生乾きの与太話をモゾモゾと書いてます。読んだアナタの口元が、「ふにゃ」と緩めばしてやったり。日常の隙間にご覧あれ。
by lofibox
シミズマサトの音楽・落語の予定はこちら
◆シミズマサトFacebookページ◆


【メールを送る】
イベントのお問い合わせや感想など、お気軽にどうぞ。
カテゴリ
全体
ノーマルコラム
曲紹介
ライブ動画
ライブ情報など
長編小説的「YAKYU」
以前の記事
2018年 08月
2018年 02月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 04月
2004年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2001年 01月
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧
700号 「節目」
 今日はもう、うんこの話しかすることがない。そういうメモリアルデーだ。


 抑圧された体制から解放されんとする力の蠢き。その第一派を感じたのはお昼前になる。そして、その圧倒的な力を抑えきれず、門が決壊したのは夕刻。もう陽も落ちかける頃だ。食事中の方はそろそろ読むのを止めた方がいいだろう。


 「便器の尺が足りない!」

 直感的に僕は察知した。刹那、少し腰をひねる。マラソンで言うところの、折り返し地点を設けるためだ。

 今までに味わったことのない手ごたえ、いや、門ごたえに、僕は身震いをしながらさらに力を込める。そして、門周辺の緊張が解けたことを確認した後、視線を落とした。


 便器、1往復を達成。この記録を以って、僕の快便生活はひとつの節目を迎えたのである。ついでに、このコラムも700号を迎えたみたいで、なんとなく節目っぽい。
[PR]
by lofibox | 2008-09-29 18:44 | ノーマルコラム
699号 「防犯対策」
 あまりにも恐ろしい外観に、泥棒も寄り付かないという家が紹介されていた。これは、なかなかに興味深い。

 【安全な家】

 セコムうんぬんではなく、家の外観から防犯対策を施していこうというスタンス。まぁ、目的が防犯なのかどうかはわからないが、面白い試みであると思う。

 この発想を借りて、さらに膨らませてみると、件の「恐ろしくて近づけなくする」という方法論の他に、「なんとなく近づきたくないぞ」と思わせるパターンもある気がする。つまり、お下劣路線だ。

 外観をうんこにするとか、全体を尻っぽくして肛門を玄関にするとか。家の中には蝿を4、5匹常駐させたりなんかしても、効果アリだろう。


 たまに、これぐらいお下品なことを真っ直ぐに書くと、なんだか清々しい気持ちになります。
[PR]
by lofibox | 2008-09-26 22:29 | ノーマルコラム
698号 「鳥谷さん」
 「豚集め大会」で、「ベーコン」という名前の女性が優勝した。そういう記事があった。

 当然、記者がおもしろい話だと思うから記事になるわけで、この場合の「おもしろい」は、「豚を集めるのがうまいベーコンさん」という、珍妙なフレーズにあるだろう。つまり、「蚊を叩くのがうまい香取さん」みたいなことだ。これはちょっと違うか。


 まぁ、名前のところに目を向ける前に、「豚集め大会なんて大会があるんだ」という、そもそも話の切り口でも話は進められるけれど、ここで僕が本当に慮りたいのは、いちいち集められる豚側のキモチだ。

 大会というからには、それなりの参加人数なのだろう。ひとりひとりの競技のたびに、あの手この手で集合させられては、次の競技のために散り散りにさせられる。集まっては散らされ、集まっては散らされ、1日中その繰り返しでくたくたになる豚たち。きっと、「用もないのに集合させるなブー!」と、怒っている豚もいるのだろう。


 そういえば会社の近所にも、2階の窓から顔を出すだけで、無数の鳥を地面に集めることができるおじいさんがいる。たぶん、その窓から餌をばら撒いていたことで習慣づいたのだろうけど、あのおじいさんが「鳥谷さん」とか、「鳥越さん」なら、そのうちに記者がやってくるのだろうなぁ。
[PR]
by lofibox | 2008-09-24 14:15 | ノーマルコラム
697号 「20世紀チャック」
 先日、社会の窓のチャックがもの凄くデカいGパンを履いている女性に出会った。

 それはお酒の席でのこと。僕らはお座敷のテーブルで呑んでいて、ふいに向かいに座っていた女性が席を立った。席がお座敷なだけに、当然、女性の社会の窓の高さと、僕の目線が合流する。その先に飛び込んできたのが、件のもの凄くデカいチャックだった。


 社会の窓に用いられるチャック。それは、チャック界の中でもかなり報われないチャックであると思う。週末の盛り場に現れては、「こんなはずじゃなかった」「オレは皮ジャンのチャックになりたかったんだ!」「ワシも昔は聖子ちゃんのカバンのチャックをしておってのぅ」などと、クダを巻いては、やさぐれていることだろう。

