生乾きの与太話をモゾモゾと書いてます。読んだアナタの口元が、「ふにゃ」と緩めばしてやったり。日常の隙間にご覧あれ。
by lofibox
シミズマサトの音楽・落語の予定はこちら
◆シミズマサトFacebookページ◆


【メールを送る】
イベントのお問い合わせや感想など、お気軽にどうぞ。
カテゴリ
全体
ノーマルコラム
曲紹介
ライブ動画
ライブ情報など
長編小説的「YAKYU」
以前の記事
2018年 08月
2018年 02月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 04月
2004年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2001年 01月
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧
568号 「珍珍」
 サンディエゴ動物園で生まれたパンダの赤ちゃんが、「珍珍」と命名されたらしい。


 ほらほら、思わずにやけてしまっているアナタやアナタ。僕と同じ、ちょっとしたおバカさんのアナタたちにお知らせです。これ、「チェンチェン」と読むらしいですよ。ええ、なんにもおかしい話じゃありません。

 「珍珍」とは中国語で、「貴重な」とか「大切な」とか、そういう意味だそうですよ。いや、別に僕らのムスコが貴重でないとか、大切でないとか言う訳じゃありませんがね。別の話ですから。あくまで「チェンチェン」です。

 記事によれば、この赤ちゃんパンダを生んだのは、この動物園のパンダの中でも最も繁殖がうまくいっているカップルとのこと。実に結構なことですな。


 いやいや、だから。「するとこれは、シンボリックな名前ですね」とか、そういう話じゃないんですって。誰ですかさっきから、そんなことばかり言っているのは。あ、僕ですか。これはどうも、スイマセン。
[PR]
by lofibox | 2007-11-29 04:19 | ノーマルコラム
567号 「レッツプッチン」
 少し今更な話ではあるが、コンビニ限定で売られていた「ハッピープッチンプリン」。みんなは食べただろうか。

 このプリン、何がハッピーかって、とにかく「デカい」。通常のプリンの3.6倍もあるそうで、実際の見た目もかなりの迫力。中心から均等にデカくしたと言うより、「ムリヤリ等身を伸ばした」というイメージで、見た目のバランスがかなり不恰好なのだが、ポイントはまさにそこだ。迫力とは、例外なく「ヤケクソな感じ」に宿る。


 さて、この「ハッピープッチンプリン」であるが、やはり気になるのは動機である。いきなりこんなデカいプリンが売り出されたのは何故なのか。

 この動機について、友人が小耳に挟んだ情報を聞かせてくれたのだが、それが実にグッとくる内容で僕は胸が熱くなった。


 話によると、どうも販売元の人たちは「どうしたらもっとプッチンして貰えるんだ……」と、日々悩んでいたらしい。なるほど、言われてみれば僕も、もう随分とお皿にプッチンしていない気がする。「洗い物が増える」というリスクもあるし、「私は毎回プッチンしています」という人は少なそうだ。

 そこでこの発想である。下手な広告戦略も、啓蒙活動も必要ない。

 「プリンを……、デカくするんだ!」


 まさに、プッチンプリンの本質を愛する人たちの情熱が生んだ、シンプルかつクリティカルな結論。みんなも一度は覚えがあるはずだ。ツメをプッチンと折ると、窮屈なカップから解放されたかのようにプルンプルンと躍動するプリンへの憧れ。

 そう、あの純粋な感情を再び呼び起こさせる為に、プッチンプリンはデカくなったのである。恐らく、かの有名な配管工「スーパーマリオ」の存在も、この発想に無関係ではないだろう。


 この友人の話が本当かどうかは定かではないが、こういう感情に訴えかける発想を僕は大いに支持したい。そしてこの話を耳にした僕は、数日後にはテーブルを前に「ハッピープッチンプリン」と対峙しており、あの頃の純粋な僕との再会を果たしている。


 さぁ、「これでもか」とばかり大袈裟に書いてみたが、もし心の奥に僅かでも衝動を感じたならば、少しも迷うことはない。プッチンしない限り食べにくいだけの波型カップにイライラする君とは、今日限りでバイバイさ。
[PR]
by lofibox | 2007-11-26 20:21 | ノーマルコラム
566号 「赤パージャーマー」
 パジャマの語源は、「パージャーマー」らしい。

 ガクッと力が抜ける、何とも言えないこの語感。思わず「ホントかよ!」と言いたくなる話だが、本当のようだ。ヒンディー語で民族服のズボンを指す言葉らしいのだが、他になかなか類をみない脱力系の語源だと思う。


