生乾きの与太話をモゾモゾと書いてます。読んだアナタの口元が、「ふにゃ」と緩めばしてやったり。日常の隙間にご覧あれ。
by lofibox
シミズマサトの音楽・落語の予定はこちら
◆シミズマサトFacebookページ◆


【メールを送る】
イベントのお問い合わせや感想など、お気軽にどうぞ。
カテゴリ
全体
ノーマルコラム
曲紹介
ライブ動画
ライブ情報など
長編小説的「YAKYU」
以前の記事
2018年 08月
2018年 02月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 04月
2004年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2001年 01月
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧
632号 「京都駅」
 昭和の日。僕は京都に出かけた。

 ポカポカとした陽気に包まれ、好きな町に立ち寄ったり、鴨川を眺めたり、夜はライブを観たりして、ビールを呑む。長い長い平日の道のりには、時々こうした木陰があって、週末にくっつける3連休とはまた違う趣がある。1日きりだから、まぁたいしたことは出来ないだろう。その上手なあきらめが、のんびりとした時間を生むような気がするのだ。僕の場合は、だけどね。


 とまぁ、そんなことを考えながらの帰り道だった。

 京都駅でトイレに入った僕の耳に、それまでの休日モードを打ち払うような、猛り荒ぶる大声が響いてきた。


 「ふおおおおおおおおおおお!!」

 僕はどこかの戦場に迷い込んでしまったのだろうか。それはまさしく戦声。倒すべき敵を目の前にして、興奮に武者震いをする戦士の声だ。

 『戦国自衛隊』という本を読んだことがあるが、僕も時間軸の狭間に入り込んでタイムスリップをしてしまったのかもしれない。その割には、以前として床がタイル貼りだけど。


 「んがああああああああああ!!」

 うーむ、これはよほどの強敵を相手にしているようだ。聞いている僕の手にもなんだか力が入ってくるぞ。


 「うぎいいいいいいいいいい!!」

 がんばれー!もうすこしだー!勝利は近いぞー!


 「ああああああああああああ!! ‥‥はぁっ! はぁ はぁ」

 (ジャーーーーー)


 いやぁ、お疲れさま。でかいねぇ、声が。
[PR]
by lofibox | 2008-04-30 13:27 | ノーマルコラム
631号 「鼻くそ」
 小さい頃に鼻くそを食べていた男と、久しぶりに会ったときの話だ。

 みんなの周りにも1人ぐらいはいたと思う。鼻くそを食べる男子。なぜ鼻くそを食べるのか、いつから鼻くそが食べ物になったのか、それはおやつ感覚なのか。興味が尽きないその心情を、おとなになった目線から語ってもらいたい。

 酒の席の勢いに任せて、僕は思い切って彼に聞いてみた。

 「いつからなんだい。鼻くそを食べなくなったのは。」

 「中学に上がる頃には、食べなくなったな。」

 それはなにかの心境の変化なのか、その行為が恥ずかしいと思うようになったのか、そのあたりのきっかけも気になったので、重ねて尋ねてみると、

 「味覚が変わったんじゃないかなあ。」


 口にあわなくなったから、鼻くそを食べるのをやめる。それは予想を遥かに超えてくるエキセントリックな回答だった。

 「鼻くそも味で勝負しているんだ」と思うと、高鳴る鼓動を抑えきれなかったが、おとなになってしまった今となってはテイスティングをする度胸もなく、少年時代にひとつ大きな忘れ物をしてしまったなあ、と強く後悔する僕なのだった。
[PR]
by lofibox | 2008-04-28 16:46 | ノーマルコラム
630号 「下げ気味ズボン」
 ニュースをみていると、『ズボンを下げ気味にはいてはいけない法案、否決』という見出しが飛び込んできた。ルイジアナ州での出来事だ。

 「ヒマなのかな」と思われても仕方がないこの法案だが、気になったのは記事の最後に書いてあった豆知識である。

 読んでみると、このズボンを下げ気味にはくファッションの始まりは、実は刑務所なのだそうだ。なんでも、受刑者に支給される囚人服はわりとぶかぶからしく、ゴムもゆるゆるなので自然とズボンが下がってくる。このファッションはそこから来ていると、そう書いてある。

 なんだろう、この親近感は。今まで自分とは縁のないスタイルだと思っていた下げ気味ズボン。

 これまでの僕は、強気そうな若者がズボンを下げ気味にして街をブンブン歩いているのをみても、「おなかが冷えそうだなあ」ぐらいにしか考えていなかった。それがあにはからんや、こんな地味でだらしない理由で生まれていたなんて。興味のボルテージが急上昇するのが自分でもわかる。

 考えてみれば、僕が家でパジャマにしているズボンのゴムもけっこうゆるゆるだ。リラックス出来るし、ケツも掻きやすい。そうかぁ、ああいうことだったんだなぁ。
[PR]
by lofibox | 2008-04-25 15:01 | ノーマルコラム
629号 「ずっしりな君へ」
 ずっしりデニッシュのミルクに、こんなにも自分が依存していたなんて……。

