生乾きの与太話をモゾモゾと書いてます。読んだアナタの口元が、「ふにゃ」と緩めばしてやったり。日常の隙間にご覧あれ。
by lofibox
シミズマサトの音楽・落語の最新予定はこちら!
◆シミズマサトFacebookページ◆


※ライブ情報の詳細はFacebookページをご覧頂ければ幸いです。

【メールを送る】
チケットの取り置きや感想など、お気軽にどうぞ。
*-*-*-*-*-*-*-*-*
◆ライブ情報◆
────
7/26(水)
心斎橋「パルチザン」
w/磯崎陽平(50/50's)
開場19:30/開演20:00/¥1500(1ドリンク付)
────
8月3日(木)
日本橋「太陽と月」
<居酒屋シミズ>
19時開店予定
────
8月6日(日)
塚本「エレバティ」
w/槇平れん/市場寿司郎/米谷考平/シンコウズ
開場18:00/開演18:30/adv¥1500/door¥2000(1dr別途)
────
8/19→20(土・日)
三重 豊津上野「海の家ええかげん」
<ミエフェス。vol.8>
開場10時/開演11時
────
8/21(月)
名古屋 池下「GURU×GURU」
開場19:30/開演20:00/¥1500(要1ドリンク注文)
出演:シミズマサト/稲造/他
────
8/27(日)
東心斎橋「居酒屋ほおずき」
<日本酒と落語の会>
出演:古今とこ頻ん尿/ナマス亭ひとり
開演:18時(各一席ずつ)
────
9/24(日)
東心斎橋「居酒屋ほおずき」
<日本酒と弾き語りLive」
出演:いわいあや子/シミズマサト
1部開演:18:00〜/2部開演:19:30〜/¥投げ銭
────
(敬称略)

*-*-*-*-*-*-*-*-*

↓文庫本が出来ました↓

あまりに少ない初版数に、出来たその日から品切れ中。増刷に向けて労働します。とほほ。

*-*-*-*-*-*-*-*-*

◇終了したライブ◇
▶2010年までのライブ一覧
▶2011年のライブ一覧
▶2012年のライブ一覧
▶2013年のライブ一覧
▶2014年のライブ一覧

1/7 シルバーウイングス
関口哲也/立川玄

1/11 太陽と月
前原淳平/川内聡一朗/ショウジョウハイライト

1/24 かつおの遊び場
半田悦久/ひとりナマステ/rufflls

1/26 ワンドロップ
森口英彦/磯山達也/

1/30 太陽と月
岡田真美/かるちん/萌えもえにゃんにゃん

2/3 エレバティ
新巻和樹/岩井わい/きたぼー

2/5 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

2/12 Mele
井戸正太/後藤明/おはるの時間/陸奥拳

2/14 太陽と月
ベベルとエンボス/記憶ソーダ/lee:no

2/18 酔夏男
町田直隆/岸っしゃん/ぶすぶりっこ/キャミストリー/石田千尋

2/20 パルチザン
田渕光成

4/12 Brothers & Sisters
lee:no/稲田一馬/

4/23 Mele
口石和人(サンドバックス)/柴田太尊/辰巳慶一/山下ヒロシ(ラダー)

4/25 パルチザン
堀田ダチオ

4/29 ファンダンゴ
<パルチザン10周年記念イベント>

5/1 アヒルノ
<リニューアルパーティー>

5/2 パルチザン
カシダ

5/3 太陽と月
<第一回よせて寄席>
鯉鮎亭ボタン/ロック亭チリ紙/ロック亭ルーズ/三名/ひとりナマステ(ギター漫談)

5/13 エレバティ
フラフープス/礒野聖矢/Theムッシュビ♂ト

5/17 テハンノ
seiji/山田智史/トウギシカズヤ

5/24 太陽と月
小泉洋平/CAT FISH KING/ミッキー大畠

6/4 Mele
UpperSixx/Beg/ナガタヨシキ/ytakeko(oops! here I go again)