 しかし、それにしてもよく伸びている。「伸ばせるところは全て伸ばしてみました」という状態だ。


 こんなにも伸びてしまったら、首まわりなんかだるだるになってしまってすぐ風邪を引いてしまうし、ズボンのゴムだって伸びきってぶかぶかのはず。空いた隙間からお腹や背中がしこたまに冷えてしまうに違いない。

 もし、「パージャーマー」のまま現代に来ていたら、僕たちの睡眠は常に寝冷えと隣り合わせ。おちおち寝てはいられなかったというワケだ。「パジャマ」に縮まってくれて、本当によかったと思う。


 もっと言えば、縮まっていなかったらあの有名な早口言葉も成立していないだろう。伸ばしていいなら、実にイージーだ。
[PR]
by lofibox | 2007-11-24 14:16 | ノーマルコラム
565号 「パンツと卵と陰毛で」
 しかしまぁ、げにこの世は奇妙なことばかりなのである。この「犠牲フライ定食はじめました」では、そうしたことを手広く取り扱ってきているワケだが、今回のお話は「パンツと卵と陰毛で呪いを解く、自称魔術師の女」について。軽く辟易する程にパンチのある題材ではあるが、とりあえず向き合ってみよう。


 えー、まずこの自称魔術師というクリーチャーが現れたのは、地中海の島国「キプロス」。とある悩みを抱えた男性がこの魔術師を尋ねたところ、「あなたには呪いが掛けられている」と言われたらしい。

 そしてその呪いを解くには、「パンツ」と「卵」と「陰毛」が必要だとのたまう魔術師。ある意味では相当に黒魔術的な取り合わせではあるが、これらの使われ方がまた凄い。

 (1)まず、おもむろに生卵を割り、男性のパンツの中に流し込みます。

 料理のレシピ風に書いてみたが、のっけから随分と飛ばしてきている。スタート直後からのトップスピード。この加速力は他の追随を許さない。

 (2)次に、パンツの中で卵と陰毛を泡立つまでよくかき混ぜてください。

 若干の脚色はあるが、多少のおもしろ表現など意味をなさない奇天烈さ。「ツノが立つまで」とか、「空気を入れて」とか、何をくっ付けても揺るぎようがない本筋のストーリー。骨太である。

 (3)そして、男性の人生を言い当てます。

 ここで急展開。どうやらこれは、「コント」でも「罰ゲーム」でもなかったようだ。「魔術」。ややこしいことに、パンツと卵と陰毛で、男性の人生は言い当てられてしまったらしい。ここまでチョケたら全部冗談で済ませて欲しいものだが、まったく実にややこしい。


 結果として言い当てられてしまったものだから、パンツを卵でべちゃべちゃにされながらも男性はお金をたくさん払ってしまった。だが、目の前でこんな奇天烈なことが行われたら、なんだかファンタジーの世界に迷い込んだような気になって、冷静な判断など出来るはずもないだろう。

 とはいえ、一応これは「詐欺」であるらしいので、引っ掛からない為の教訓としては、「僕らも普段から積極的に奇天烈な行動に慣れ親しむことで、ファンタジーの世界に迷い込まないように免疫を付けよう」ということなんだと思う。みんなも心に留めておこうね。
[PR]
by lofibox | 2007-11-21 12:19 | ノーマルコラム
564号 「アムロ社員」
 はじめて知ったのだが、自立心が乏しく、自分に甘い社会人のことを「シュガー社員」と呼ぶのだそうだ。


 なんというかこの、ハンカチ王子に代表されるような、「誰が考えたんだ」と言いたくなるセンスレスなネーミングが、近頃やたらに乱発されている気がする。流行りなのか、これは。

 調べてみると、何とこの「シュガー社員」は、ちょっとしたビジネス書なんかにも紛れ込んでいるらしい。ネーミングはふざけていても、ハンカチ王子とは一味違った立ち位置。「うまく検問を通過したな」という感じではあるが、真面目な文章に登場する程に間抜けな感じは加速する。


 しかも、だ。ふざけているのはネーミングだけかと思ったら、「こういう人がシュガー社員」という項目にこんなのがあった。

 ・上司に叱られたとき → 「親にだって叱られたことがないのに!」

 これは完全にアムロ・レイへのオマージュだろう。全くオマージュする必要のない場面で、全く関係のないアニメキャラを引っ張って来てしまっている。今にも「ニュータイプの若者だから」とか、おかしな洒落まで言い出しかねないふざけっぷりだ。


