生乾きの与太話をモゾモゾと書いてます。読んだアナタの口元が、「ふにゃ」と緩めばしてやったり。日常の隙間にご覧あれ。
by lofibox
シミズマサトの音楽・落語の最新予定はこちら!
◆シミズマサトFacebookページ◆


※ライブ情報の詳細はFacebookページをご覧頂ければ幸いです。

【メールを送る】
チケットの取り置きや感想など、お気軽にどうぞ。
*-*-*-*-*-*-*-*-*
◆ライブ情報◆
────
7/26(水)
心斎橋「パルチザン」
w/磯崎陽平(50/50's)
開場19:30/開演20:00/¥1500(1ドリンク付)
────
8月3日(木)
日本橋「太陽と月」
<居酒屋シミズ>
19時開店予定
────
8月6日(日)
塚本「エレバティ」
w/槇平れん/市場寿司郎/米谷考平/シンコウズ
開場18:00/開演18:30/adv¥1500/door¥2000(1dr別途)
────
8/19→20(土・日)
三重 豊津上野「海の家ええかげん」
<ミエフェス。vol.8>
開場10時/開演11時
────
8/21(月)
名古屋 池下「GURU×GURU」
開場19:30/開演20:00/¥1500(要1ドリンク注文)
出演:シミズマサト/稲造/他
────
8/27(日)
東心斎橋「居酒屋ほおずき」
<日本酒と落語の会>
出演:古今とこ頻ん尿/ナマス亭ひとり
開演:18時(各一席ずつ)
────
9/24(日)
東心斎橋「居酒屋ほおずき」
<日本酒と弾き語りLive」
出演:いわいあや子/シミズマサト
1部開演:18:00〜/2部開演:19:30〜/¥投げ銭
────
(敬称略)

*-*-*-*-*-*-*-*-*

↓文庫本が出来ました↓

あまりに少ない初版数に、出来たその日から品切れ中。増刷に向けて労働します。とほほ。

*-*-*-*-*-*-*-*-*

◇終了したライブ◇
▶2010年までのライブ一覧
▶2011年のライブ一覧
▶2012年のライブ一覧
▶2013年のライブ一覧
▶2014年のライブ一覧

1/7 シルバーウイングス
関口哲也/立川玄

1/11 太陽と月
前原淳平/川内聡一朗/ショウジョウハイライト

1/24 かつおの遊び場
半田悦久/ひとりナマステ/rufflls

1/26 ワンドロップ
森口英彦/磯山達也/

1/30 太陽と月
岡田真美/かるちん/萌えもえにゃんにゃん

2/3 エレバティ
新巻和樹/岩井わい/きたぼー

2/5 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

2/12 Mele
井戸正太/後藤明/おはるの時間/陸奥拳

2/14 太陽と月
ベベルとエンボス/記憶ソーダ/lee:no

2/18 酔夏男
町田直隆/岸っしゃん/ぶすぶりっこ/キャミストリー/石田千尋

2/20 パルチザン
田渕光成

4/12 Brothers & Sisters
lee:no/稲田一馬/

4/23 Mele
口石和人(サンドバックス)/柴田太尊/辰巳慶一/山下ヒロシ(ラダー)

4/25 パルチザン
堀田ダチオ

4/29 ファンダンゴ
<パルチザン10周年記念イベント>

5/1 アヒルノ
<リニューアルパーティー>

5/2 パルチザン
カシダ

5/3 太陽と月
<第一回よせて寄席>
鯉鮎亭ボタン/ロック亭チリ紙/ロック亭ルーズ/三名/ひとりナマステ(ギター漫談)

5/13 エレバティ
フラフープス/礒野聖矢/Theムッシュビ♂ト

5/17 テハンノ
seiji/山田智史/トウギシカズヤ

5/24 太陽と月
小泉洋平/CAT FISH KING/ミッキー大畠

6/4 Mele
UpperSixx/Beg/ナガタヨシキ/ytakeko(oops! here I go again)