6/18 酔夏男
金丸亮太(雨市)/キタ(than)/さかもとたかはる

6/20 Mele
<Barプカプカ20周年記念ライブ>

6/26 太陽と月
Katsu/福重ユキオ/Tiny

7/3 エレバティ
石の拳/THE HOT TiMES/モンゴリアンダイナマイツ/見市雨桃

7/16 Mele
井戸正太/moca/辰己慶一/UpperSixx

7/20 太陽と月
<第二回よせて寄席>
鯉鮎亭ボタン/三名(みつな)/猪家熊吉/ミサイル濱野/おぎの信号/露の新幸

7/28 パルチザン
<実機なき戦い>
登山正文 VS シミズマサト ツーマンライブ

7/29 酔夏男
『背筋も凍る怖い話大会〜絶対にSNSにはあげられない〜』
じゃっく

7/31 気仙沼まただいん
鯉鮎亭ボタン/くぼ&みのうら/Tender and Paul.Naru

8/4 ネガポジ
谷直也(gue)/リュウジ/伴野一輝

8/15 海の家 ええかげん
<ミエフェス Vol.6>

8/22 VOXhall
町田直隆/マルヤマトモコ/キチュウ

8/25 テハンノ
「悠」/くビれ/

8/28 太陽と月
キタ(than)/バニーマツモロ/siva

9/13 太陽と月
シミズマサト主催イベント
<エンゲイミュージアム>
じゃっく(イヌガヨ)/正垣祐樹/ひこーき雲/馬と魚/市村マサミ/鯉鮎亭ボタン/露の新幸/ひとりナマステ/デジタルケイタ

9/17 Mele
広島綾子(東京)/はあとぶれいく/辰巳慶一/滝口ナオシゲ/

9/25 エレバティ
岩井わい/ キタ(than) /玉木英雄(キリングマネーズ)

10/1 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

10/2 Mele
朝倉祐太(モンスターロシモフ)/cue/マロニエ堂/橋村恭平

10/11 そぶら山荘
<ハミングバードフェスティバル>

10/23 太陽と月
阿木伸雄/萌えもえにゃんにゃん/藤本歩美

10/25 ライヴ喫茶 亀
<デジ亀寄席>
つづら/まとばっくす/桐のはこぶた/桐のぎりぎり/女御亭伝喜
企画・構成 高田豪

10/30 プカプカ
<生音ライブ>

11/6 Mele
口石和人(サンドバックス)/マロニエ堂/滝口ナオシゲ/市川与一

11/7 パルチザン
Capo

11/23 太陽と月
<第3回 よせて寄席>
鯉鮎亭ボタン/三名/ロック亭メロディ/Muicy

11/27 エレバティ
バカ力/しんぐべー(黒色青年)/ぴろ男爵

12/3 セラー
<アメ村フォークジャンボリー>

12/4 BlueEyes
立川玄/ゆとリズム♨︎

12/13 太陽と月
不二才/小泉洋平/矢本健士

12/19 音家松林商店
方々/儀間博幸/THE★わたる

12/21 パルチザン
奥村由希

12/30 Mele
<メレメレ忘年会>

1/5 エレバティ
市村マサミ/進藤宏希/リー・ルード/吉見拓哉

1/17 太陽と月
<新春!第四回 よせて寄席>
鯉鮎亭ボタン/三名/夕凪亭あおひげ

1/18 酔夏男
<新春ホームラン王決定戦>

1/21 Mele
THE HOT TiMES/あうんさん・すうじぃ/Risa, Steg & Mayers

2/12 パルチザン
杉本ユーイチ

2/14 Cafe&BAR 大丈夫
<第1回大丈夫杯 大喜利選手権>
やっさんブル/あまっぺ(タロッツ)/Fワラさん/なべちゃん(Lainy J Groove)/わんぱく清水/大喜利司会:カジワラコウジ

2/18 tora
まえざわけんいち/快賊guld+/あわめ/芽衣子

2/27 酔夏男
岡部洋子/サワラデザート/藤井えい子/あさじ

2/29 Mele
口石和人(サンドバックス)/雪盗境士/シモヤンツジヤン/ナガタヨシキ

3/3 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

3/17 エレバティ
キタ(than)/びばオチアイ/kitabow/ビリーボーイ

3/19 BlueEyes
浮浪雲/VJ☆脱肛/寅(富山)/登山正文(私の思い出)

3/26 太陽と月
沸き出せ!温泉ズ/大島圭太/キタ(than)

