もし走行距離のマイレージがあるならば、おそらく僕には結構なマイルが溜まっていて、飛行距離のマイレージでいうところの「タダで海外へ行ける!」なんて状態になっているかもしれないが、いかんせん規模の比較で考えると「タダで枚方へ行ける!」ぐらいが関の山かとも思う。
[PR]
by lofibox | 2005-11-21 10:51 | ノーマルコラム
254号 「七人の仏」
 のどぼとけ

 はなぼとけ
 こめかみぼとけ
 うなじぼとけ
 ほおぼとけ
 みけんぼとけ
 めがしらぼとけ


 喉だけ仏様を囲うのは贔屓ではないか、とでも言いたげな顔のパーツくんたちの声に応えて、着地地点を決めないまま実施してみた。するとどうだ。こんなにもぱっとしない七人の仏が誕生してしまった。

 がしかし、産んでしまったのは僕だ。ここで安易にうっちゃってしまうのは忍びないので、もう少し想像を脹らませてみよう。


 のどぼとけはやはり三船敏郎だろうか。


 ・・・。
[PR]
by lofibox | 2005-11-18 17:41 | ノーマルコラム