 そんな日陰者のチャックが、まさかこんな形で主張を始めるなんて、僕は思ってもみなかった。社会の窓が主張する、社会の窓が目立ってくる。股間への視線など意にも介さない、そんな世の中になったということなのか。こんなアンビリーバボーな未来が待っていたなんて、考えもしなかった。


 動き始める時代。さらなる展開を大胆に予想し、今話題の20世紀少年風に表現するならば、こうなるだろう。

 「2010年、血のおおみそか。社会の窓は、閉じられなくなる。」
[PR]
by lofibox | 2008-09-19 20:52 | ノーマルコラム
696号 「健康法」
 ソファに腰掛けてボサっとしていると、すぐに夜空が白んでくるような時刻に帰宅する日々。そう、最近、僕はちょっとばかし忙しい。

 だが、便の出はすこぶる良好だ。


 僕の考えでは、『寝る』ということは、1日の終わりを認めるという側面がある。そのあたりの諦めというか、往生際が悪い僕は、この終わりを拒もうとするところがあり、それは最近のように、帰りが遅くなってあまり物事に手をつけられないと、殊更にひどくなる。1日が物足りないように感じて、なかなか寝ようという気になれないので、寝不足になり、疲労も抜けない。

 それでも、便の出がすこぶる良好なのだ。

 迫力満点のボリュームで、コンスタントに出ていく。


 つまり何が言いたいかというと、これはまったく不思議なことだけど、これだけ生活が乱れて、体に無理をさせているようでも、うんこの元気な姿さえちょくちょく確認できていれば、なんだか大丈夫な気になれるってことだ。滋養強壮・気力回復。忙しいあなたに、ぜひこの快便ライフをお勧めしたい。

 多少の悩みや心配事なら、うんこと一緒に水に流せるよ。
[PR]
by lofibox | 2008-09-17 03:48 | ノーマルコラム
695号 「運動会と大玉送り」
 4、5日家を空けていて、本日帰宅。

 部屋に入って、郵便受けに溜まっていた封筒やチラシを仕分けていると、地域の広報誌のようなものが入っており、紙面のアンケート欄に目が留まった。

 そこにはこうある。

 Q.運動会で、好きな種目はなんでしたか?

 1位 障害物競走
 2位 50m走・玉入れ
 3位 リレー・騎馬戦


 ふ~ん。と、思いながら、「どれも自分はそう好きではなかったな」と、当時を振り返る僕。特に足が速かったり、力が強かったりしたわけでもないので、運動会自体にあまり思い入れがない。

 が、よくよく思い出してみると、割と好きだった種目がひとつだけあった。あの、『大玉送り』っていうのは、そんなにイヤじゃなかった気がする。『大玉送り』とは、大人数で固まって列を作って、その列から落ちないようにデカい玉を転がしていく種目で、全国区の種目かどうかは知らない。


 なぜこの種目が割と好きだったのかというと、「特に参加しなくても、勝手に玉が転がっていく」という点に尽きる。

 その間、僕が全然関係ないことを考えていても、いつの間にか勝負は終わっていて、そのうえ時には勝っていたりするのだ。「これは凄い種目だ!」と、感動した記憶がある。


 今でもシゴト中に、「これから僕が数時間寝ている間に、いろいろ出来上がったりしていないかなぁ」などと、ぼんやり考えることがあるけど、大人になったからって、そうそう考え方の根本は変わるもんじゃないぞ、という一例だと思う。
[PR]
by lofibox | 2008-09-14 22:39 | ノーマルコラム
694号 「ジャーナリズム」
 まったく、人騒がせというか、期待ハズレの記事をみつけてしまった。


 その内容をだいたいまとめると、アメリカンフットボールのとあるチームが、ナイキが提供する新しいユニフォームを着てシーズン開幕戦に臨んだところ、パンツに縫い付けられたチーム名の『I』の文字が、ちょうど隠れてしまったのだという。

 
 はっきり言えば、こういうことを記事にするからには、当然、パチンコのパが消えてチンコになったとか、ウコンのコンを書き違えてウンコになったとか、そういう流れがあって然るべきだ。

 ただ『I』が隠れてしまっただけのことで、ナイキ側の不備を指摘するだけの記事なら、「別におもしろいことばになったとか、そういうことはありませんが」と、最初に断りを入れておいて欲しい。

 「これは!」と、思いっきり期待して読み進めたのに、なぁんにもなかったときの失望感というものを、考えて欲しいのだ。


 ここまで書くからには、そうだ。なぁんにもなかったのだ。関係者の、「せっかくの新しいユニフォームなのに、台無しだよ」だとかいう、女子どものような愚痴しか書かれていない。非常に残念だ。

