生乾きの与太話をモゾモゾと書いてます。読んだアナタの口元が、「ふにゃ」と緩めばしてやったり。日常の隙間にご覧あれ。
by lofibox
シミズマサトの音楽・落語の予定はこちら
◆シミズマサトFacebookページ◆


【メールを送る】
イベントのお問い合わせや感想など、お気軽にどうぞ。
カテゴリ
全体
ノーマルコラム
曲紹介
ライブ動画
ライブ情報など
長編小説的「YAKYU」
以前の記事
2018年 08月
2018年 02月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 04月
2004年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2001年 01月
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
536号 「怪盗ジジネタ?」
────────────────────────────
 先日、用事があって妹が我が家に来ていた。

 晩御飯を食べて夜遅くに帰って行ったのだが、翌朝、僕の作業机に置いてあるメモ用紙にふと目をやると、そこにはドラえもん、ミッキーマウス、そしてミニーマウスと思しき絵が描いてあり、『妹、参上!』と書き添えてあった。いったい何を考えているんだろう。


 用事があって我が家に来て、一緒に晩御飯まで食べているのだから、もちろん僕は妹が来ていたことに気が付いていた。当たり前過ぎて補足するのも馬鹿馬鹿しい内容だ。

 それなのに、このメモは何なんだ。怪盗ナントカみたいな泥棒のアピール風に仕上がってはいるが、僕がこれを見て、「なにいっ! ア、アイツ…… いつの間にここへ……」などと驚くとでも思ったのだろうか。考える程に訳が分からなくなる。ミステリー。


 さらにもうひとつ分からないのが、3体のキャラクターの絵である。これが絶妙に似ていなくて、思わず苦笑してしまうような出来なのだ。

 そういう意味では、もしかするとこれは今ホットな中国の遊園地のことを表しているのかもしれない。新聞より漫画、ニュースよりバラエティのウチの妹が、こんな時事ネタを扱えるようになっているなんて。驚きだ。


 だが後日、この件について妹に、「あれは、時事ネタだったんだろう?」と尋ねてみたが、「え?ジジネタってなに?あれはドラえもんだよ!」と言われた。ジジネタなんてキャラクターは僕も知らない。まあ、ある程度予想はしていた展開だったから良しとしようか。
[PR]
by lofibox | 2007-07-26 17:39 | ノーマルコラム
535号 「細分化」
 スーパーマーケットの店内BGMで、有名な邦楽が流れていることがあるだろう。

 気になるのは、ひと昔前の和音の少ない着メロのようなあの独特のアレンジは、そういう職人によって、そういう用途専用に作られている物なのかということだ。

 ああいうアレンジのBGMは、スーパーマーケットに限らず家電量販店やホームセンターなどでも、時々流れている気がする。需要が多いのであれば、やはり『店内BGM職人』が存在するのだろう。

 そういえば、今日立ち寄ったスーパーマーケットではサザンオールスターズの『TSUNAMI』が流れていたが、サビの部分でメロディーを辿っている音があちらこちらで激しくフェイクしていて、殆ど原曲を留めていない程だった。あのあたりに“職人のコダワリ”が表れているに違いない。


 あらゆる産業が細分化されて来ているというから、「えっ、そういう仕事があるんだ」とびっくりされるような仕事が、近頃ではたくさんあるのだと思う。

 考えてみれば、耳垢取りがお金になるなんて、昔の人は思いもしないだろうなあ。まあ、今でも田舎の人はびっくりするだろうと思うけど。
[PR]
by lofibox | 2007-07-23 21:46 | ノーマルコラム
534号 「スジコン王子」
 「少々この話題を扱い過ぎか?」とも思うが、気になるものは仕様がない。今回の見出しはこうだ。『ノート王子、斉藤が投球直後にメモを……』

 また新しい王子が誕生したのか?と思いきや、その斉藤くんとは確かハンカチの王子ではなかったか。これはどういうことかと記事を読み進めると、驚愕の由来が判明。


 『その日、投球練習を終えた斉藤くんが反省点をB5の大学ノートに2、3行書いた』

 それだけ。


 彼の背負った業とでも言うのか、ここまで来ると気の毒にさえ思えてくる。たったこれだけでノートの王子。明日からハンカチとノートを兼任しなければならない。

 僕からせめてものアドバイスをするならば、今後は間の抜けた響きの物を使用したり、口に出したりすることには細心の注意を払った方がいい。あらゆるインタビューの質問に対して、応えた単語の王子と呼ばれる可能性を考えるべきだ。


 例えば、「好きなお好み焼きの具は?」と聞かれたとしよう。

 イカ王子がいいのか、豚玉王子がいいのか。或いはスジコン王子がいいのか。

 よくよく考えてから応えるようにした方がいい。なるべくマシなヤツを。
[PR]
by lofibox | 2007-07-19 18:00 | ノーマルコラム
533号 「ナイスマッサージ!」
 以前のコラムで、竹を割ったように爽やかで、かつストレートな店名のクリーニング屋さんを紹介したことがある。514号「ナイスクリーニング!」が、それだ。

