生乾きの与太話をモゾモゾと書いてます。読んだアナタの口元が、「ふにゃ」と緩めばしてやったり。日常の隙間にご覧あれ。
by lofibox
シミズマサトの音楽・落語の最新予定はこちら!
◆シミズマサトFacebookページ◆


※ライブ情報の詳細はFacebookページをご覧頂ければ幸いです。

【メールを送る】
チケットの取り置きや感想など、お気軽にどうぞ。
*-*-*-*-*-*-*-*-*
◆ライブ情報◆
────
7/26(水)
心斎橋「パルチザン」
w/磯崎陽平(50/50's)
開場19:30/開演20:00/¥1500(1ドリンク付)
────
8月3日(木)
日本橋「太陽と月」
<居酒屋シミズ>
19時開店予定
────
8月6日(日)
塚本「エレバティ」
w/槇平れん/市場寿司郎/米谷考平/シンコウズ
開場18:00/開演18:30/adv¥1500/door¥2000(1dr別途)
────
8/19→20(土・日)
三重 豊津上野「海の家ええかげん」
<ミエフェス。vol.8>
開場10時/開演11時
────
8/21(月)
名古屋 池下「GURU×GURU」
開場19:30/開演20:00/¥1500(要1ドリンク注文)
出演:シミズマサト/稲造/他
────
8/27(日)
東心斎橋「居酒屋ほおずき」
<日本酒と落語の会>
出演:古今とこ頻ん尿/ナマス亭ひとり
開演:18時(各一席ずつ)
────
9/24(日)
東心斎橋「居酒屋ほおずき」
<日本酒と弾き語りLive」
出演:いわいあや子/シミズマサト
1部開演:18:00〜/2部開演:19:30〜/¥投げ銭
────
(敬称略)

*-*-*-*-*-*-*-*-*

↓文庫本が出来ました↓

あまりに少ない初版数に、出来たその日から品切れ中。増刷に向けて労働します。とほほ。

*-*-*-*-*-*-*-*-*

◇終了したライブ◇
▶2010年までのライブ一覧
▶2011年のライブ一覧
▶2012年のライブ一覧
▶2013年のライブ一覧
▶2014年のライブ一覧

1/7 シルバーウイングス
関口哲也/立川玄

1/11 太陽と月
前原淳平/川内聡一朗/ショウジョウハイライト

1/24 かつおの遊び場
半田悦久/ひとりナマステ/rufflls

1/26 ワンドロップ
森口英彦/磯山達也/

1/30 太陽と月
岡田真美/かるちん/萌えもえにゃんにゃん

2/3 エレバティ
新巻和樹/岩井わい/きたぼー

2/5 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

2/12 Mele
井戸正太/後藤明/おはるの時間/陸奥拳

2/14 太陽と月
ベベルとエンボス/記憶ソーダ/lee:no

2/18 酔夏男
町田直隆/岸っしゃん/ぶすぶりっこ/キャミストリー/石田千尋

2/20 パルチザン
田渕光成

4/12 Brothers & Sisters
lee:no/稲田一馬/

4/23 Mele
口石和人(サンドバックス)/柴田太尊/辰巳慶一/山下ヒロシ(ラダー)

4/25 パルチザン
堀田ダチオ

4/29 ファンダンゴ
<パルチザン10周年記念イベント>

5/1 アヒルノ
<リニューアルパーティー>

5/2 パルチザン
カシダ

5/3 太陽と月
<第一回よせて寄席>
鯉鮎亭ボタン/ロック亭チリ紙/ロック亭ルーズ/三名/ひとりナマステ(ギター漫談)

5/13 エレバティ
フラフープス/礒野聖矢/Theムッシュビ♂ト

5/17 テハンノ
seiji/山田智史/トウギシカズヤ

5/24 太陽と月
小泉洋平/CAT FISH KING/ミッキー大畠

6/4 Mele
UpperSixx/Beg/ナガタヨシキ/ytakeko(oops! here I go again)

