生乾きの与太話をモゾモゾと書いてます。読んだアナタの口元が、「ふにゃ」と緩めばしてやったり。日常の隙間にご覧あれ。
by lofibox
シミズマサトの音楽・落語の予定はこちら
◆シミズマサトFacebookページ◆


【メールを送る】
イベントのお問い合わせや感想など、お気軽にどうぞ。
カテゴリ
全体
ノーマルコラム
曲紹介
ライブ動画
ライブ情報など
長編小説的「YAKYU」
以前の記事
2018年 08月
2018年 02月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 04月
2004年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2001年 01月
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
747号 「おなら」
 犠牲フライ定食調べによると、人前でおならをする時、たいていの人がぶちかます前後数秒の表情を変えないことがわかっている。直前が半笑いなら半笑いのままぶちかまし、直前が泣きそうなら泣きそうなままぶちかます。

 「たいていの人は人前ではぶちかまさないよ」という意見をもらったこともあるが、それは信じられない。

 さて、人前でおならをぶちかますのが是か非か。これはマナーだとかモラルだとかの問題だと思っていたが、ところ変わればルールも変わるようで、こんなニュースを見つけた。


 なんでも、アメリカはフロリダ州で、中学2年生の生徒がスクールバスの利用を3日間禁じられたらしいのだが、その理由が、バス内でおならをぶちかましたからだと言うのだ。

 関係者によれば、バスでおならをしてはいけないという規則は存在しないが、バスで騒ぎを引き起こすことは禁じられているらしい。「騒ぎを引き起こした」とは、おならぐらいで大袈裟な、と思いたいところだが、記事によると生徒のおならは「息ができないほどの悪臭」であったそうだ。その一文だけ見ると、これはよほどのことだ。息ができないのはマズイ。

 この厳しい処分について生徒は、「おならをしたのは自分ではない」と主張しているらしい。こう主張するぐらいだから、やはりスクールバスが利用できないのは困るのだと思う。本来、おなら絡みの話など笑って済ませてしまいたいものなのに、厳しい処分だなぁ。



 とか思っていたら、昨年には授業中におならをしたことで13歳の生徒が逮捕されているらしい。逮捕。おならで?ひええ。

 おならに厳しい土地柄。訪れる際は、ケツの穴を引き締めての行動が求められる。
[PR]
by lofibox | 2009-03-26 18:22 | ノーマルコラム
746号 「たとえたい」
 天丼と天井はよく似ているけど、どこが違うかと言えば、点があるかないかだ。

 言い直すと、天丼と天井と、どちらにも「てん」はあるのに、違うのは「てん」があるかないかである、ということ。哲学的でもあるようで、ただのダジャレのようでもある。

 これをなにかの例え話に使ってみたいぞ、と思っているのだけど、なかなかこれがハマる話が出てこない。希望としては、至極マジメな話のときに挟み込んでみたいんだけどなぁ。

 要点をまとめている、とか、得点をあらそっている、みたいなシチュエーションで、なにかしら「点がらみ」の話ならさらに良いし。そうそう、出来るだけキレイなカタチで言いたいんです。ええ。たぶん、めんどうくさがられるでしょうけど。
[PR]
by lofibox | 2009-03-25 20:30 | ノーマルコラム
745号 「お片付け」
 「ハゲ散らかす」という言い回しがあるだろう。

 誰が考えたのかわからないけど、ひどい話もあったもんだと思う。


 この言い回しのもっとも酷なところは、だいたいみんな子どもの頃に、「散らかしたら片付けなさい」と教わって来ていることにある、ということは語っておくべきだろう。つまり、「散らかっているよ」と指摘されれば、「片付けなきゃ」と思ってしまうように、我々は教育されているわけだ。

 しかし、この場合に片付けるということは、まんべんなく生やすことで整理するか、まんべんなく抜いて収納するかのどちらかしかない。悩みの種はまさにそこだというのに。


 かく言う僕も、我が家の血筋の男が代々ハゲ散らかして来ているという事実を抱えており、身構えながらその時が来るのを待っている。散らかったものをどのように片付けるかの選択。まだ答えは出ない。
[PR]
by lofibox | 2009-03-23 21:14 | ノーマルコラム
744号 「人々の自由を弾圧しているアナタへ」
 便秘を解消したいとあれこれがんばっているアナタは、自分のからだからの自由を求める声に耳を傾けてみてはどうだろうか。


 自分のためにする手間や我慢というのは、なかなか続かないものだ。勉強だとか、ダイエットだとか、禁煙だとか、ついつい自分を甘やかしてしまうということはあると思う。

 そこで、「この便秘のせいで苦しんでいるのは、自分だけじゃないぞ」という話に置き換えてみようということだ。自分のためだけじゃない何か。その理由をつくろうというわけ。



 まず考えなければいけないのは、要するに便秘というのは、腸内の自由を弾圧しているとも言える状況だということだ。人々の声は政治という名の暴力によってかき消され、「いつになったらここから抜け出せるのか」と嘆きながら、光のみえない日々を過ごしている。ひどい社会。こんなことが許されていいのか……。