 みんなは食べてみたことがあるだろうか。コンビニで売っているヤマザキのずっしりデニッシュシリーズ、ミルククリーム。甘すぎないココアのデニッシュに、マイルドなミルククリームがたっぷり。名前のとおり食べ応えも抜群である。

 労働中のちょっとした空腹には、やはり脳が甘いものを欲しがるけれど、空腹でもあるのでボリュームも必要。そんなわがままなニーズにしっかりと応えてくれるひと品がこそが、ずっしりデニッシュのミルクなのだ。

 そんなずっしりデニッシュのミルクが、最寄のコンビニから急に姿を消してしまった。そんな素振りはなかったのに。

 あぁ、ずっしりデニッシュのミルクよ。君がいなくなってからというもの、僕はファミリーマートに入ってもセブンイレブンに入っても、いつも君の姿を探してしまうんだ。どこに行ってしまったのだろう。どうして僕の前から姿を消したのだろう。元気でやっているのか。季節の変わり目だけど、風邪など引いてないだろうか。気がつけばいつも君のことばかり。あぁ、ずっしりデニッシュのミルクよ。僕はさびしいよ。

 
 うーん。やっぱりミルクフランスだと、満足感が足りないなぁ。もぐもぐ。
[PR]
by lofibox | 2008-04-23 20:46 | ノーマルコラム
628号 「まみれるべくして」
 またもやこの類の惨劇。アメリカはインディアナ州にて、クラウンポイントの55号線がうんこまみれになってしまった。

 糞尿を積んだトラックからどばーっと漏れ出してしまったらしいのだが、このうんこまみれ独特の『やっちゃった感』は、今回も存分に存在感を発揮しておられる。しかし、今回はこの事件のみを取り上げる話ではない。


 こうやってコラムを書くにあたり、日ごと世界のニュースをチェックしている僕だが、ふと考えてみるとこの類の事件はなんとなく定期的に起こっている気がする。どのくらいのサイクルで世界がうんこにまみれているか。そこまでは、まだわからない。

 そこで考えてみた。なぜ世界はこうもうんこにまみれてしまうのか。その鍵は、うんこの持つ強いエンターテイメント性にあると、僕は睨んでいる。

 おそらくトラックに糞尿を積み込んだ運転手は、「これが漏れ出したら、えらいことになるだろうな。なんたってうんこだしな」と思いながら、鍵を掛けるだろう。しかし、そこには「漏れ出したらおもしろい」というイケない期待感が無意識に働いていると思うのだ。そのイケない期待感が、鍵の掛け方を甘くする。無意識にゆるめてしまったりしているわけだ。

 さらに付け加えると、僕自身、そしてみんなも思い当たると思う。「うんこまみれになりました」という類のニュースをみると、しっかりとテンションが上がってしまう自分がいることを。「うほっ」と、心が湧き上がってしまう自分がいることを。


 結論としては、世界中で起きたあらゆるうんこまみれ系の事件は、すべからく人為的なものであるということだ。まみれるべくしてまみれる。うんことはそういうものなのだろう。
[PR]
by lofibox | 2008-04-22 15:01 | ノーマルコラム
627号 「中田と新庄」
 いろんな人に怒られてしまうかもしれないことを覚悟の上でいうんだけど、中田と新庄って似てきていると思うんだ。

 たぶん、怒られるとしたら中田側のファンの人たちからだろうけど、僕は中田や新庄をキライなわけでは決してなく、ただ、似ているなぁと思うだけ。

 似ているといってもそれは顔や性格じゃなくて、なんというか『魅せ方』の話だ。

 中田と新庄、この2人にはどちらにもある程度の『ピエロ成分』が含有している。ただし、まったく同じタイプかというとそうではなく、「意図していないところで笑いがおきている指数」に違いがある。この指数は中田の方が強いということは、おさえておいた方がいいだろう。

 カズシゲとシュウゾウもよくひと括りにされて語られがちだが、本質的な個性をきちんと見据えて、明確に違うポイントがあることには気がついておくべきだ。おざなりのカテゴリに分けて安心しているようでは、チータとピーターの見分けすらつかなくなってくることは目に見えている。

 話を本筋に戻そう。

 現役を引退してからの中田の言動は、心をまっさらにして真っ直ぐに真っ直ぐに見ないことには、どうしても失笑が漏れてしまうことばかりだった。重ねていうけど、中田が日本人サッカー選手として偉大な功績をあげたということは理解している。ワールドカップでのプレイにも胸が熱くなった。

 僕がいいたいのは、「愛されてきたな」ということなのだ。

 この「愛されている」という魅せ方は、まさに新庄の立ち位置。ここに「中田も参入してきたな」と思うのだ。動物園でいうならご近所の檻に配置されるようなことだ。

 思うにこれは「いい傾向」なのである。現役を引退したスポーツ選手に共通していえるのは、「愛されていればなんとかなる」ということ。野球の金村やKONISHIKIはやや別格の存在意義になるけど、基本的には愛されていたほうがいい。まったく未経験の職業をいきなり始めるようなものだから、実力が追いついてくるまでは愛で乗り切ろうというようなことだ。