6/18 酔夏男
金丸亮太(雨市)/キタ(than)/さかもとたかはる

6/20 Mele
<Barプカプカ20周年記念ライブ>

6/26 太陽と月
Katsu/福重ユキオ/Tiny

7/3 エレバティ
石の拳/THE HOT TiMES/モンゴリアンダイナマイツ/見市雨桃

7/16 Mele
井戸正太/moca/辰己慶一/UpperSixx

7/20 太陽と月
<第二回よせて寄席>
鯉鮎亭ボタン/三名(みつな)/猪家熊吉/ミサイル濱野/おぎの信号/露の新幸

7/28 パルチザン
<実機なき戦い>
登山正文 VS シミズマサト ツーマンライブ

7/29 酔夏男
『背筋も凍る怖い話大会〜絶対にSNSにはあげられない〜』
じゃっく

7/31 気仙沼まただいん
鯉鮎亭ボタン/くぼ&みのうら/Tender and Paul.Naru

8/4 ネガポジ
谷直也(gue)/リュウジ/伴野一輝

8/15 海の家 ええかげん
<ミエフェス Vol.6>

8/22 VOXhall
町田直隆/マルヤマトモコ/キチュウ

8/25 テハンノ
「悠」/くビれ/

8/28 太陽と月
キタ(than)/バニーマツモロ/siva

9/13 太陽と月
シミズマサト主催イベント
<エンゲイミュージアム>
じゃっく(イヌガヨ)/正垣祐樹/ひこーき雲/馬と魚/市村マサミ/鯉鮎亭ボタン/露の新幸/ひとりナマステ/デジタルケイタ

9/17 Mele
広島綾子(東京)/はあとぶれいく/辰巳慶一/滝口ナオシゲ/

9/25 エレバティ
岩井わい/ キタ(than) /玉木英雄(キリングマネーズ)

10/1 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

10/2 Mele
朝倉祐太(モンスターロシモフ)/cue/マロニエ堂/橋村恭平

10/11 そぶら山荘
<ハミングバードフェスティバル>

10/23 太陽と月
阿木伸雄/萌えもえにゃんにゃん/藤本歩美

10/25 ライヴ喫茶 亀
<デジ亀寄席>
つづら/まとばっくす/桐のはこぶた/桐のぎりぎり/女御亭伝喜
企画・構成 高田豪

10/30 プカプカ
<生音ライブ>

11/6 Mele
口石和人(サンドバックス)/マロニエ堂/滝口ナオシゲ/市川与一

11/7 パルチザン
Capo

11/23 太陽と月
<第3回 よせて寄席>
鯉鮎亭ボタン/三名/ロック亭メロディ/Muicy

11/27 エレバティ
バカ力/しんぐべー(黒色青年)/ぴろ男爵

12/3 セラー
<アメ村フォークジャンボリー>

12/4 BlueEyes
立川玄/ゆとリズム♨︎

12/13 太陽と月
不二才/小泉洋平/矢本健士

12/19 音家松林商店
方々/儀間博幸/THE★わたる

12/21 パルチザン
奥村由希

12/30 Mele
<メレメレ忘年会>

1/5 エレバティ
市村マサミ/進藤宏希/リー・ルード/吉見拓哉

1/17 太陽と月
<新春!第四回 よせて寄席>
鯉鮎亭ボタン/三名/夕凪亭あおひげ

1/18 酔夏男
<新春ホームラン王決定戦>

1/21 Mele
THE HOT TiMES/あうんさん・すうじぃ/Risa, Steg & Mayers

2/12 パルチザン
杉本ユーイチ

2/14 Cafe&BAR 大丈夫
<第1回大丈夫杯 大喜利選手権>
やっさんブル/あまっぺ(タロッツ)/Fワラさん/なべちゃん(Lainy J Groove)/わんぱく清水/大喜利司会:カジワラコウジ

2/18 tora
まえざわけんいち/快賊guld+/あわめ/芽衣子

2/27 酔夏男
岡部洋子/サワラデザート/藤井えい子/あさじ

2/29 Mele
口石和人(サンドバックス)/雪盗境士/シモヤンツジヤン/ナガタヨシキ

3/3 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

3/17 エレバティ
キタ(than)/びばオチアイ/kitabow/ビリーボーイ

3/19 BlueEyes
浮浪雲/VJ☆脱肛/寅(富山)/登山正文(私の思い出)

3/26 太陽と月
沸き出せ!温泉ズ/大島圭太/キタ(than)