 いや、ちがう。そんな社会をつくったのは、他ならぬアナタだ。アナタの便秘によって、この自由が許されない社会はつくられた。

 民衆が自由を求める力がいくつかの革命を起こしてきた歴史はあるけれど、その革命がアナタにもたらすのはえんがちょだ。自由を求める力とは、革命を起こす扉の向こうにまだパンツという名の布があることなどおかまいなしであることまで含めて、自由なのだ。それを恐れたアナタは、これまで何度もその自由を弾圧してきているだろう。油っこいものとかたくさん食べたりして。


 いいか、アナタよ。アナタが便秘でいるということは、そういうことなのだ。自分の肌が荒れるとか、自分の腹がぽっこりしているとか、そんなことはどうでもいいのだ。もっとからだの声に耳を傾けてみたまえ。


 聞こえるだろう、自由を求める声が。

 感じるだろう、革命を願う衝動を。

 受け入れるんだ!そして解放しろ!人々の自由を解き放て!開門!開門!







 どこにも着地できそうにないところまで来てしまったので、このへんでヤメときます。満足です。
[PR]
by lofibox | 2009-03-22 22:33 | ノーマルコラム
743号 「ビスケット・ブルース」
 「ポケットをたたくとビスケットがふえる歌」は、いくらでもビスケットをふやせちゃう、夢のようなおとぎ話を歌っているのだと思っていた。

 しかし、この歌には「ポケットをたたくとビスケットが2つに割れるので、それをふえたということにする」という解釈もあるらしい。というか、そっちがメジャーなんだそうだ。そうなのか。

 そうだとしたら、この歌のジャンルは童謡ではなく、ブルースであると言えるだろう。あの軽快なメロディに誤魔化されていたけど、歌っている内容はかなりのせつなさ。おしんの世界感である。


 おなかをすかせたおとうとといもうと。そして、おにいちゃんの手元にはいちまいのビスケットだ。おにいちゃんは努めて明るく陽気に、この歌をうたいながらビスケットをたたき、割れた2つをおとうとといもうとにあげるのだろう。大喜びでビスケットをたべる2人。それを笑顔で見守るおにいちゃん。ああ……。

 ここまでイメージすると、軽快なメロディもかえってつらく聞こえてくる。ビスケットを割ったポケットをひっくり返して、割ったときの粉をホコリともども食べているおにいちゃんのことを想うと、ブルースはさらに響き渡るのであった。
[PR]
by lofibox | 2009-03-09 21:31 | ノーマルコラム
742号 「認めない、認めない。」
 いよいよ年貢の納めどきというか、覚悟を決めたほうがいいのかもしれない。

 ここ3年ぐらい、この季節になるとちょっとした風邪を引くようになっていた。いつもより少し鼻水が出て、いつもより少しくしゃみが出る。あぁ、これは風邪だ。風邪を引いているんだな、と。


 そして今年。鼻水が出る。くしゃみも出る。そして、目が痒い。


 目が痒い、というのは、風邪の症状にあたるだろうか。あたらないような気がする。いや、そういう風邪もあるかもしれないし、とりあえず「ググって」みよう。ゆとりだからわからないことはすぐググるんだ。世代ちがうけど。

 うーん、ない。やっぱり目が痒いのは風邪とは関係ないみたいだ。ええと、他に理由、理由、理由……。


 くっ、認めなければならないというのか。これが、花粉症だということを。
[PR]
by lofibox | 2009-03-08 14:15 | ノーマルコラム
741号 「1000円ください」
 ドイツの調査機関が発表したところによると、ドイツ人の64%が性に関する話題を嫌うことが明らかになったらしい。シモの話禁止。ドイツ、生きにくい。

 我が国にも、シモの話題に対して「ワタシそんなのわかんな~い」とブリブリのスタイルを決め込む女子が生息しているが、この手合いはむしろシモの話題を嗅ぎつけては自らその輪に入り、その上で「ワタシそんなのわかんな~い」とブリブリしてみせる策士なので、嫌っているどころか好物であるともいえる。


 さて。トークの潤滑油であり、抑えの切り札でもあるシモだが、現在その取扱いがどんどんむつかしくなっていることに気づいている人が、はたして何人いるだろうか。

 平成も早や20年。現代のシモにはインテリジェンスが求められるようになっているのだ。


 想像になるが、おそらくドイツ人の64%が嫌っている性に関する話題というのは、「昭和のシモ」を指しているのだと思う。昭和のシモとは、所謂うんこちんちんを媒介とした感染力の強いえんがちょであり、レシピも1行で済むような単純製法の飛び道具であるが、これがインテリジェンスを適量混ぜるシモのレシピとなると、10行や20行ではきかなくなる。再現するのも簡単ではない。

 しかし、何度もそのレシピに取り組み、技術を磨いていけば、いつかはドイツ人相手にシモの話をすることが出来るようになるはずだ。そうなれたらどんな良いことがあるのかまで知りたいアナタは、1000円くれたら教えてあげます。
[PR]
by lofibox | 2009-03-03 12:39 | ノーマルコラム