4/2 クラブウォーター
イッポンマツ/小川アキオ/モンキーサイクル/方々(HOBO)&みっちゃん&長芳弘

4/13 ネガポジ
ヘテロズ/永倉彩乃/Novelman

4/22 セブンデイズ
<真下梓レコ発>
真下梓/石田千尋

4/29 ファンダンゴ
<パルチザン11周年イベント>

5/3 ライヴ喫茶「亀」
つづら/まとばっくす/泥亀亭ヤング/山田とし

5/14 Cafe&BAR 大丈夫
マサ・タケダ/モロボシキルオ

5/17 酔夏男
田高健太郎/傷心の松/サワラデザート/藤山拓

5/20 Mele
<メガネのスリーマン>
マロニエ堂/ムッケンナガノ

5/22 宙空Bar テオ
<宙空Barテオ こけら落とし寄席>
ジョン・リー・ふか丸/麻石家パンク

5/29 Cafe&BAR 大丈夫
<いつまでも世界は…>

6/2 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

6/10 tora
ハナウタ/山本悠介/畑歩/KEEWO

6/16 エレバティ
生き仏/見市雨桃/僕のカリフラワーちゃん/フラフープス

6/19 BARプカプカ
キウチユウスケ

7/12 太陽と月
方々(HOBO)/カオリーニョ藤原/外村伸二

7/16 Cafe&BAR 大丈夫
マサ・タケダ/モロボシキルオ/橋村恭平

7/24 居酒屋ほおずき
正垣祐樹

7/31 太陽と月
<第伍回 よせて寄席>
ナマス亭ひとり/ロック亭チリ紙/三名/罪華子

8/1 酔夏男
さかもとたかはる/岸っしゃん/下町ドンピシャーズ/市村マサミ/親斗

8/12 GURU×GURU
マサ・タケダ/モロボシキルオ

8/20-21
<ミエフェス vol.7>

8/30 エレバティ
町屋菊一/松本英二郎/吉見拓哉/スケモンのロング

9/1 セラー
<フォークジャンボリー>

9/3 tora ※落語
瀬戸楓太/市村順平/関大介

9/9 酔夏男
廣瀬義政/金丸亮太(雨市)/サコウイサオ/豊田梵

9/15 Mele
じゅん☆ONE/辰巳慶一/後藤明/山下ヒロシ(ラダー)/ツキミツカオリ

9/24 Ma-ha
<Moodoor vol.33>
Music:Tisavo/大停電(solo)/Tsukiko LOVE/シミズマサト
Live Paint:silsil/松田真哉/tsubasa./コジマユイ

10/2 プカプカ
<生歌ワンマン>

10/8 大丈夫
モロボシキルオ/橋村恭平/だいすけ/マサ・タケダ

10/15 パルチザン
いわいあや子/大石隼輔

10/21 tora
than/吉見拓哉

10/28 Mele
ザ・ディディディディーズ(東京)/NIAGARA BUILDING/THE PENNY LANES

10/30 太陽と月
<第六回よせて寄席>
鯉鮎亭ボタン/三名/ナマス亭ひとり/古今とこ頻ん尿

11/3 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

11/12 ReedCafe
大津光央

11/13 ほおずき
<ひやおろしと弾き語り>
マサ・タケダ

11/20 太陽と月
<ヒントのピント>
露の新幸/ひとりナマステ

11/22 Mele
吉見拓哉/ぴろ男爵/滝口ナオシゲ/辰巳慶一

12/3 大丈夫
マサ・タケダ/橋村恭平/高倉尚吾

12/12 Guru×Guru
429/星空じゅんこ

12/17 パルチザン
キタムラリョウ/ハグ林

12/21 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

12/30 Mele
<メレメレ忘年会>

1/6 酔夏男
藤山拓/よりえ/キタ(than)/市村マサミ

1/20 エレバティ
米谷考平/オータムス(単騎)/鈴本彰

1/23 酔夏男
ザ・サウスソース/立川玄/豊田梵/ユウキミリオンセラー/まえだけんた

1/29 太陽と月
<第七回 よせて寄席>
濁り酒二合/ナマス亭ひとり/サオリン城間

2/3 酔夏男
岡部謙吾/マサ・タケダ/さかもとたかはる/秋山カラスウリ

2/16 tora
ザ・ツイてるず/脳内麻薬/The Hula Foops/パン〜THE王様クジラ〜

2/18 パルチザン
いわいあや子/大石隼輔

3/8 ネガポジ
伯川修平/Nonsugar/Novelman

3/12 居酒屋ほおずき
じゃっく(イヌガヨ)