 というかそもそも、ここまで具体的な発言をしてしまう人なら、もう「シュガー社員」じゃなくて、「アムロ」でいいような気もする。うん。そいつはたぶん、アムロです。
[PR]
by lofibox | 2007-11-19 18:32 | ノーマルコラム
563号 「口門」
 近頃台北では、地元の若者を中心に「便所気分でメシを食う」のが人気だそうだ。

 何かの例え話でもなければ、センスのない冗談でもない。台湾で現在12の店舗を展開する人気のレストランが、「店内全席を便器で統一している」らしいのだ。含みも捻りもない、そのままストレートな意味で、便所でメシを食っているワケである。


 正直、「それはどうだろう」というのが感想ではあるのだが、この件で最も不可思議なのは、こういう「出オチ」の店が12店舗も拡大してしまっていることだ。基本的にこの類いの店は、「一回行けばそれでいい」はずなのだが。

 しかも、そのネタが「便所とレストラン」となれば、出オチ度も最上級。まさに水と油。或いは泉ピン子とバラエティー。監獄の居酒屋というのもあるらしいが、それとは比較にならない程の「まぜるな危険」である。


 さらに詳細を見てみると、どうやら運ばれてくる料理も「便器」に収まっているらしい。わざわざ専用のプラスチック便器を作っているようだ。本来の便器の役割からして、席が便器であることに比べるとこの壁は非常に高いはずなのだが、いとも簡単に超えてきている。超えなくていいのに。

 テーブルの上には「トイレットペーパー」が吊り下げられており、お客はそれで手や口を拭くようだ。いつもは肛門を拭いている紙で、今日は口を拭く。まぁ、この場合、便器とやり取りをしているのは口なんだから、役割としては合ってるのか。ん?合ってるのか?よくわからなくなってきた。

 そして極めつけは、紹介されていた一番人気のメニュー。ライスで作られた便器の真ん中に、固形化したカレーを棒状に整えて……って、コラァァァァ!物事には限度ってモンがぁぁぁ!!


 まぁ最後のは、冗談ですけどね。
[PR]
by lofibox | 2007-11-16 14:31 | ノーマルコラム
562号 「インフィニティ?」
 タバコの自販機で、「Peace」という銘柄の新商品を見た。種類の名前は「インフィニティ」。無限大である。

 正直、「大きく出たなぁ」と思う。タバコの種類といえば、だいたい「スーパーライト」「ライト」「メンソール」など、わかりやすい言葉で内容を説明する程度のものだったと思うが、これが「インフィニティ」となると、随分と大仰な感じになってくる。

 この「インフィニティ」は、どう解釈したらよいのだろうか。無限大のタバコ。際限の無いタバコ。青天井のタバコ。表現の仕方は色々ありそうだが、じゃあ何が無限大で、際限が無くて、青天井なのか。

 「値段が無限大」これは売れない。「長さに際限が無い」それは吸いにくい。「本数が青天井」採算が取れない。うーん……。


 ……困った。ここまで書いたものの、まるで落としどころが見つからない。いや、そもそも無限であって良いことなど、そうそうあるものじゃないような気もする。そういえば、確か「インフィニティ」という車のブランドもあったぞ。そちらはどうか。

 「値段が無限大」やはり買わない。「速度に際限が無い」危なくて仕方ない。「席数が青天井」核家族化が進むこんな世の中じゃ……。


 この話の方に限界を感じるので、中途半端に終わります。
[PR]
by lofibox | 2007-11-12 14:10 | ノーマルコラム
561号 「キレ」
 みんな結構、トイレットペーパーの「シングル」と「ダブル」について、こだわっているものなのだろうか。

 快便である生活とは、実に清々しいものだ。排泄運動には「憑き物を落とす」というような概念も存在し、その行為をスムーズに済ませられるというのは、ストレスのない生活への第一歩とも言えるだろう。たぶん。

 そして、「快便」という言葉の中には当然、「お尻を拭く」ことも含まれている。物事というのは終わりが肝心。一連の動作の中でも、特に重点を置きたいところである。今回のトイレットペーパーの話のみならず、「前から拭くか、後ろから拭くか」という議論もよくなされており、お尻を拭くことへの人々の関心が高いことが伺える。素晴らしいことだと思う。

 そんな僕はというと、なにを隠そう「両刀使い」である。シングルのよさ、ダブルのよさをそれぞれに吟味した上で、コンディションにあわせて選択する訳だ。ざっくり言えば、シングルはタイトに拭けるがソフトさに欠け、ダブルはソフトだがタイトに拭けない。コンディションにバラつきがある僕などは、やはり使い分けていきたいところなのである。


