生乾きの与太話をモゾモゾと書いてます。読んだアナタの口元が、「ふにゃ」と緩めばしてやったり。日常の隙間にご覧あれ。
by lofibox
シミズマサトの音楽・落語の最新予定はこちら!
◆シミズマサトFacebookページ◆


※ライブ情報の詳細はFacebookページをご覧頂ければ幸いです。

【メールを送る】
チケットの取り置きや感想など、お気軽にどうぞ。
*-*-*-*-*-*-*-*-*
◆ライブ情報◆
────
7/26(水)
心斎橋「パルチザン」
w/磯崎陽平(50/50's)
開場19:30/開演20:00/¥1500(1ドリンク付)
────
8月3日(木)
日本橋「太陽と月」
<居酒屋シミズ>
19時開店予定
────
8月6日(日)
塚本「エレバティ」
w/槇平れん/市場寿司郎/米谷考平/シンコウズ
開場18:00/開演18:30/adv¥1500/door¥2000(1dr別途)
────
8/19→20(土・日)
三重 豊津上野「海の家ええかげん」
<ミエフェス。vol.8>
開場10時/開演11時
────
8/21(月)
名古屋 池下「GURU×GURU」
開場19:30/開演20:00/¥1500(要1ドリンク注文)
出演:シミズマサト/稲造/他
────
8/27(日)
東心斎橋「居酒屋ほおずき」
<日本酒と落語の会>
出演:古今とこ頻ん尿/ナマス亭ひとり
開演:18時(各一席ずつ)
────
9/24(日)
東心斎橋「居酒屋ほおずき」
<日本酒と弾き語りLive」
出演:いわいあや子/シミズマサト
1部開演:18:00〜/2部開演:19:30〜/¥投げ銭
────
(敬称略)

*-*-*-*-*-*-*-*-*

↓文庫本が出来ました↓

あまりに少ない初版数に、出来たその日から品切れ中。増刷に向けて労働します。とほほ。

*-*-*-*-*-*-*-*-*

◇終了したライブ◇
▶2010年までのライブ一覧
▶2011年のライブ一覧
▶2012年のライブ一覧
▶2013年のライブ一覧
▶2014年のライブ一覧

1/7 シルバーウイングス
関口哲也/立川玄

1/11 太陽と月
前原淳平/川内聡一朗/ショウジョウハイライト

1/24 かつおの遊び場
半田悦久/ひとりナマステ/rufflls

1/26 ワンドロップ
森口英彦/磯山達也/

1/30 太陽と月
岡田真美/かるちん/萌えもえにゃんにゃん

2/3 エレバティ
新巻和樹/岩井わい/きたぼー

2/5 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

2/12 Mele
井戸正太/後藤明/おはるの時間/陸奥拳

2/14 太陽と月
ベベルとエンボス/記憶ソーダ/lee:no

2/18 酔夏男
町田直隆/岸っしゃん/ぶすぶりっこ/キャミストリー/石田千尋

2/20 パルチザン
田渕光成

4/12 Brothers & Sisters
lee:no/稲田一馬/

4/23 Mele
口石和人(サンドバックス)/柴田太尊/辰巳慶一/山下ヒロシ(ラダー)

4/25 パルチザン
堀田ダチオ

4/29 ファンダンゴ
<パルチザン10周年記念イベント>

5/1 アヒルノ
<リニューアルパーティー>

5/2 パルチザン
カシダ

5/3 太陽と月
<第一回よせて寄席>
鯉鮎亭ボタン/ロック亭チリ紙/ロック亭ルーズ/三名/ひとりナマステ(ギター漫談)

5/13 エレバティ
フラフープス/礒野聖矢/Theムッシュビ♂ト

5/17 テハンノ
seiji/山田智史/トウギシカズヤ

5/24 太陽と月
小泉洋平/CAT FISH KING/ミッキー大畠

6/4 Mele
UpperSixx/Beg/ナガタヨシキ/ytakeko(oops! here I go again)