3/31 GURU×GURU
橋本進/ギターうなぎ

4/12 鮨処小町
Nの集落/マサ・タケダ

4/15 パルチザン
<シミズマサト独演会>

4/22 BARプカプカ
市村マサミ

4/29 ファンダンゴ
<パルチザン12周年イベント>
ジャカランタン/西島衛/浮浪雲/久保田和之/市村マサミ/マサタケダレディオデイズ/清水由貴/アフターアワーズ/ロマネ/らせん/Bacon

4/30 太陽と月
<第八回 よせて寄席>
野D/ミサイル亭濱野/ナマス亭ひとり/三名/魅多羅詩じゅん子

5/8 酔夏男
藤山拓/320/傷心の松/飛松正輝/オガサワラヒロユキ

5/11 BEATLE
<フォークジャンボリー>

5/26 エレバティ
吉見拓哉/びばオチアイ/siva/岩井わい

6/4 朝日温泉
<銭湯に行こう!Vol.6>

6/10 パルチザン
いわいあや子/大石隼輔

6/13 パルチザン
<落語三人会>
武田家酔ん愚/濁り酒二合

6/16 tora
芽衣子/おーやなち。/武内太一

6/18 プカプカ
磯崎陽平(50/50's)

7/1 酔夏男
もりやまかずひさ/じゃっく(イヌガヨ)/岡部謙吾(イヌガヨ)

7/8 Mele ※シミズ楽隊にて
THE HI HAT WHISKY/ザ・サンダーボーイズ

7/12 ロフトプラスワンウエスト
<御SHOW会LIVE 第三夜>
徳永由希/なかのいくみ/あんどーまいか/山本新/ぼけなすび(ヒミツノミヤコ)

7/21 酔夏男
市村マサミ/豊田梵/キタ(than)/井上聖悟


*-*-*-*-*-*-*-*-*
[ Profile ]
清水雅斗:かに座
*-*-*-*-*-*-*-*-*
カテゴリ
全体
ノーマルコラム
曲紹介
ライブ動画
ライブ情報など
長編小説的「YAKYU」
以前の記事
2018年 02月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 04月
2004年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2001年 01月
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧
652号 「虫歯ブレイカー」
 「やよい軒に置いてある漬け物は、慎重に噛むのがよろしい。」ということを、今日の僕は言いたいんだ。


 あの漬け物は歯ごたえがしっかりとあって、あごにけっこうな力を入れないと噛み切れない。それでいて、ごまがたっぷりとまぶされている。

 注文をした定食がやってくる間、前菜とばかりにあの漬け物を小皿に取るのは自然な成り行きだが、ここで油断してはいけない。力いっぱい噛み切った漬け物には、前述の通りごまがたっぷりとまぶされているのだ。


 前触れもなく、突如としてごまが虫歯にジャストインするその時。

 「ぐわっ!」

 激痛が走るのである。


 こうなるともうトラウマ。やってきた定食も、まともに噛むことを恐れるあまり無理やり飲み込んでしまい、まず胃腸がダメージを受け、口内炎の二次災害に繋がったり、快便生活の妨げになったりするのだ。辛い生活が待っているのだ。


 最後にもう一度言っておく。

 「やよい軒に置いてある漬け物は、慎重に噛むのがよろしい。」
[PR]
by lofibox | 2008-06-30 18:15 | ノーマルコラム
651号 「プロの仕事」
 朝の通勤途中に、幼稚園児と思しき集団とすれ違うことがある。

 どこかにお出かけをする途中なのだろう、ワイワイとはしゃいでいる子どもたちは実にかわいらしい。ただ、やはり引率の保育士さんは大変そうで、ひっきりなしに声を張って子どもたちがはぐれないよう気を配っているのがわかる。


 今朝すれ違った集団は、特に子どもたちに落ち着きがなかったようで、信号待ちの間、なかなかじっとしていてくれないようだった。

 「わー、こりゃまた骨が折れそうだな」などと思ってみていると、いきなり保育士のお姉さんが、

 「毛っガーニ! 毛っガーニ! 毛っガーニ!」

 と、手を叩きながら子どもたちを煽りはじめた。


 僕は度肝を抜かれたけれど、子どもたちは大喜びで『毛ガニコール』に参加。信号待ちの間、誰ひとりはぐれることなく一丸となっての毛ガニコールで、保育士さんは悠々と子どもを引率していく。