6/18 酔夏男
金丸亮太(雨市)/キタ(than)/さかもとたかはる

6/20 Mele
<Barプカプカ20周年記念ライブ>

6/26 太陽と月
Katsu/福重ユキオ/Tiny

7/3 エレバティ
石の拳/THE HOT TiMES/モンゴリアンダイナマイツ/見市雨桃

7/16 Mele
井戸正太/moca/辰己慶一/UpperSixx

7/20 太陽と月
<第二回よせて寄席>
鯉鮎亭ボタン/三名(みつな)/猪家熊吉/ミサイル濱野/おぎの信号/露の新幸

7/28 パルチザン
<実機なき戦い>
登山正文 VS シミズマサト ツーマンライブ

7/29 酔夏男
『背筋も凍る怖い話大会〜絶対にSNSにはあげられない〜』
じゃっく

7/31 気仙沼まただいん
鯉鮎亭ボタン/くぼ&みのうら/Tender and Paul.Naru

8/4 ネガポジ
谷直也(gue)/リュウジ/伴野一輝

8/15 海の家 ええかげん
<ミエフェス Vol.6>

8/22 VOXhall
町田直隆/マルヤマトモコ/キチュウ

8/25 テハンノ
「悠」/くビれ/

8/28 太陽と月
キタ(than)/バニーマツモロ/siva

9/13 太陽と月
シミズマサト主催イベント
<エンゲイミュージアム>
じゃっく(イヌガヨ)/正垣祐樹/ひこーき雲/馬と魚/市村マサミ/鯉鮎亭ボタン/露の新幸/ひとりナマステ/デジタルケイタ

9/17 Mele
広島綾子(東京)/はあとぶれいく/辰巳慶一/滝口ナオシゲ/

9/25 エレバティ
岩井わい/ キタ(than) /玉木英雄(キリングマネーズ)

10/1 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

10/2 Mele
朝倉祐太(モンスターロシモフ)/cue/マロニエ堂/橋村恭平

10/11 そぶら山荘
<ハミングバードフェスティバル>

10/23 太陽と月
阿木伸雄/萌えもえにゃんにゃん/藤本歩美

10/25 ライヴ喫茶 亀
<デジ亀寄席>
つづら/まとばっくす/桐のはこぶた/桐のぎりぎり/女御亭伝喜
企画・構成 高田豪

10/30 プカプカ
<生音ライブ>

11/6 Mele
口石和人(サンドバックス)/マロニエ堂/滝口ナオシゲ/市川与一

11/7 パルチザン
Capo

11/23 太陽と月
<第3回 よせて寄席>
鯉鮎亭ボタン/三名/ロック亭メロディ/Muicy

11/27 エレバティ
バカ力/しんぐべー(黒色青年)/ぴろ男爵

12/3 セラー
<アメ村フォークジャンボリー>

12/4 BlueEyes
立川玄/ゆとリズム♨︎

12/13 太陽と月
不二才/小泉洋平/矢本健士

12/19 音家松林商店
方々/儀間博幸/THE★わたる

12/21 パルチザン
奥村由希

12/30 Mele
<メレメレ忘年会>

1/5 エレバティ
市村マサミ/進藤宏希/リー・ルード/吉見拓哉

1/17 太陽と月
<新春!第四回 よせて寄席>
鯉鮎亭ボタン/三名/夕凪亭あおひげ

1/18 酔夏男
<新春ホームラン王決定戦>

1/21 Mele
THE HOT TiMES/あうんさん・すうじぃ/Risa, Steg & Mayers

2/12 パルチザン
杉本ユーイチ

2/14 Cafe&BAR 大丈夫
<第1回大丈夫杯 大喜利選手権>
やっさんブル/あまっぺ(タロッツ)/Fワラさん/なべちゃん(Lainy J Groove)/わんぱく清水/大喜利司会:カジワラコウジ

2/18 tora
まえざわけんいち/快賊guld+/あわめ/芽衣子

2/27 酔夏男
岡部洋子/サワラデザート/藤井えい子/あさじ

2/29 Mele
口石和人(サンドバックス)/雪盗境士/シモヤンツジヤン/ナガタヨシキ

3/3 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

3/17 エレバティ
キタ(than)/びばオチアイ/kitabow/ビリーボーイ

3/19 BlueEyes
浮浪雲/VJ☆脱肛/寅(富山)/登山正文(私の思い出)

3/26 太陽と月
沸き出せ!温泉ズ/大島圭太/キタ(than)