6/18 酔夏男
金丸亮太(雨市)/キタ(than)/さかもとたかはる

6/20 Mele
<Barプカプカ20周年記念ライブ>

6/26 太陽と月
Katsu/福重ユキオ/Tiny

7/3 エレバティ
石の拳/THE HOT TiMES/モンゴリアンダイナマイツ/見市雨桃

7/16 Mele
井戸正太/moca/辰己慶一/UpperSixx

7/20 太陽と月
<第二回よせて寄席>
鯉鮎亭ボタン/三名(みつな)/猪家熊吉/ミサイル濱野/おぎの信号/露の新幸

7/28 パルチザン
<実機なき戦い>
登山正文 VS シミズマサト ツーマンライブ

7/29 酔夏男
『背筋も凍る怖い話大会〜絶対にSNSにはあげられない〜』
じゃっく

7/31 気仙沼まただいん
鯉鮎亭ボタン/くぼ&みのうら/Tender and Paul.Naru

8/4 ネガポジ
谷直也(gue)/リュウジ/伴野一輝

8/15 海の家 ええかげん
<ミエフェス Vol.6>

8/22 VOXhall
町田直隆/マルヤマトモコ/キチュウ

8/25 テハンノ
「悠」/くビれ/

8/28 太陽と月
キタ(than)/バニーマツモロ/siva

9/13 太陽と月
シミズマサト主催イベント
<エンゲイミュージアム>
じゃっく(イヌガヨ)/正垣祐樹/ひこーき雲/馬と魚/市村マサミ/鯉鮎亭ボタン/露の新幸/ひとりナマステ/デジタルケイタ

9/17 Mele
広島綾子(東京)/はあとぶれいく/辰巳慶一/滝口ナオシゲ/

9/25 エレバティ
岩井わい/ キタ(than) /玉木英雄(キリングマネーズ)

10/1 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

10/2 Mele
朝倉祐太(モンスターロシモフ)/cue/マロニエ堂/橋村恭平

10/11 そぶら山荘
<ハミングバードフェスティバル>

10/23 太陽と月
阿木伸雄/萌えもえにゃんにゃん/藤本歩美

10/25 ライヴ喫茶 亀
<デジ亀寄席>
つづら/まとばっくす/桐のはこぶた/桐のぎりぎり/女御亭伝喜
企画・構成 高田豪

10/30 プカプカ
<生音ライブ>

11/6 Mele
口石和人(サンドバックス)/マロニエ堂/滝口ナオシゲ/市川与一

11/7 パルチザン
Capo

11/23 太陽と月
<第3回 よせて寄席>
鯉鮎亭ボタン/三名/ロック亭メロディ/Muicy

11/27 エレバティ
バカ力/しんぐべー(黒色青年)/ぴろ男爵

12/3 セラー
<アメ村フォークジャンボリー>

12/4 BlueEyes
立川玄/ゆとリズム♨︎

12/13 太陽と月
不二才/小泉洋平/矢本健士

12/19 音家松林商店
方々/儀間博幸/THE★わたる

12/21 パルチザン
奥村由希

12/30 Mele
<メレメレ忘年会>

1/5 エレバティ
市村マサミ/進藤宏希/リー・ルード/吉見拓哉

1/17 太陽と月
<新春!第四回 よせて寄席>
鯉鮎亭ボタン/三名/夕凪亭あおひげ

1/18 酔夏男
<新春ホームラン王決定戦>

1/21 Mele
THE HOT TiMES/あうんさん・すうじぃ/Risa, Steg & Mayers

2/12 パルチザン
杉本ユーイチ

2/14 Cafe&BAR 大丈夫
<第1回大丈夫杯 大喜利選手権>
やっさんブル/あまっぺ(タロッツ)/Fワラさん/なべちゃん(Lainy J Groove)/わんぱく清水/大喜利司会:カジワラコウジ