 余談ではあるが、モンゴルの遊牧民はとにかく便の「キレ」が尋常でないらしく、いちいち拭いたりしない「紙いらず」らしい。もっと正確に言えば「拭く必要がない」訳である。うぅむ、なんという高みだろう。

 「キレ」というものは、様々な場面で「あったほうがいい」とされており、例えば「キレのある芸」、「キレのある動き」。そして、「キレのある便」といった具合である。みんなも遊牧民に習って、どんどんキレていって欲しい。でもその際、逆ギレはやめましょうね。便の逆ギレって、なんかヤバイ感じがするので。
[PR]
by lofibox | 2007-11-08 17:43 | ノーマルコラム
560号 「裏切りの深夜番組」
 ぼけーっと観ていた深夜番組に、高須クリニックの「タカス院長」が出ていた。タカス院長といえば、日本でも指折りの「金の匂いがブンブンにしている人」である。

 僕のまなこに映ったまま番組の内容を説明すると、見るからにスケベ顔の男性タレントが司会をしており、その横のタレント席にタカス院長。後ろにはひな壇があり、例外なく他の番組では見かけない、「ニの線の顔をした薄着の女子たち」が座っている。まとめると、「日当たりの悪そうな感じ」。なんとなく画質も悪い。

 まぁ、それはいいんだ。なんだかんだ言っても、こういう日当たりの悪そうな番組で、世の中の青少年が健全に育成されたりするんだから。親の目をかいくぐってまで求める深夜番組へのロマンは、こういう「生臭さ」にある訳で、顔はニの線でも薄着で万歳なのである。


 ところが、だ。冗談では済まされないことが、この番組で起こってしまっていた。


 タカス院長が出ているだけあって、番組ではどこかの外国のエステを紹介していたのだが、エステの紹介といえば当然、水着の女子が駆り出され、ボディを入念にマッサージされるのが常。しかも時間帯は深夜である。青少年に限らず、僕だって期待する。

 だが、期待は残酷すぎる形で裏切られた。おもむろに服を脱ぐタカス院長。メタボな半裸が画面に映り、ヒップラインをスッキリさせるマッサージがスタート。もみ込まれるタカス院長。そしてお決まりの画面を2分割したビフォーアフターでは、ブリーフが食い込んだタカス院長の汚いケツがアップで出現。左はスッキリした汚いケツ。右はスッキリしてない汚いケツである。「うわっ!」。目潰しかと思って素早く目を逸らす僕。


 これは何かの罰なのだろうか。「お呼びでない」にも程がある。僕が真っ盛りの青少年なら、即座に心臓が止まるか、或いはテレビに向かって「脊椎反射式水平クロスチョップ」である。こんなことをしていると、行き場を失った「真っ盛り」が暴発してしまい、おかしな性犯罪が多発してしまうぞ。僕は警鐘を鳴らす。鳴らさないけど。
[PR]
by lofibox | 2007-11-05 01:39 | ノーマルコラム
559号 「ケチャップで武装」
 「銀行に現金を運んでいる車が襲われた」と聞けば、誰しも「ただ事じゃないな」と感じると思う。おかしな表現だけど、本格的にバイオレンスなイメージがある。

 しかし、その犯人が「ケチャップで武装していた」としたら、どうだろうか。


 そう、その通りなんだ。みんなも今、思っただろう?「武装って……、ケチャップは武器じゃないよね」ってさ。そうなんだよ。ケチャップは調味料だから、武器じゃない。そうなんだけどなぁ。これが、実際にあったことなのだから、まったく困ってしまう。


 記事によれば、ギリシャで30日、スーパーの従業員が現金を車で運んでいるところに、ケチャップで武装していた犯人2人が茂みから飛び出してきて、フロントガラスに向かってそのケチャップを2つ投げつけた、と。

 一応、従業員と取っ組み合いになった犯人たちは、現金の幾らかを奪ってオートバイで逃走したらしく、現金強奪は成功してしまっているようだが。うーん。


 なんだろうなぁ。いったいどういう考えがあって、「まず、ケチャップを2つばかり投げつけてだな……」という作戦が出来上がるのか。そりゃ、驚くだろうけどさ。結局は取っ組み合いの勝負になってる訳だし、やっぱりこの一連の流れにおける「ケチャップ」の浮き方は半端じゃない。

 それと、この記事も記事で、「所持していた」とかで良かったんじゃないのか。モノはケチャップなんだから。それを「武装」と書くあたり、どうも「面白くしてやろう」という意識が見え隠れしている気がする。

 まぁ、それならそれで、方針としてはウェルカムな僕だけど。
[PR]
by lofibox | 2007-11-01 03:47 | ノーマルコラム