 プロの仕事を拝見させて頂きました。ごちそうさま。
[PR]
by lofibox | 2008-06-27 12:37 | ノーマルコラム
650号 「そこ?」
 先週の話になるけど、『人志松本のすべらない話』を観ていた。僕はこの番組がとても好きだ。

 『おもしろい』と『おもしろくない』の前に、『好きだ』という評価、領域が僕にはある。テレビ番組に限ったことではなく、全部にあてはまることで、めったにはないんだけれど、それだけにいくつか確定されている『好きだ』なものは、それはもう本当に好きだ。

 みたりふれたりするだけで、うれしくなったりたのしくなったりするものだ。


 と、ここまではどうでもいい前置き。今回本当に僕が言いたいことはここからだ。

 『人志松本のすべらない話』では、CMのつなぎに観覧ゲストが数人集まって「すべらんなぁ~」と口を揃えるのが定例となっている。役者なら役者、スポーツ選手ならスポーツ選手といったように、関係性のある括りで集まる数人だ。

 と、思っていたのだが、先週の放送でのとある「すべらんなぁ~」が、

 ・安部なつみ
 ・矢口真里
 ・はるな愛

 だった。

 関係性のある括りで集まっていると思っていた僕の勘違いなのか、はるな愛というひとはその括りに入ってもちっともおかしくないポジションになっているのか。どなたか業界に詳しい人、教えてください。
[PR]
by lofibox | 2008-06-26 13:03 | ノーマルコラム
649号 「もしかして」
 検索エンジンGoogleに付いている、『もしかして機能』。

 これは、検索された語句に誤字脱字の可能性がある場合、似ている語句を表示してくれるという便利な機能であるが、実は日常のリラクゼーションにも使えるということは、あまり知られていないと思う。


 まず、Googleで『ぽこちん』とひらがなで入力して検索してみて欲しい。

 すると、もしかして機能が働いて『もしかして:ポコチン』と出てくるだろう。


 たちまち肩のちからがスッと抜けるのがわかると思う。「ふふっ、もしかしなくてもポコチンですよ」というこのバカバカしい展開に、笑いを漏らさないひとはいない。どんな重苦しい空気もさわやかにしてしまう、魔法のことばなのである。

 こころが癒しを求めているときには、ぜひお試しください。
[PR]
by lofibox | 2008-06-17 19:03 | ノーマルコラム
648号 「桃あれこれ」
 『桃から生まれた桃太郎』は、そのままの意味で桃から生まれているけれど、からだの部位的に考えればにんげんも桃なるところから赤ん坊を産んでいるので、「桃太郎」と呼べなくもないかなぁ。

 と、いうようなことを考えていたら、また一週間がはじまっていました。
[PR]
by lofibox | 2008-06-16 19:24 | ノーマルコラム
647号 「ガス」
 アスパラガスを採取するために、子どもをハイウェイに停めた車に残して男が逮捕されたらしい。容疑は子どもを危険に晒したこと。アメリカでの出来事だ。


 この男の非常識さは言うに及ばないことだが、「アスパラガスを採取するため」という間の抜けた理由に、なんとも言えぬおかしみがある。そもそもアスパラガス自体、単体でも引っかかりのある変な響きをしているわけで、これがトマトやレタスではここまで全体のおかしみは出てこないだろう。

 いわゆる、以前のコラムで定義した『声に出して読むとムフフ語』のひとつだ。


 アスパラガスの場合は当然、「ガス」の部分が肝になってくる。

 「アスパラ」の部分は、言うなればAメロBメロなのでさらっと流すのがよい。そしてサビである「ガ」に力を込め、「ス」で歯のすき間から大いに空気を押し出す感じで声に出す。そうしたらもう「アスパラガス」の虜である。

 もういっかい、もういっかいと、繰り返し声に出してはムフフとなること間違いなしだ。
[PR]
by lofibox | 2008-06-13 12:42 | ノーマルコラム
646号 「深い傷」
 心に深い傷を負うのは辛いけれど、肛門に深い傷を負うのも相当に辛いと思う。


