生乾きの与太話をモゾモゾと書いてます。読んだアナタの口元が、「ふにゃ」と緩めばしてやったり。日常の隙間にご覧あれ。
by lofibox
シミズマサトの音楽・落語の予定はこちら
◆シミズマサトFacebookページ◆


【メールを送る】
イベントのお問い合わせや感想など、お気軽にどうぞ。
カテゴリ
全体
ノーマルコラム
曲紹介
ライブ動画
ライブ情報など
長編小説的「YAKYU」
以前の記事
2018年 08月
2018年 02月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 04月
2004年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2001年 01月
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧
643号 「長年の経験」
 シドニー在住、45歳の女性が、出会い系サイトを通じて行ってきた約200回のデートを元に、その体験や恋愛の『落とし穴』について書いた本が出版されたらしい。

 まず考えてしまうことは、出会い系サイトで200回ものデートを繰り返していることが、ある種の『落とし穴』にはまった状態であるように思えるけれど、そのあたりはどうなのだろう。


 本の中では、例えばこんな指摘がされているらしい。

 『長年の経験から、結婚している男性は写真を掲載しない傾向が強く、携帯番号も教えず、夜遅い時間にメッセージを送ることを好む。』

 うーむ。そりゃあ、そうでしょうね。
[PR]
by lofibox | 2008-05-30 00:13 | ノーマルコラム
642号 「ゴニハの日」
 本日5月28日は、僕にとってのXデーとなった。いつかくるだろうと思っていた日が、今日訪れた。

 保留を押そうとして、電話を切ってしまったのである。


 今の職場に来て2、3ヶ月になるが、勤め始めた当初から気になっていたこと。電話の保留ボタンと切るボタンがすぐ隣にあって、かつ色が似ていたこと。僕はいつかそれをうっかりと押し間違えてしまうだろうということ。

 「あれ、電話切れてるよ」と、言われた。僕は「ついに来たな」と思った。いつかくるだろうと思っていたこと。逃れることは出来ないと覚悟していたこと。この職場で僕のうっかりがデビューするということ。


 5月28日。僕のうっかり記念日。ゴニハの日。うまい語呂がみつからない。
[PR]
by lofibox | 2008-05-28 14:04 | ノーマルコラム
641号 「あんパン」
 前回のコラムを書いた余波で、まだへそのことが頭に残っている。


 その流れでへその色々を考えていたら「あんパンにもへそがあるぞ」と思い出し、あんぱんのへそについて調べはじめた僕。

 そうしたら、あんパンについて書かれたページの中に、「電子戦隊デンジマンの、デンジブルーの好物」という表記があった。


 「僕だってあんパンが好きだぞ」と、思う。

 あんパンが好物である人物として書かれていたのは、デンジブルーだけ。あんパン好きの代表がデンジブルーでは、世の中のあんパン好きは後に続けないのではないか。デンジブルーって誰なんだ。認められない。認められないぞ。


 ちなみに、あんパンのへそのあたりに生々しく溜まっているごまは、実際はケシの実なんだそうです。へーえ。
[PR]
by lofibox | 2008-05-26 19:33 | ノーマルコラム
640号 「晩年のお楽しみ」
 鼻くそのことを考えていると、どうしても気になってくるのがへそごまである。へそごまは優遇されているなぁ、と思う。

 似たような垢やゴミの類いなのに、へそ産は『ごま扱い』。鼻産や耳産は『くそ扱い』。人間のからだも格差社会だ。ごまとくその間には、越えられない大きな壁がある。

 前回のコラムで登場した、鼻くそイズムの先駆者である同僚のIさんも、へそごまには特に興味がないそうだ。やはり、どこか性質が違うものとして扱われているのだろう。考えてみれば、うんこや鼻くそには無条件に高揚する子どもも、へそごまにはそれほどでもない気がする。

 おもしろいのは、へそごまについて調べていると、子どもの頃に興味を持てずに放置していたへそごまが、おとなになってとてつもない大きさに成長していて、それをいっぺんに取るのがたまらなく気持ちいいという経験談をけっこう目にするということだ。

 「サザエのつぼ焼きから身を引っ張り出す感じ」と例えているひともいた。それは30年ものだったそうだ。興味深い。僕も溜めてみたくなる。

 晩年のお楽しみに、はじめてみるのもいいかもしれない。
[PR]
by lofibox | 2008-05-23 15:05 | ノーマルコラム
639号 「お風呂に浮かべて」
 同僚のIさんが、昔はお風呂に鼻くそを浮かべて遊んでいた、という話をしてくれた。