2/18 tora
まえざわけんいち/快賊guld+/あわめ/芽衣子

2/27 酔夏男
岡部洋子/サワラデザート/藤井えい子/あさじ

2/29 Mele
口石和人(サンドバックス)/雪盗境士/シモヤンツジヤン/ナガタヨシキ

3/3 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

3/17 エレバティ
キタ(than)/びばオチアイ/kitabow/ビリーボーイ

3/19 BlueEyes
浮浪雲/VJ☆脱肛/寅(富山)/登山正文(私の思い出)

3/26 太陽と月
沸き出せ!温泉ズ/大島圭太/キタ(than)

4/2 クラブウォーター
イッポンマツ/小川アキオ/モンキーサイクル/方々(HOBO)&みっちゃん&長芳弘

4/13 ネガポジ
ヘテロズ/永倉彩乃/Novelman

4/22 セブンデイズ
<真下梓レコ発>
真下梓/石田千尋

4/29 ファンダンゴ
<パルチザン11周年イベント>

5/3 ライヴ喫茶「亀」
つづら/まとばっくす/泥亀亭ヤング/山田とし

5/14 Cafe&BAR 大丈夫
マサ・タケダ/モロボシキルオ

5/17 酔夏男
田高健太郎/傷心の松/サワラデザート/藤山拓

5/20 Mele
<メガネのスリーマン>
マロニエ堂/ムッケンナガノ

5/22 宙空Bar テオ
<宙空Barテオ こけら落とし寄席>
ジョン・リー・ふか丸/麻石家パンク

5/29 Cafe&BAR 大丈夫
<いつまでも世界は…>

6/2 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

6/10 tora
ハナウタ/山本悠介/畑歩/KEEWO

6/16 エレバティ
生き仏/見市雨桃/僕のカリフラワーちゃん/フラフープス

6/19 BARプカプカ
キウチユウスケ

7/12 太陽と月
方々(HOBO)/カオリーニョ藤原/外村伸二

7/16 Cafe&BAR 大丈夫
マサ・タケダ/モロボシキルオ/橋村恭平

7/24 居酒屋ほおずき
正垣祐樹

7/31 太陽と月
<第伍回 よせて寄席>
ナマス亭ひとり/ロック亭チリ紙/三名/罪華子

8/1 酔夏男
さかもとたかはる/岸っしゃん/下町ドンピシャーズ/市村マサミ/親斗

8/12 GURU×GURU
マサ・タケダ/モロボシキルオ

8/20-21
<ミエフェス vol.7>

8/30 エレバティ
町屋菊一/松本英二郎/吉見拓哉/スケモンのロング

9/1 セラー
<フォークジャンボリー>

9/3 tora ※落語
瀬戸楓太/市村順平/関大介

9/9 酔夏男
廣瀬義政/金丸亮太(雨市)/サコウイサオ/豊田梵

9/15 Mele
じゅん☆ONE/辰巳慶一/後藤明/山下ヒロシ(ラダー)/ツキミツカオリ

9/24 Ma-ha
<Moodoor vol.33>
Music:Tisavo/大停電(solo)/Tsukiko LOVE/シミズマサト
Live Paint:silsil/松田真哉/tsubasa./コジマユイ