4/2 クラブウォーター
イッポンマツ/小川アキオ/モンキーサイクル/方々(HOBO)&みっちゃん&長芳弘

4/13 ネガポジ
ヘテロズ/永倉彩乃/Novelman

4/22 セブンデイズ
<真下梓レコ発>
真下梓/石田千尋

4/29 ファンダンゴ
<パルチザン11周年イベント>

5/3 ライヴ喫茶「亀」
つづら/まとばっくす/泥亀亭ヤング/山田とし

5/14 Cafe&BAR 大丈夫
マサ・タケダ/モロボシキルオ

5/17 酔夏男
田高健太郎/傷心の松/サワラデザート/藤山拓

5/20 Mele
<メガネのスリーマン>
マロニエ堂/ムッケンナガノ

5/22 宙空Bar テオ
<宙空Barテオ こけら落とし寄席>
ジョン・リー・ふか丸/麻石家パンク

5/29 Cafe&BAR 大丈夫
<いつまでも世界は…>

6/2 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

6/10 tora
ハナウタ/山本悠介/畑歩/KEEWO

6/16 エレバティ
生き仏/見市雨桃/僕のカリフラワーちゃん/フラフープス

6/19 BARプカプカ
キウチユウスケ

7/12 太陽と月
方々(HOBO)/カオリーニョ藤原/外村伸二

7/16 Cafe&BAR 大丈夫
マサ・タケダ/モロボシキルオ/橋村恭平

7/24 居酒屋ほおずき
正垣祐樹

7/31 太陽と月
<第伍回 よせて寄席>
ナマス亭ひとり/ロック亭チリ紙/三名/罪華子

8/1 酔夏男
さかもとたかはる/岸っしゃん/下町ドンピシャーズ/市村マサミ/親斗

8/12 GURU×GURU
マサ・タケダ/モロボシキルオ

8/20-21
<ミエフェス vol.7>

8/30 エレバティ
町屋菊一/松本英二郎/吉見拓哉/スケモンのロング

9/1 セラー
<フォークジャンボリー>

9/3 tora ※落語
瀬戸楓太/市村順平/関大介

9/9 酔夏男
廣瀬義政/金丸亮太(雨市)/サコウイサオ/豊田梵

9/15 Mele
じゅん☆ONE/辰巳慶一/後藤明/山下ヒロシ(ラダー)/ツキミツカオリ

9/24 Ma-ha
<Moodoor vol.33>
Music:Tisavo/大停電(solo)/Tsukiko LOVE/シミズマサト
Live Paint:silsil/松田真哉/tsubasa./コジマユイ

10/2 プカプカ
<生歌ワンマン>

10/8 大丈夫
モロボシキルオ/橋村恭平/だいすけ/マサ・タケダ

10/15 パルチザン
いわいあや子/大石隼輔

10/21 tora
than/吉見拓哉

10/28 Mele
ザ・ディディディディーズ(東京)/NIAGARA BUILDING/THE PENNY LANES

10/30 太陽と月
<第六回よせて寄席>
鯉鮎亭ボタン/三名/ナマス亭ひとり/古今とこ頻ん尿

11/3 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

11/12 ReedCafe
大津光央

11/13 ほおずき
<ひやおろしと弾き語り>
マサ・タケダ

11/20 太陽と月
<ヒントのピント>
露の新幸/ひとりナマステ

11/22 Mele
吉見拓哉/ぴろ男爵/滝口ナオシゲ/辰巳慶一

12/3 大丈夫
マサ・タケダ/橋村恭平/高倉尚吾

12/12 Guru×Guru
429/星空じゅんこ

12/17 パルチザン
キタムラリョウ/ハグ林

12/21 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

12/30 Mele
<メレメレ忘年会>

1/6 酔夏男
藤山拓/よりえ/キタ(than)/市村マサミ

1/20 エレバティ
米谷考平/オータムス(単騎)/鈴本彰

1/23 酔夏男
ザ・サウスソース/立川玄/豊田梵/ユウキミリオンセラー/まえだけんた

1/29 太陽と月
<第七回 よせて寄席>
濁り酒二合/ナマス亭ひとり/サオリン城間

2/3 酔夏男
岡部謙吾/マサ・タケダ/さかもとたかはる/秋山カラスウリ

2/16 tora
ザ・ツイてるず/脳内麻薬/The Hula Foops/パン〜THE王様クジラ〜

2/18 パルチザン
いわいあや子/大石隼輔

3/8 ネガポジ
伯川修平/Nonsugar/Novelman

3/12 居酒屋ほおずき
じゃっく(イヌガヨ)