 久しぶりに興奮する話である。鼻くそ新境地と言ってもいい。鼻からほじり取った後、ティッシュに丸めて捨てるだけが鼻くそじゃないんだ。そういうことをIさんは教えてくれた。

 この話を聞くまでの僕は、鼻くそイズムの終着駅を『テレビや机の裏に貼り付ける行為』としていた。いや、意識的にそうしていたわけではない。そんな、『お風呂に浮かべて遊び道具に使う行為』などという駅があることを、僕は知らなかったからだ。よりアップグレードされた鼻くそイズム。今後はこれを終着駅としたい。


 ちなみに、これまでの終着駅である『鼻くそをテレビや机の裏に貼り付ける行為』については、健全な男子ならけっこうな率でこの経験があることが、犠牲フライ定食調べでわかってきている。

 大人になった今では、酒の席で複数の女性にスピリチュアルアートがどうのとスカした話をしているメンズにも、そういうプリミティブな過去があるぞ!ということを頭に入れておくと、大抵のことにやさしい気持ちで接することができるようになるはずだ。

 鼻くそイズムの許容。それが、幅広いコミュニケーションの始まりになるということは、覚えておいた方がいいだろう。
[PR]
by lofibox | 2008-05-21 15:16 | ノーマルコラム
638号 「用を足す場所」
 いくら読み返してみても、もうひとつ内容がわからない記事があった。事件自体が複雑過ぎるのか、記事の書き方が悪いのか、とにかくいくら読み返してみてもよくわからないので、みんなで考えてみよう。考えなくてもいいけど。


 ええと、まず『ベルギーのビール愛好家』というのが2人いて。で、この2人が1本のゲームを作ったらしいんだな。話はそこからはじまる。

 冒頭のさわりを読むと、それは『用を足しながらスキー場をスラロームで滑り、エイリアンを倒すゲーム』だそうだ。


 ここでは、まだ理解できなくてもいい思う。まだ冒頭のさわりだもの。ここから記事の内容部分に入るから、最後まで読めばわかるはずなんだ。


 続いての情報はこのゲームのタイトル。その名も『用を足す場所』。そして、このゲームについて2人は「これはベルギー人によって発明されなければいけないものだ」と、コメントしている。

 ゲームシステムの説明としては、このゲームは2人でプレイするもので、内容には『宇宙空間でエイリアンを倒すもの』と、『スキー場を滑降するもの』の2種類がある。プレイヤーは便器に付けられたセンサーに向けて用を足し、画面上に現れる標的を狙う。とまぁ、そう書いてある。書いてあるんだけどもさ。


 記事の最後には、ますます事体を混乱させる一文があった。『特別にデザインされた紙製のコーン型容器』が、女性用として用意されているとかなんとか。

 それはさぁ、それで「女性用です」って言ってだいじょうぶなものなのか。どういう代物なんだ。コーン型容器。検尿コップみたいなヤツなのか。それアリなのか。


 ゲームの概要や、見た目の感じなど、すこしでもこのゲームについて理解が出来た人がいたらメールください。待ってます。
[PR]
by lofibox | 2008-05-20 17:39 | ノーマルコラム
637号 「そこは落とさなくても」
 別にね、いいんだけども。どうも気になっちゃうわけだ。


 職場に向かう途中にある、いわゆるひとつの高層ビル。オシャレな店舗がたんまりと入っているヤツです。

 いつものように、音楽を耳から聴かず口ずさみながら自転車を漕ぐ僕が見たのは、これまたちょっとオシャレなのぼり。旗、でもいいけど。

 キャッチコピーに、お店の名前に、おすすめのメニュー。要素は3つ。並べてみよう。


 『最上階からの展望』

 『龍宮』

 『カレー鍋』


 別にね、いいんだけども。それはもう、三段落ちになっちゃってるよ。と、思うわけです。
[PR]
by lofibox | 2008-05-19 21:39 | ノーマルコラム
636号 「5月」
 『汚したら 自分で始末しなさい 気分悪いから』


 会社のトイレの個室には、こう書いてある紙が貼られている。古いビルなので便器が和式なのだ。たしかに、634号「2つの個室」でも触れたように、このトイレの便器は常時こびりついていたりして、お世辞にも美しいとはいえない。こんな貼り紙をしたくなる気持ちもわかる。

 うん、その気持ちはわかるんだけどもさ。始末する道具がひとつも備え付けられていないというのは、いったいどういうことなんだって話だ。

 柄付きのブラシとか、スッポンスッポンするヤツとか、なにかしら用意してくれないと始末のしようがないだろう。手で拭けというのか。手で便器をぐいっと撫でて、こびりつき先を便器から手に引越しさせろとでもいうのか。それで解決になるのか。いや、なるまい。ならないから、この便器は常時こびりついているんじゃないか。改善を求む!改善を求む!