10/2 プカプカ
<生歌ワンマン>

10/8 大丈夫
モロボシキルオ/橋村恭平/だいすけ/マサ・タケダ

10/15 パルチザン
いわいあや子/大石隼輔

10/21 tora
than/吉見拓哉

10/28 Mele
ザ・ディディディディーズ(東京)/NIAGARA BUILDING/THE PENNY LANES

10/30 太陽と月
<第六回よせて寄席>
鯉鮎亭ボタン/三名/ナマス亭ひとり/古今とこ頻ん尿

11/3 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

11/12 ReedCafe
大津光央

11/13 ほおずき
<ひやおろしと弾き語り>
マサ・タケダ

11/20 太陽と月
<ヒントのピント>
露の新幸/ひとりナマステ

11/22 Mele
吉見拓哉/ぴろ男爵/滝口ナオシゲ/辰巳慶一

12/3 大丈夫
マサ・タケダ/橋村恭平/高倉尚吾

12/12 Guru×Guru
429/星空じゅんこ

12/17 パルチザン
キタムラリョウ/ハグ林

12/21 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

12/30 Mele
<メレメレ忘年会>

1/6 酔夏男
藤山拓/よりえ/キタ(than)/市村マサミ

1/20 エレバティ
米谷考平/オータムス(単騎)/鈴本彰

1/23 酔夏男
ザ・サウスソース/立川玄/豊田梵/ユウキミリオンセラー/まえだけんた

1/29 太陽と月
<第七回 よせて寄席>
濁り酒二合/ナマス亭ひとり/サオリン城間

2/3 酔夏男
岡部謙吾/マサ・タケダ/さかもとたかはる/秋山カラスウリ

2/16 tora
ザ・ツイてるず/脳内麻薬/The Hula Foops/パン〜THE王様クジラ〜

2/18 パルチザン
いわいあや子/大石隼輔

3/8 ネガポジ
伯川修平/Nonsugar/Novelman

3/12 居酒屋ほおずき
じゃっく(イヌガヨ)

3/31 GURU×GURU
橋本進/ギターうなぎ

4/12 鮨処小町
Nの集落/マサ・タケダ

4/15 パルチザン
<シミズマサト独演会>

4/22 BARプカプカ
市村マサミ

4/29 ファンダンゴ
<パルチザン12周年イベント>
ジャカランタン/西島衛/浮浪雲/久保田和之/市村マサミ/マサタケダレディオデイズ/清水由貴/アフターアワーズ/ロマネ/らせん/Bacon

4/30 太陽と月
<第八回 よせて寄席>
野D/ミサイル亭濱野/ナマス亭ひとり/三名/魅多羅詩じゅん子

5/8 酔夏男
藤山拓/320/傷心の松/飛松正輝/オガサワラヒロユキ

5/11 BEATLE
<フォークジャンボリー>

5/26 エレバティ
吉見拓哉/びばオチアイ/siva/岩井わい

6/4 朝日温泉
<銭湯に行こう!Vol.6>

6/10 パルチザン
いわいあや子/大石隼輔

6/13 パルチザン
<落語三人会>
武田家酔ん愚/濁り酒二合

6/16 tora
芽衣子/おーやなち。/武内太一

6/18 プカプカ
磯崎陽平(50/50's)

7/1 酔夏男
もりやまかずひさ/じゃっく(イヌガヨ)/岡部謙吾(イヌガヨ)

7/8 Mele ※シミズ楽隊にて
THE HI HAT WHISKY/ザ・サンダーボーイズ

7/12 ロフトプラスワンウエスト
<御SHOW会LIVE 第三夜>
徳永由希/なかのいくみ/あんどーまいか/山本新/ぼけなすび(ヒミツノミヤコ)

7/21 酔夏男
市村マサミ/豊田梵/キタ(than)/井上聖悟


*-*-*-*-*-*-*-*-*
[ Profile ]
清水雅斗:かに座
*-*-*-*-*-*-*-*-*
カテゴリ
全体
ノーマルコラム
曲紹介
ライブ動画
ライブ情報など
長編小説的「YAKYU」
以前の記事
2018年 02月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 04月
2004年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2001年 01月
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧
510号 「夢みがち」
────────────────────────────
 『首都圏でドーナツ戦争激化』という記事を見た。

 この見出しを読んだ段階で、槍を手にしたフレンチクルーラーが捕らわれのハニーディップを救うべく、オールドファッション男爵の居城に攻め行く情景が頭に浮かんだあなたは、僕と思考が似ているので友達になれそうな気がします。

 よろしくね。
[PR]
by lofibox | 2007-04-25 21:26 | ノーマルコラム
509号 「巻けないこと、投げださないこと」
────────────────────────────
 傘を巻きつける方向がわからない。


 普段、僕はよほどボーッと生きているのだろうか。いったい何度まちがえれば、巻きつけた傘をまとめる凹凸が100%合うようになるのだろう。「ああ、また逆だ」と、反対方向に巻き直しては、無駄に袖を濡らす日々だ。