3/31 GURU×GURU
橋本進/ギターうなぎ

4/12 鮨処小町
Nの集落/マサ・タケダ

4/15 パルチザン
<シミズマサト独演会>

4/22 BARプカプカ
市村マサミ

4/29 ファンダンゴ
<パルチザン12周年イベント>
ジャカランタン/西島衛/浮浪雲/久保田和之/市村マサミ/マサタケダレディオデイズ/清水由貴/アフターアワーズ/ロマネ/らせん/Bacon

4/30 太陽と月
<第八回 よせて寄席>
野D/ミサイル亭濱野/ナマス亭ひとり/三名/魅多羅詩じゅん子

5/8 酔夏男
藤山拓/320/傷心の松/飛松正輝/オガサワラヒロユキ

5/11 BEATLE
<フォークジャンボリー>

5/26 エレバティ
吉見拓哉/びばオチアイ/siva/岩井わい

6/4 朝日温泉
<銭湯に行こう!Vol.6>

6/10 パルチザン
いわいあや子/大石隼輔

6/13 パルチザン
<落語三人会>
武田家酔ん愚/濁り酒二合

6/16 tora
芽衣子/おーやなち。/武内太一

6/18 プカプカ
磯崎陽平(50/50's)

7/1 酔夏男
もりやまかずひさ/じゃっく(イヌガヨ)/岡部謙吾(イヌガヨ)

7/8 Mele ※シミズ楽隊にて
THE HI HAT WHISKY/ザ・サンダーボーイズ

7/12 ロフトプラスワンウエスト
<御SHOW会LIVE 第三夜>
徳永由希/なかのいくみ/あんどーまいか/山本新/ぼけなすび(ヒミツノミヤコ)

7/21 酔夏男
市村マサミ/豊田梵/キタ(than)/井上聖悟


*-*-*-*-*-*-*-*-*
[ Profile ]
清水雅斗:かに座
*-*-*-*-*-*-*-*-*
カテゴリ
全体
ノーマルコラム
曲紹介
ライブ動画
ライブ情報など
長編小説的「YAKYU」
以前の記事
2018年 02月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 04月
2004年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2001年 01月
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧
551号 「松井秀喜外野手」
 人や物の大きさをクローズアップして伝えたい時に、何か別の物と並べて対比させることで、その大きさを効果的に見せるという表現手法がある。

 で、この事が思わぬ方向で働いてしまっていると思われるのが、吉野家のCMだ。


 今回、牛丼復活1周年を記念したキャンペーンCMに吉野家が起用したのは、メジャーリーガーの松井秀喜選手。先日そのCMをみたが、松井選手は実に美味しそうに、もりもりと笑顔で牛丼を頬張っていた。

 ところが、だ。何故かその時、僕はおかしなところが気になってしまった。そのCMをみながら僕は、「ちいさいどんぶりだなあ」と、こう思ってしまったのだ。更には、「吉野家の牛丼ってこんなにちいさいのかぁ」とまで。


 そう思ったところで、僕はとんでもない事に気が付いてしまった。もしかしたらこれは、どんぶりが小さいのではなくて……。

 いやいやいや、そんな!何を考えているんだ僕は!子どもたちのスーパーヒーロー松井選手をつかまえて、顔が大きいの小さいのと……。


 あっ、言っちゃった。
[PR]
by lofibox | 2007-09-30 01:44 | ノーマルコラム
550号 「わけあり着物」
────────────────────────────
 『わけあり着物、売り尽くしセール!』というCMをみた。

 まぁ、わけありと言っても、「洗っても洗っても落ちない血の色のシミがある着物」とか、「物の怪がらみの言い伝えがある着物」だとか、そういう事ではないようだ。勿論、そういう事であった方が僕好みではあるけど。

 で、ちょっと調べてみたら、どうやら売っている着物は貸衣装屋の処分品だったり、撮影で使用した品だったりするらしい。『わけあり』という言葉が持つネガティブなイメージからすると、「ちょっと言い過ぎじゃないのか」と思うぐらい、ライトな理由であるような気もする。

 そう考えると、この着物たちは相当に不本意な気持ちでこのセールに陳列されているのだろう。個々に「こんなはずじゃなかった……」と、うながれているに違いない。

 さらに、だ。追い討ちをかけるように、このセールで売れ残ってしまったりした着物なんかは、もうかなりやさぐれてくるんだと思う。帯を締めても締めてもだらんと崩れてしまうような、やる気の感じられない着物になってしまうのだ。