4/2 クラブウォーター
イッポンマツ/小川アキオ/モンキーサイクル/方々(HOBO)&みっちゃん&長芳弘

4/13 ネガポジ
ヘテロズ/永倉彩乃/Novelman

4/22 セブンデイズ
<真下梓レコ発>
真下梓/石田千尋

4/29 ファンダンゴ
<パルチザン11周年イベント>

5/3 ライヴ喫茶「亀」
つづら/まとばっくす/泥亀亭ヤング/山田とし

5/14 Cafe&BAR 大丈夫
マサ・タケダ/モロボシキルオ

5/17 酔夏男
田高健太郎/傷心の松/サワラデザート/藤山拓

5/20 Mele
<メガネのスリーマン>
マロニエ堂/ムッケンナガノ

5/22 宙空Bar テオ
<宙空Barテオ こけら落とし寄席>
ジョン・リー・ふか丸/麻石家パンク

5/29 Cafe&BAR 大丈夫
<いつまでも世界は…>

6/2 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

6/10 tora
ハナウタ/山本悠介/畑歩/KEEWO

6/16 エレバティ
生き仏/見市雨桃/僕のカリフラワーちゃん/フラフープス

6/19 BARプカプカ
キウチユウスケ

7/12 太陽と月
方々(HOBO)/カオリーニョ藤原/外村伸二

7/16 Cafe&BAR 大丈夫
マサ・タケダ/モロボシキルオ/橋村恭平

7/24 居酒屋ほおずき
正垣祐樹

7/31 太陽と月
<第伍回 よせて寄席>
ナマス亭ひとり/ロック亭チリ紙/三名/罪華子

8/1 酔夏男
さかもとたかはる/岸っしゃん/下町ドンピシャーズ/市村マサミ/親斗

8/12 GURU×GURU
マサ・タケダ/モロボシキルオ

8/20-21
<ミエフェス vol.7>

8/30 エレバティ
町屋菊一/松本英二郎/吉見拓哉/スケモンのロング

9/1 セラー
<フォークジャンボリー>

9/3 tora ※落語
瀬戸楓太/市村順平/関大介

9/9 酔夏男
廣瀬義政/金丸亮太(雨市)/サコウイサオ/豊田梵

9/15 Mele
じゅん☆ONE/辰巳慶一/後藤明/山下ヒロシ(ラダー)/ツキミツカオリ

9/24 Ma-ha
<Moodoor vol.33>
Music:Tisavo/大停電(solo)/Tsukiko LOVE/シミズマサト
Live Paint:silsil/松田真哉/tsubasa./コジマユイ

10/2 プカプカ
<生歌ワンマン>

10/8 大丈夫
モロボシキルオ/橋村恭平/だいすけ/マサ・タケダ

10/15 パルチザン
いわいあや子/大石隼輔

10/21 tora
than/吉見拓哉

10/28 Mele
ザ・ディディディディーズ(東京)/NIAGARA BUILDING/THE PENNY LANES

10/30 太陽と月
<第六回よせて寄席>
鯉鮎亭ボタン/三名/ナマス亭ひとり/古今とこ頻ん尿

11/3 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

11/12 ReedCafe
大津光央

11/13 ほおずき
<ひやおろしと弾き語り>
マサ・タケダ

11/20 太陽と月
<ヒントのピント>
露の新幸/ひとりナマステ

11/22 Mele
吉見拓哉/ぴろ男爵/滝口ナオシゲ/辰巳慶一

12/3 大丈夫
マサ・タケダ/橋村恭平/高倉尚吾

12/12 Guru×Guru
429/星空じゅんこ

12/17 パルチザン
キタムラリョウ/ハグ林

12/21 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

12/30 Mele
<メレメレ忘年会>

1/6 酔夏男
藤山拓/よりえ/キタ(than)/市村マサミ

1/20 エレバティ
米谷考平/オータムス(単騎)/鈴本彰

1/23 酔夏男
ザ・サウスソース/立川玄/豊田梵/ユウキミリオンセラー/まえだけんた

1/29 太陽と月
<第七回 よせて寄席>
濁り酒二合/ナマス亭ひとり/サオリン城間

2/3 酔夏男
岡部謙吾/マサ・タケダ/さかもとたかはる/秋山カラスウリ

2/16 tora
ザ・ツイてるず/脳内麻薬/The Hula Foops/パン〜THE王様クジラ〜

2/18 パルチザン
いわいあや子/大石隼輔

3/8 ネガポジ
伯川修平/Nonsugar/Novelman

3/12 居酒屋ほおずき
じゃっく(イヌガヨ)