 思い返してみれば小学生の頃、僕は『右』と『左』を、小学校のジャージに付いている名札で見分けていた。日曜日と寝るとき以外は基本的にそのジャージを着ているので、それで何の問題もなかった。名札が付いているほうが左、そして付いていないほうが右。


 この話のポイントは、小学生の頃の僕は自分がそうやって右と左を見分けているということに、まったく気が付いていなかったということだ。もっとしっかりと、『理解している』とばかり思っていた。

 中学生になり、名札の付いていない学生服で生活を始めた瞬間、右と左がわからないことに気が付く僕。そんな隙だらけの覚え方しか出来ていなかった自分との出会い。己を疑って生きるようになる、まさにそのきっかけとなった一件だった。それは言いすぎか。


 今の僕に必要なのは、傘における『ジャージの名札』なんだと思う。「私はこうやって傘を巻く方向を覚えています」。そんな画期的なFAXをお待ちしております。
[PR]
by lofibox | 2007-04-20 20:04 | ノーマルコラム
508号 「見分けるチカラ」
────────────────────────────
 トイプードルと子羊を見分ける自信は、僕にもない。


 お昼の看板番組『ごきげんよう』を見ていると、川上麻衣子さんがこんな話をしていた。なんでも、川上さんの友人がどうしてもトイプードルを飼いたくて、インターネットで購入したが、えさも食べないしどんどん衰弱しているようなので、動物病院に連れていったらしい。


 獣医師は言う。

 「あなた……、トイプードルだと思って飼ってるんですか……?」

 思わぬ診断結果に戸惑う女。

 「えっ?」

 そして獣医師の口から語られる、ショッキングな言葉。

 「これ、子羊ですよ……」


 衝撃の内容に、司会の小堺氏も喉のボリュームを幾らかあげたようだった。羊の鳴き真似も飛び出すスタジオ内。僕たちがおすぎだと思っていたのも、実はピーコだったんじゃないか。そんな疑惑も巻き起こる。

 最後に小さいウソをついたが、これが言いたかっただけのような気もする今日の話でした。
[PR]
by lofibox | 2007-04-18 14:27 | ノーマルコラム
507号 「不真面目な歴史探訪」
 前回に引き続き、武田信玄についてもう少し話をしたいと思う。


 前に何かのテレビ番組でみたのだが、教科書などでよく見ていた武田信玄の肖像画が、実は別人なのではないか、という説があるらしい。

 この時点で「そんな説はございません」ということであれば、単なる僕の記憶違いので、ここから下は夢でも見ている気持ちで読んでもらうとしよう。


 で、確かその番組では、武田信玄じゃないという根拠として、その肖像画には後ろ髪が若干残っているとか何とかで、その頃信玄は出家していたので頭はツルツルだったはず、とかそんな感じだった気がする。

 だがここで、単なる歴史好きという素人の僕から言わせて頂きたいことがある。

 そもそも、肖像画がツルツルだったから出家がどうの、後ろ髪がちょっと残っているから出家してないので信玄じゃないだのそういうことを論じる前に、今頃あの世で信玄が「あ、オレな、若ハゲやってん。ハハハ」と笑っている可能性を考えるべきではないだろうか。

 後ろ髪がちょっと残っている、という状況。僕ならまず、前から後退してくるオーソドックスなタイプのハゲを想像する。見方を変えれば、ハゲを隠したくて「私、出家しましたので」と誤魔化していただけかもしれない。


 僕が歴史が好きな理由は、こういう自由な発想が許されるからである。「それはない」も、100%じゃないよね。たぶん、だけど。

 大昔の誰かが冗談で書いた、今でいうSF小説みたいなものが一冊残っていただけで、どれだけのヨタ話が「あったこと」になるのか。考えただけで楽しくなるぞ。フフフ
[PR]
by lofibox | 2007-04-13 21:39 | ノーマルコラム
506号 「武田信玄」
────────────────────────────
 武田信玄は水洗トイレを使用していたらしい。