 オランダはユトレヒトにて、ズボンをおろして尻を見せながら街を走り回る、ひとりの若い男がいた。なぜ彼は尻を見せながら街を走るのか。それはきっと、バカなんだと思う。

 男は、ひと通り走り回ったところで、レストランのガラスに尻を押し付けるという行為をはじめた。お食事中の家族やカップルに、肛門のシワを数えてもらおうという腹である。


 その刹那、「パリーン!」

 ガラスが割れた。


 押し付けた男の尻圧で割れたガラス。一面の壁として使われていて、強度もあるはずのガラスが、なぜ尻の圧力ぐらいで割れたのか。それはきっと、男がバカだからだと思う。


 男は、割れたガラスで肛門に深い傷を負った。そして同時に、自分の過去にも癒えざる傷を付けてしまった。

 肛門に深い傷を負うということは、心にも深い傷を負うということ。その因果関係を、この事件は僕らに教えてくれているのだと思う。
[PR]
by lofibox | 2008-06-09 18:28 | ノーマルコラム
645号 「ドライの声」
 エアコンの『ドライ』のことを思うと、僕はたまらない気持ちになる。

 一刻もはやく『弱』ということにして、解放してあげたいんだ。ドライの呪縛から。


 みんなも覚えがあるだろう。普通に冷房を入れるのでは寒すぎるからと、ドライのボタンを押す自分。目ではドライを押すけれど、心では弱を押している自分。

 恐らくドライは、日々思い悩んでいるに違いない。

 「僕の存在ってなんなんだろう。来る日も来る日も弱扱いの毎日。誰も僕をドライとしてみてくれないんだ。そもそもドライってどういう役割だったんだろう。わからない。僕はだれなんだ。何のために生まれてきたんだ。」


 せめて我が家のエアコンだけでもと、リモコンのドライボタンの上に弱と書いたシールを貼ろうとしたこともあった。しかし、ドライの表記は液晶の中。僕には手の施しようがない。

 みんなもこの夏、ドライの声に耳を傾けてあげてください。『犠牲フライ定食はじめました』より、どうか。
[PR]
by lofibox | 2008-06-06 15:40 | ノーマルコラム
644号 「四次元ボトル」
 泡タイプのハンドソープは、ボトルの中が四次元空間になっている。

 唐突になんなんだとお思いだろうが、みんなもそう考えたことはないだろうか。僕は、あのプッシュする度に出てくる泡の感触に、不思議と終わりをイメージ出来ないでいる。

 そうだ、きっとこのボトルの中は四次元の空間になっていて、泡はどこか別の場所から供給されているに違いない。例えばそう、半永久的に稼動しているオートメーションな泡工場がどこかにあって、そこと繋がっているんだ。

 ということは、うっかりボトルに穴を開けたりしたら大変なことになるぞ。そこから四次元が這い出してきて、あたり一面が四次元になってしまう。そしたら僕はそのまま四次元の住人になって、時々四次元をまさぐってくる白くて丸い手に怯えながら生きるんだ。なんて恐ろしいんだろう。

 とあぁそんな感じで、「ハンドソープは泡タイプに限るよ」ということを、僕は言いたいのであります。

 
[PR]
by lofibox | 2008-06-04 19:15 | ノーマルコラム
643号 「不当な人事」
 とかく『覆面』というものは、面積の広い布で顔を覆うものだ。

 そして、布の面積が小さい物の最たる品というと、やはり『Tバック』だろう。

 ということは、最も覆面に適していない布は、Tバックだということになる。Tバックを被っても顔はちっとも隠れないわけだから、Tバックを被って鼻息を荒くするのは趣味のレベルに留めておくのがいい。間違ってもTバックを被って強盗などは、するべきではないわけだ。


 ここまで前置きをしたのだから、察しのいい人ならば「世界は広いなあ」ぐらいは思っているだろう。そう、コロラド州のとあるコンビニに押し入った強盗が被っていたのは、Tバックだったというのだ。

 Tバックの方でも、「私は隠すために生まれてきたわけじゃない!」と、不本意な使用法に嘆いているだろう。出して魅せるために生きてきた自分が、隠す側にまわされる。これはもうリストラといってもいい。

 本来そういう能力は備えていないわけだから、実際に強盗の顔は鼻と口しか隠れていなかったという。こんな不当な人事がまかり通る世の中ってなんなんだ。強盗罪ともうひとつ、労働基準法違反も付け加えて頂きたい。


 彼らを野放しにしておくと、今度は話に聞く『Oバック』を被り、顔を丸出しにして強盗をするだろう。断言してもいい。
[PR]
by lofibox | 2008-06-03 17:32 | ノーマルコラム