 せめて嘘でもいいから、「『I』が隠れてしまったのは、尻の割れ目に吸い込まれたからだった」ぐらい書いてくれてもいいじゃないかと思う。そういうジャーナリズムがあっても、さ。 
[PR]
by lofibox | 2008-09-09 22:36 | ノーマルコラム
693号 「エコ生活への努力」
 ホルダーから引くだけで切れてしまう、薄くてもろいトイレットペーパーがあるだろう。


 会社のトイレで使っているのが、まさにそれ。コウンをひねり出した後、ペーパーに手を伸ばして引っ張ると、必ず最初のミシン目でぷっつり切れる。ホルダーから出てくるだけのわずかな圧力にすら、耐えられないもろさだ。

 ただでさえ、それだけ薄いトイレットペーパーであるから、最初のミシン目で切れたひと切れのペーパーでは、お尻を拭くのに十分とは言えない。


 しかし、だ。

 地球環境への配慮、つまりはエコが各所で叫ばれている昨今。トイレットペーパーが自分の意思とは無関係に、ひと切れだけになるこの状況を、無神経にやり過ごせるほど僕は鈍感じゃない。

 これもなにかの思し召し、と、多少のリスクは飲み込んだ上で、このひと切れでお尻を拭き切ることこそ、エコではないのか。エコとは、そうしたことの積み重ねではないのか。地球環境の改善には、個々の努力が必要だと聞いたことがある。僕も努力しなくてはいけない。


 こうした迷いのなかで、僕の指先は日々、エコとえんがちょの狭間で揺れている。会社のトイレに石鹸の類が備えられていないのも、リスクを加速させる要因になっているということは、言っておかなければならないだろう。
[PR]
by lofibox | 2008-09-08 18:15 | ノーマルコラム
692号 「さかなクン生態大図鑑」
 相変わらず、さかなクンから目が離せないでいる。


 休日。お昼のテレビ番組をなにげなく見ていると、『さかなクン生態大図鑑』という番組がはじまった。これは見ずにはいられない。溢れる興味を抑えきれない。

 番組では、長期間に渡り、さかなクンの日常にぴったりと密着してくれていて、まだ僕が知らなかったさかなクンの一面を、色々に垣間見せてくれた。例えばこんなところが挙げられる。


 ・さかなクンがよく口走る「ギョギョ」とは、強いて言うなら『口癖』である。
 ・使用頻度の高い『つかみ』は、「フィッシュ!フレッシュ!リフレッシュ!」である。
 ・『一期一会』 → 『一魚一会』 である。


 さらには、飛行機から降りる時は必ず、座席の前のテーブルに、感謝の気持ちとサインを認めたポスターを置いていくという、粋なところもみせてくれた。カッコイイぜ、さかなクン。


 最後に、さかなクンの奥深さというか、薄っぺらな愛護家とは違うぞ、というところを明確に覗かせてくれた話として、「さかなクンの仕事をひと言で表すと?」という質問に対し、

 「インタープリターです。」

 と、迷わず、はっきり答えていた。

 ここで、「お魚の伝道師です!」とか言ってしまわないところが、さかなクンが有する魅力の最たる部分なのである。覚えておきたまえ。
[PR]
by lofibox | 2008-09-05 21:47 | ノーマルコラム
691号 「伊豆の山林に遺体」
 『出来事そのものが、作り話ではないのかと疑うほど、奇怪で面白く、あまりいじるところがない話』という、フィクションを軽く凌駕するノンフィクションに出会うことがある。

 過去のコラムでぱっと思い出すところでは、うんこで爆弾をつくった女性たちや、肛門に電球を突っ込んで取れなくなった男性や、溢れる性衝動を抑えきれず、ひとりSMにいそしんで自分を縛り上げたところ、ほどけなくなり警察を呼んだ少年のことが思い出される。どの話も、まな板の上に乗せてからが悩ましかった。「素材が良すぎるのも考えものだな」と、呟いたものだ。


 とまぁ、こういう前フリをするのだから、当然、またそういう類の話に出会ってしまっているわけだけど、今回の話も相当に「素材が良すぎる」ので、要点だけさらっと紹介して終わりにしたいと思う。さらっと。


 1日の朝、静岡県の伊豆山中で、ビニールに包まれた女性の死体が発見された。警察は本部を設置して捜査に乗り出し、鑑識が現場を調べ、捜査員30人が現場周辺の聞き込みを開始。署に遺体を持ち帰っての検死が決定された。

 異変を察したマスコミ関係者が警察に問い合わせ、署は「死体遺棄事件」を報道発表。地元紙の夕刊に、「伊豆の山林に遺体」と、現場写真付きで報じた。

 だが、検死に取り掛かって判明したのは、その遺体がダッチワイフだという事実だったのである。スゴイぜ!
[PR]
by lofibox | 2008-09-04 15:06 | ノーマルコラム