 つまり、『わけあり着物』が売れ残ると、『なげやり着物』になってしまう、というお話。あぁ恐ろしい、恐ろしい。
[PR]
by lofibox | 2007-09-25 20:02 | ノーマルコラム
549号 「便利大工」
a0007176_2565923.jpg

 フリーダイヤルほにゃらららで、『便利大工』がやってくる。


 これは近所の電柱に貼ってあったチラシであるが、この『便利大工』という響きにはかなり勢いがあると思う。一度でも目にしてしまうと、困った時についつい思い出してしまいそうだ。「あっ、これ、便利大工を呼べば何とかならないかな」とか、何とか。

 更に注目したいのは、この画像では少々分かり辛いのだが、このチラシが貼ってあるのは電柱の最下部だという事だ。余りにも地面のスレスレ過ぎて、これではちょっと見ただけでは気が付きにくいと言うのに。

 ここから予想されるのは、便利大工はけっこう控えめなのだという事だ。「安い!」「速い!」と、王道のキャッチフレーズを入れてはいるものの、そういう奥ゆかしいところもある。もしかすると、仕事を得る為にやむなくこのようなチラシを作ってはみたが、昔気質の職人であるが故に、大仰に宣伝するには少々気恥ずかしいところがあったのかもしれない。そう考えると、何だか好感が持ててくるから不思議なものだ。


 さぁ、後はもう、『便利大工』の登板機会が来るのが待ち遠しいって、そういう段階なのだが、実際のところいつ呼べばいいのかちっとも思いつかないのも現状である。カラーボックスの組み立てとかで呼んだら、怒られちゃうかなあ。
[PR]
by lofibox | 2007-09-20 03:32 | ノーマルコラム
548号 「精子は大切に」
────────────────────────────
 実家の祖母から、大量のカップラーメンが送られてきた。理由を聞けば、「たくさん貰って邪魔になるから」と、実にシンプル。

 カップラーメン。まぁ、あれば食べないこともない。しかし、だ。

 確か、実家で暮らしていた10代の頃、祖母は僕にカップラーメンを食べることを禁じていたはずだ。理由を聞けば、「精子が減る、とテレビが言っていた」と、やはりシンプル。


 田舎の年寄りは精子の数の話題に敏感だ。「子は沢山つくるべし」という暗黙の法律が定められており、これは絶対に動かない。髪が抜けようが肌が荒れようが構いやしないが、精子が減るとなると看過出来ないのだ。

 何年か前に帰省して呑み屋に行った時も、酒が呑めない友人がコーラを飲んでいると、「ほらほら、精子が減るよ。精子が減ると、モテないよ」と、見たこともないおばあさんに脅されていた。コーラも精子が減る。そして精子が減るとモテない。また新しい法律の誕生だ。


 さて、そこへ来てこのカップラーメンが届いたことを僕はどう捉えれば良いのだろう。いつの間にか法律が変わったのか。それとも、僕の精子はもう減ってもいいと言うことなのか。そういえば、今年の初めに妹が結婚している。孫の顔をみる当ては出来たからと、そういうことなのかもしれない。

 それならば僕も、けっこう楽しみにしているので、めでたしめでたし、だ。
[PR]
by lofibox | 2007-09-18 17:06 | ノーマルコラム
547号 「スポット次第で」
────────────────────────────
 ニューヨーク州オシニングで13日、窃盗容疑で42歳の男性が逮捕されたらしい。

 盗もうとした商品の金額は約50ドルで、日本円にして5700円相当である、との事。

 はて。ここまで読んだ段階では、何故この程度の事件が記事になっているのか、疑問に感じざるを得ない。無論、犯罪は犯罪な訳だが、この金額の窃盗では普通ニュースにならないと思うのだが。


 と、考えながら視線を次の文頭へ。ええと、なになに。

 『容疑者の男性は薬局へ忍び込み、養毛剤のボトルを5本盗んで店から出たところを警官に見付かり逃走、逮捕された。男性は禿頭だった。』

 なーるほど、そういうことか。


 つまり、この記事は窃盗にスポットを当てている訳ではなかったのだ。スポットは、当てた反射が目にも眩しいハゲに向かっていたという訳だ。同じ5700円でも、盗んだのが風邪薬だったら記事にはしない。また、盗んだのが養毛剤でも、男性がハゲていなかったら記事にはしない。この記事を書いた記者はそういうスタンスなのだと思う。