 5月に入って、トイレの話ばかりしている僕です。あたたかくなってきたってことです。
[PR]
by lofibox | 2008-05-13 22:00 | ノーマルコラム
635号 「きのこ」
 少し前の話になるが、鳥取県にある『しいたけ会館』なるところを訪れた。

 鳥取へ行ったメインの目的は別にあって、その話はまた後日に気が向いたら書きたいと思うが、現地の友人からこの『しいたけ会館』の存在を知らされた僕は、どうしても立ち寄りたいと思い、帰りのバスの時刻が迫る中、しいたけ会館に急行した。

 興奮に胸を躍らせ訪れたしいたけ会館は、実に立派なたたずまい。一流ホテルか、美術館のような建物だった。

 中に入ると、きちっとした格好の女性が「ようこそ、しいたけ会館へ」と、挨拶をしてくれる。壁には立派な額縁がいくつも飾られ、さぞかし高価な絵画が‥‥と思いきや、額に入っているのはホダ木から生えだしているしいたけ。細かな成長過程がわかる。

 しいたけ会館は、しいたけへの愛で溢れていた。


 さらには、きのこをめぐるカルチャーマガジン、その名も『きのこ』なる雑誌も刊行されており、僕の心をがっちりと鷲掴む。

 販売はしていなかったのだが、売ってくれ、売ってくれとしつこく食い下がる僕。しかし、帰りのバスの時刻が迫っていたので、名前と電話番号と住所を書いたメモを残し、泣く泣くその場を後にした。


 後日、僕の携帯電話が鳴る。そこの社長からだった。

 そう、僕が残した『きのこ』への情熱は、社長にまで届いていた。なんと、社長はバックナンバーを含む全ての『きのこ』を送ってくれたのだ。

 ここ数年でもっとも嬉しかった瞬間といっても過言ではない。ぜひ読んでみたいという君や君は、我が家の充実した本棚の一角を覗きにくるといい。毎号の中ほどにある、格別にシュールなきのこ漫画は必見である。
[PR]
by lofibox | 2008-05-12 20:50 | ノーマルコラム
634号 「2つの個室」
 会社のビルの男子トイレには、『大』をする個室がふたつあるのだが、ひとつは便器が常時詰まっていて、もうひとつは便器に常時こびりついている。

 それぞれに問題を抱えたふたつの個室。会社で大きい方の用を足すたびに、どちらの問題と向き合うか選択を迫られる日々。

 昨日は、同僚の男性が『常時詰まってしまう個室』を選択したところ、特別に型のいい、大ぶりなモノが2、3発も産まれてしまい、全く流れていかないという惨劇が起こった。

 「昨晩イカスミを食べたから、ものすごく黒々としているんだ。そこからオレのだってバレるかもしれない‥‥」

 出たモノが特徴的だっただけに、彼は足がつくのを恐れていた。いつ同じビルに入っている別の会社の人が「昨日イカスミを食べたひとがいるでしょう」と、詰問をしにやって来るとも限らない。

 彼は何度も、何度もトイレに足を運んだ。仕事の合間をぬっては「こんどこそ‥‥」とばかりにレバーを引く。こういう問題はどこの神様に願えばよいのかわからないが、その悲痛な姿をみていると、なんだかいたたまれない気持ちになる。「無事に流れますように」。そればかりを祈る。


 ようやく流れていったのは夕方頃だった。安堵の表情を浮かべる彼。僕もほっとした。実はつい先程、今度は僕のが軽く詰まってしまったのだけれど、僕はイカスミを食べていないので足はつかない。その点で安心できる。

 この件の教訓としては、イカスミを食べた日は『常時こびりついている個室』を選択するのがベターだということ。これからの快便ライフに活かしていきたいところだ。
[PR]
by lofibox | 2008-05-08 13:03 | ノーマルコラム