 愛された中田は、いろいろな場面で強いと思う。6月に中田主催のエキシビジョンマッチが開かれるらしいが、今ピッチに立つ中田は、昔の中田ではない。自分探しをしてみたり、砂漠でラクダに囲まれながら真面目なことを話していたりした中田だ。そこに付加されているのは、例えば入場はラクダに乗っていてもOK。そういう、愛されて許されるニュー中田である。

 そういう側面に注目しながら、たくさんのサッカーファンと同じように、僕も6月の試合を楽しみにしていようと思う。
[PR]
by lofibox | 2008-04-21 14:03 | ノーマルコラム
626号 「鼻とゆめ」
 アメリカで、13歳の少年が213個の風船を鼻だけでふくらませることに成功し、世界記録認定を待っているそうだ。

 『一度に使う鼻の穴は片方だけ』『風船の口は自分で結ばなければならない』など、なかなか細かい取り決めがあるようで、少年は以前にも184個の風船をふくらませたが、その時は父親が口を結んでしまったため、記録にならなかったという。なんだかよくわからない世界だけど、ならなかったんだから仕方がない。

 そういえば、先日テレビに鼻の両穴を使ってリコーダーを吹く男性が出ていた。どうやら世間では鼻の穴を使ってなにかをするのが大流行の兆し。鼻にピーナッツを詰めて飛ばしていた梅垣義明に改めてスポットが当たる日も近いだろう。

 僕も鼻だけで自転車のタイヤに空気を入れるぐらいのことは、しておいた方がいいかもしれないと思う。
[PR]
by lofibox | 2008-04-17 18:44 | ノーマルコラム
625号 「企業倫理」
 『無論、オムロン』

 これは、フィギュアスケートの浅田真央ちゃんが出演しているオムロンのCMキャッチコピーであるが、何とも純度の高い親父ギャグ的ダジャレであると思う。

 こんなくだらない親父ギャグを、まだ17歳のあどけない少女に言わせてしまっていいのだろうか。僕は心配になる。

 たしか電動歯ブラシのCMだったと思うが、CM中でも「どうしてそんなに歯が白いの?」と聞かれた真央ちゃんに「それは心が真っ白だから!」と、実におさぶい返答をさせている。これがコンパでのひとコマなら隣の男性からグーで殴られかねないレベルだ。

 企業側も、やたら親父ギャグを連発する銀盤の妖精をはたして応援したいかどうか。もうすこし考えてみてもいいんじゃないかと思う。思わないけど。
[PR]
by lofibox | 2008-04-15 13:44 | ノーマルコラム
624号 「人間の成長とは」
 付箋がちゃんとくっつくようになりました。

 502号「ふせん関係」にて、労働中の『しなくてはいけないこと』をうっかりと忘れないよう、メモ書きした付箋をパソコンのモニター横にくっつけたいのに、何度くっつけども何度くっつけども、ものの数分でひらひらと落ちてしまう話をした。

 あれから1年。職場も変わり、身の回りの物事も年単位で比べれば随分と様変わりしている。しかし、365で割り算をして日常単位で考えてみると、それはゆるやかな川を漂いながら流れるような速度だ。遠くの方でほんの少しずつ入れ替わる景色の中から、目を凝らしてわずかな変化を感じ取らなければ、今なにが起こっているのかも見失ってしまう。

 人間の成長というものは常に無自覚に進んでいるもので、「できないと思っていたことができた」という状況も、それは偶然でもなければ火事場のクソ力が出たわけでもなく、「できるようになっていたことを自覚する機会に出会えた」というようなことだ。できたことは当然、できなかったことは必然。いつだってそうなのだ。

 それがいつからかはわからない。しかし、気がつけば僕は「付箋をくっつけられる男」になっていた。これで僕のうっかりも幾分防止されることだろう。

 そして最後に、話を大仰にしようとするあまり、「いつだってそうなのだ」のくだりを書いているところで、これが付箋の話だということを自ら忘れていたという事実も告白しておこう。
[PR]
by lofibox | 2008-04-09 14:32 | ノーマルコラム
623号 「平成に生まれた男やさかい」
 「ヘイ!(ぴょん)」「ヘイ!(ぴょん)」

 いきなり何だとお思いだろうが、これが『HeySayJUMP』である。言葉の通りに受け取ると、こういうことだろう。

 聞くところによると、メンバーが全員平成生まれなんだとか。だから平成ジャンプ。そういうダジャレ的な側面もあるグループ。こう漢字で書いてみると『少年ジャンプ』に近いこともわかる。

 今でこそこの『平成生まれ』という言葉はある程度の価値を持っているようだが、よくよく考えてみればもう平成も20年になる。あと数年も経てば、「騒ぐほどのことでもないよね」という感じになってくるだろう。

 つまり、あと数年でこのグループからダジャレ的な側面は消え去るというわけだ。事務所の意図はどうあれ、本人たちからするとウェルカムなことなのかもしれないと思う。

 そして純粋な「ヘイ!(ぴょん)」になるのだ。それもどうかな。うーむ。
[PR]
by lofibox | 2008-04-08 12:33 | ノーマルコラム