 そのせいか、紹介されている男性の供述内容も、「刑務所に面会にいっていた友人を路上で降ろした後、薬局に侵入した。」と、犯行に至る経緯としては、よく意味がわからない内容になっている。

 恐らくこれは、記者がスポットをハゲに向けてしまった事で、肝心の事件の内容説明が不十分であった為に起こったミステリーなのだと思う。これを『ミス』と捉えるか、『必要経費』と捉えるかは、好みが分かれるところだろう。
[PR]
by lofibox | 2007-09-14 16:16 | ノーマルコラム
546号 「何かの角度」
 僕は物の長さを測る時、三角定規を使用している。縦横が20cmある、それなりに大きい三角定規だ。

 と言っても、そこに何かこだわりがある訳じゃない。何年も前から、僕の家には普通の真っ直ぐな定規がなく、いつからか、何故なのか、気が付けばそこにあった三角定規を使用している、というだけ。これはそういう、実に内容の薄い話。

 長さを測ることには勿論、何の問題もない。そういう意味では、僕からのニーズは十分満たしてくれている。だからこそ僕も、長年に渡り傍に置いている。ただ、唯一真っ直ぐな定規と比べて僅かに不味いのは、置いておくのに少し邪魔になる、という事だろう。

 何故、少し邪魔になるのか。それは、三角だからだ。

 三角だから、真っ直ぐよりも面が広い。だから大きくて邪魔になる。しかもその大きさと言うのは、長さを測る部分とはまったく関係がないものであるから、僕にとっては何ら必要でない大きさ、という事になる。

 そう思った僕は、この三角定規の斜辺と向き合ってみる事にした。

 長年愛用してきたこの三角定規が、使用主の僕に抗ってまで守ろうとしている物。僕はそれが、この斜辺である事に気が付いたのだ。何故そうまでして彼は三角でなくてはいけなかったのか。それは、真っ直ぐになると失われる物があるからに違いない。

 斜辺には、『角度』が測れる目盛りが付いていた。

 角度……。僕の日常の中では、それを測る必要性は皆無に等しい。また、とにかく角度を測って遊ぶ、というような趣味も、残念ながら持っていない。そもそも、万が一何かの角度を測る必要性が出来たとしても、僕は『分度器』という道具を持っているのだ。わざわざこんな大きな三角定規を使って測る必要があるとは思えないし、その『測る必要が出来た角度』も、恐らく分度器サイズで十分だろう。対角度戦においては、三角定規はベンチ入りすら危うい。

 でも、僕は。僕はこの斜辺と向き合うと決めたのだ。

 おもむろに椅子から立ち上がった僕は、三角定規を手に、鏡の前に立った。この三角定規で角度を測るに値するサイズの物。更に、その測った角度に多少でもいいから利用価値があると尚良い。そうでなくては只の人情采配になってしまい、きちんと向き合った事にはならないのだ。僕は、そっと三角定規を当てた。


 40度でした。
[PR]
by lofibox | 2007-09-11 00:18 | ノーマルコラム
545号 「それぞれの民営化」
────────────────────────────
 9月5日のニュース記事から。見出しはコレ。

 『「民営化で忙しい」と下半身露出 郵便局員を逮捕』


 ……まぁその、世の中の女性の皆さんは色々と言いたい事もあるだろうが、僕としてはこの、余りにも奇天烈で斬新な奇跡のフレーズに、正直感動すら覚えている。「民営化で忙しい」から、「下半身を露出してみる」って、もう何かのパラドックスのようだ。

 ここまで状況と行動に落差があると、「ハヒー!みんえいかでいそがしいから、ポコチンをだしてあるくのだ!」と、バカボンのパパに演じてもらってようやく帳尻が合う、そういう次元に到達していると思う。

 とはいえ、何か凄く追い込まれてきた時に、手がポコチンをいじりたがるその衝動は僕にもあるので、「忙しい」事との繋がりが全く見出せないという訳ではない。みうらじゅんさんが「受験生は早漏の方が有利だよ。遅漏だと東大には入れないよ」と言っていたが、その通りだと思う。