 館の裏を流れる川の水を利用していたそうだが、まぁ細かい仕組みはよくわからない。これは、特に必要があったわけではないが、なんとなく歴史上の偉人について調べ物をしていてわかった話である。僕はこういう意味のない調べ物をよくしている。

 なぜ武田信玄が水洗トイレを使用していたかまでは書いてなかったが、とにかくおケツを清潔にしたい理由が何かしらあったのだろう。痔をわずらっていたとか、そういうことかもしれない。

 そして特筆すべきはこの話だ。

 武田信玄はこの水洗トイレを『山』と呼び、用便を足したり、書斎に使ったりしていたという。うんこをひねり出す部屋と書斎を一緒くたにするというのは、なかなか常人には出来ない発想ではなかろうか。

 さらに、家臣の者が「なぜ厠(かわや)を山と呼ぶのですか」と尋ねたところ、信玄は「山には常に、草木(臭き)が絶えぬから」と、うまいこといっているのだ。なにいってんだ信玄。

 こういう冗談じみた一面が、『甲斐の虎』と恐れられた所以だとしたら最高だと思う。
[PR]
by lofibox | 2007-04-10 00:19 | ノーマルコラム
505号 「歯医者はこわいよ」
 両手の拳が入る口を持った人というのは、そうそういないと思う。


 何の話かというと、最近通っている歯医者の女性看護士さんが、毎回のように僕の口に両手を突っ込んで作業しようとするのだ。

 口の端が切れそうになるので物凄く痛いのだが、こちらもまともに発音できる状況にないので、「ほがほが」と声を漏らすに留まっている。たとえ勇気を出して「それは香取君の一発芸ですよ」と言うにしても、「ほへははほひふんほひっはふへひへふほ」としか発音出来ないだろう。青空文庫の法則である。


 ちなみにこの看護士さん、見た目や雰囲気が、ドラマ『ナースのお仕事』の伊藤かずえさんが演じているあの人に似ていて、その迫力に押し切られているという部分もなくはない。ふちが太いメガネをかけた女性には逆らいにくい。なんだかそんなイメージがある。


 とにかく僕のはそんな許容量のある口ではないので、そろそろ諦めてくれないかと思うのだが、こう何度も口を広げられていると、だんだんと口が伸びていってある日突然「ガボッ」と入ってしまわないか、そっちの心配もあるなあと思いながらの通院は続く。
[PR]
by lofibox | 2007-04-03 22:20 | ノーマルコラム
504号 「七色に下る腹」
 しょっちゅう腹を下す僕だが、この下し方にも色々ある。今日はその一例を紹介しよう。


 本日のお昼ごはんはオムライス。ほわっと焼いた卵をごはんにかぶせてケチャップを探す僕。しかし、残念ながらケチャップは切らしていた。

 「どうしたものか」と冷蔵庫を見ると、数ヶ月前に購入したデミグラスソースが少し余っている。が、これはそろそろ古くなりそうなので、食べようかどうか迷っていたものでもあった。

 試しに少し舐めてみる。うん、変な味はしない。せっかく作ったオムライスがソースなしでは寂しいし、まぁだいじょうぶだろうと決め込んでオムライスにかけて食べた。


 で、食べ終わって10分後。ゴロゴロと音を立て始める腹。これは下り始めのサインだ。


 だが、おそらくこれはデミグラスソースが腐っていたからではない。下り方も軽かったし、原因はそこではないはず。僕の経験上、この下り方は腹が緊張した状態で何かを食べたとき、なんだかうまく消化出来なかったときの感じだ。

 「本当にだいじょうぶだろうか」と思いながら食べたことで下る腹。腐っているかもしれない食品に出会ったとき、その真実と関係ないところで僕の腹が下ることだけが決定するのだ。ちなみに、会社のひととランチを食べに行ったときも高確率で下る。


 医学的なメカニズムは解らないけど、とにかくそういうことなんです。
[PR]
by lofibox | 2007-04-01 19:09 | ノーマルコラム