 あれから2ヶ月あまり経った昨日。街を自転車で走っていた僕の目に、これまたストレートな店名が飛び込んできた。

 その名も、『ナイスマッサージ』。


 服のユニクロ、家電のヨドバシ、日用雑貨のコーナンときて、マッサージのナイスマッサージ。呼び方の形式としては間違ってないはずなのに、この違和感ったらない。クリーニングのナイスクリーニング。これもだ。

 とはいえ、やはりこの爽やかさには好感が持てる。体を揉み解してもらった後のお決まりのポーズ。チラリと見せる白い歯に、ビシッと立ち上がった親指。そして飛び切り抜けの良い声で、「ナイスマッサージ!」。揉み解した側の店員も、それに答えてすかさず白い歯を見せる。


 個人的な趣味としては、女性の店員さんはそこで八重歯が見えると尚良し、だ。
[PR]
by lofibox | 2007-07-17 18:15 | ノーマルコラム
532号 「マテ貝」
────────────────────────────
 『マテ貝』という貝を知っているかい?

 いきなりの猫だましのような駄洒落に、思わず夏バテを誘発してしまった方には申し訳ない。僕にもそんなつもりはなかったんだけど、偶然が必然を生んだとでも言おうか。なんと言おうか。


 ま、それはそれとしてマテ貝である。

 捕まえ方が面白いというので、潮干狩りの対象としても人気が高いらしいマテ貝。その捕まえ方というのも、砂浜に空いている小さな穴にサラサラと塩を入れると、マテ貝がピョンと顔を出すのでそこを捕まえるという実にコミカルなもの。

 食べてもかなり美味しいというので、いよいよ僕の興味も尽きないマテ貝だが、やはりその中でも無視出来ないのは『マテ貝』と言う名前の由来についてだろう。

 その捕まえ方の過程からして、おそらく『待て貝』というような由来なんだとは思うが、問題は海岸の砂浜で「まてまてー」と言うと、どうしても乙女チックなシチュエーションが先に思い浮かんでしまうことだ。

 「アハハハハッ」 「まてまてー、このこのー」 靴を脱いで波打ち際を走る僕。でも、捕まえちゃうのは彼女ではなくマテ貝だ。楽しいはずの潮干狩りに吹きすさぶ乾いた風。口に舌に塩辛いこの液体は、海水ばかりじゃない。


 恋に悩む男子諸君にマテ貝狩りはお勧め出来ない。そういうことだと思う。
[PR]
by lofibox | 2007-07-14 21:09 | ノーマルコラム
531号 「関連は・・・」
 前回のコラム『サービス恐怖症』に、『恐怖症の克服・治療』というトラックバックが付いていた。


 これは、『犠牲フライ定食はじめました』の本店のブログの方を見ないと分からない話なのだが、ブログにはトラックバックという物があって、なんだか関係ありそうな話題に関連付けることが出来る機能である。

 そのリンク先を見てみると、閉所恐怖症や嘔吐恐怖症など、深刻そうな名前の症状が並んでいて、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになる。わざわざ関連付けてもらったのに、すみません。僕のはただの冗談なんです。そんな大層なものでは・・・。

 お好み焼きを店員さんに焼いてもらう時、ちょっと緊張してどぎまぎしてしまうって、それだけのことで・・・。別に真剣に悩んでいるわけでもないし、克服する必要もなければ、治療する必要もなくて・・・。

 
 『証明写真を撮ると、緊張だか何だかで必ず口元が歪んでしまう』というのもありますが、これも特に克服する必要性はなさそうです。
[PR]
by lofibox | 2007-07-09 13:48 | ノーマルコラム
530号 「サービス恐怖症」
────────────────────────────
 お好み焼き屋の店員さんに試されている気がしてならない。

 世間の割合がどうなっているのかは分からないが、僕はお好み焼き屋では『焼いてもらう派』である。昔は好奇心からか自分で焼く方を選択しがちだったが、だいたい残念な見た目に仕上がってしまうことには既に気が付けている。

 そこまではいいんだ。店員さんに焼いて貰った方が美味しそうに焼けるし、そりゃそうした方がいいのは間違いない。問題は、あの沈黙を強いる重々しい空気なのだ。

 友人と盛り上がっていた話も、店員さんがお好み焼きをひっくり返しに来ると徐々にトーンダウン。話の内容を省みて、いかにもしょうもない話だったりしたら早めに打ち切りだ。そんな時の店員さんの顔はひときわムスッとしているようにも見える。

 そして訪れる沈黙にも動ぜず、ただ一点に鉄板を見つめ、寡黙にコテを振るう店員さん。迂闊に動けば、「これだから素人は……」と怒られそうな気さえする。そういう迫力がある。

 「では、お召し上がりください」と、キレイなまんまるに焼き上がったお好み焼きを残して店員さんが去って行くと、恐る恐る再開されるさっきの話。内容なんてちっとも覚えていやしない。一方的に張り詰めた緊張の糸で勝手にぴりぴりしながら、小さなコテでお好み焼きを食べる。美味しい。

 こういった、「なにかをしてもらうサービス」でいちいちビクつくのは、もうそろそろやめにしたいと思っているのだが、どうも道のりは険しそうだ。
[PR]
by lofibox | 2007-07-03 21:24 | ノーマルコラム