 つまりこの局員の問題は、そこでの衝動が外を向いてしまった事にある訳だ。そういうことは自分の殻の内側で、こっそりと一人でやるからいいんじゃないか。


 それにしても、この見出しだけを読むと、「あれ?そもそも何を民営化するって話だっけ?」と、ここからよく分からなくなってしまいそうだ。この逮捕された局員も、「私のポコチンも民営化しようと思って……」とか供述していたら、いよいよ錯乱っぷりも極まって来ると思う。

 ついでに言うと、「君のハートを民営化!」とか口説いたら、全く訳が分からなくていいよね。
[PR]
by lofibox | 2007-09-07 14:34 | ノーマルコラム
544号 「小銭入れブルース」
────────────────────────────
 スーパーのレジで、後ろに人がたくさん並んでいる状況の中、『8円』を落ち着いてつかみ出せる人を素直に羨ましいと感じる。

 そして、そんな僕にとっては、財布の価値の大部分は小銭入れだ。


 あれは1年程前、長年愛用していた財布がボロボロになってしまったので、僕は数ヶ月に渡り暇を見つけては気に入る財布を捜していた。

 何しろ財布というのは、服などよりもよほど常に持ち歩く物であるから、好みに妥協はしたくない。自分という人間性にしっくりと馴染む物が良いのだ。そういう意味で、財布の他に靴の購入にも多くの時間がかかる。

 そういう気持ちの上での背景がある中で悩み抜いた結果、僕は白地に花柄の財布を選んだ。特別な感じはないが、可愛過ぎないポップさを僕は気に入っていた。それから数日間、その財布に対する様々な感想を聞いたが、そのどれもがその財布を選んだ僕の意図から遠くなく、僕は嬉しかったものだった。

 しかし、まだ僕は気が付いていなかったのだ。その財布は僕が人生で始めて出会う、『とてつもなく小銭が出し辛い財布』であった事に。


 そして1年経った現在。今日も込み合ったレジで慌てて小銭入れに指を突っ込む僕は、「ごめんなさい、イライラせんといてください……」と心で泣きそうになりながら、73円とか、38円とかを、思い切って探し集めてみたり、諦めて小銭入れをパンパンにしたりしているのです。
[PR]
by lofibox | 2007-09-05 00:46 | ノーマルコラム
543号 「年間フリーパス」
 ディズニーランドやUSJには、年間フリーパスという物があるらしい。

 いや、「あるらしい」と書いたが、もちろん僕だってそういう物が存在していることは知っていた。だが先日、この年間フリーパスを欠かさず購入しているという人に知り合ったのだ。その費用だけは何を置いても捻出するというのだから、よほどその人にとっては無くてはならない物なのだろう。僕のまわりには、そうした風に年間フリーパスに情熱を傾ける人が居なかったので、改めてその存在を認識し直した、という意味で、「あるらしい」と書いたのだ。


 でも、僕ならばディズニーランドやUSJの年間フリーパスよりも、自動改札機の年間フリーパスが欲しい。


 誤解しないで頂きたいが、運賃についての年間フリーパスが欲しいと言っているのではない。そもそも僕は人に比べて電車の利用回数が少ない方なので、そんなパスを買っても損をするだけだ。

 そう、僕が欲しいのは、「正しい切符を入れているのに通してくれない」ことが無くなる、その年間フリーパスなのである。

 この機に言わせて貰うが、まず、あの改札が閉まる時の「ガシャン!」という音は、どうしてあんなにもけたたましく、高圧的なのか。そして「ピンポーン!」というあのチャイムもそうだ。音が大き過ぎやしないか。そんなに注目を集めなくてもいいだろう。

 更に問題は、それ程のトラップを仕掛けておいて、あの誤作動率はなんなんだ。おかげでちゃんとした切符を持っているのに、まるで無賃乗車をしているかのような緊張感を毎回味わうハメになっている。

 ついでに言うと、改札が開いている状態で切符を入れようと近づいた時、一端「ガシャン!」と閉めるのも止めてくれないか。何故だか時々これが起こる。傍目にもわかるぐらい体がビクッと反応してしまって実に恥ずかしい。


 とまぁ、こういう諸々のトラブルから僕を救ってくれるのが、自動改札機の年間フリーパスと言う訳だ。値段設定によっては、けっこうみんな買うんじゃないかなあと思うんだけど、どうだろう。買わない?僕なら一万円は出すぞ。うん。
[PR]
by lofibox | 2007-09-01 14:52 | ノーマルコラム