3/31 GURU×GURU
橋本進/ギターうなぎ

4/12 鮨処小町
Nの集落/マサ・タケダ

4/15 パルチザン
<シミズマサト独演会>

4/22 BARプカプカ
市村マサミ

4/29 ファンダンゴ
<パルチザン12周年イベント>
ジャカランタン/西島衛/浮浪雲/久保田和之/市村マサミ/マサタケダレディオデイズ/清水由貴/アフターアワーズ/ロマネ/らせん/Bacon

4/30 太陽と月
<第八回 よせて寄席>
野D/ミサイル亭濱野/ナマス亭ひとり/三名/魅多羅詩じゅん子

5/8 酔夏男
藤山拓/320/傷心の松/飛松正輝/オガサワラヒロユキ

5/11 BEATLE
<フォークジャンボリー>

5/26 エレバティ
吉見拓哉/びばオチアイ/siva/岩井わい

6/4 朝日温泉
<銭湯に行こう!Vol.6>

6/10 パルチザン
いわいあや子/大石隼輔

6/13 パルチザン
<落語三人会>
武田家酔ん愚/濁り酒二合

6/16 tora
芽衣子/おーやなち。/武内太一

6/18 プカプカ
磯崎陽平(50/50's)

7/1 酔夏男
もりやまかずひさ/じゃっく(イヌガヨ)/岡部謙吾(イヌガヨ)

7/8 Mele ※シミズ楽隊にて
THE HI HAT WHISKY/ザ・サンダーボーイズ

7/12 ロフトプラスワンウエスト
<御SHOW会LIVE 第三夜>
徳永由希/なかのいくみ/あんどーまいか/山本新/ぼけなすび(ヒミツノミヤコ)

7/21 酔夏男
市村マサミ/豊田梵/キタ(than)/井上聖悟


*-*-*-*-*-*-*-*-*
[ Profile ]
清水雅斗:かに座
*-*-*-*-*-*-*-*-*
カテゴリ
全体
ノーマルコラム
曲紹介
ライブ動画
ライブ情報など
長編小説的「YAKYU」
以前の記事
2018年 02月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 04月
2004年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2001年 01月
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
781号 「オナホール」
 タイトルからなんとも尾籠な話で恐れ入るけれども、最近友人のMさんがしきりにオナホールを欲しがっている。


 「最近は、オシャレな見た目をしていて一見してもオナホールとわからないヤツが発売されているらしいんだが、オレは昔ながらのゴム製みたいなヤツが欲しいんだ。いかにもな感じの生々しい形状がいいんだ」

 と、かなり前のめりだ。

 そうまで欲しいなら、すぐに買えばいいじゃないかと思うところだが、どうやらそこが甘くない。嫁さんにバレたらどうするのか。そりゃあもう、大変なことになるのだ。そんなワケで、なにか良い対策はないものかと思案に暮れているMさん。


 普段からMさんとは仲良くさせてもらっている。先日は僕のライブにも足を運んでくれた。そんなMさんのため、僕も頭をひとひねりして、このような対策をプレゼンテーションしてみた。

 (1) 奇妙な形をしている現代アート的なオブジェを3~4個購入。

 (2) それを数回に分けて家に持ち帰る。

 (3) (セリフ)「最近、こういうのに興味でてきてさ」。

 (4) カウンターテーブルあたりにまとめて飾っておく。

 (5) 頃合いをみてオナホールを購入。

 (6) いっしょに飾る。


 どうだろう。木を隠すなら森、エロを隠すならアートというわけだ。

 しかし、Mさんからは「それはダメだ」といわれてしまった。聞けば、オブジェを飾れるような洒落たスペースがないらしい。うーん、洒落たスペースがないんじゃあ、しょうがないよなぁ。
[PR]
by lofibox | 2009-10-29 19:59 | ノーマルコラム
780号 「定食屋の挑戦」
 会社の近くの定食屋の前を通りがかると、

 ・本日のランチ 「九州風 白湯(パイタン)スープ麺」

 という貼り紙がしてあった。


 この定食屋、実は普段からよく訪れているお店で、日頃から挑戦的なメニューを出してくるのが特徴である。過去の例を挙げると、「そうめんと月見ハンバーグ定食」に代表される乱暴な抱き合わせ系や、「チキンステーキのバジルソース風味 目玉焼きをそえて」に代表される、無意味なことば遊び系あたりが有名なところだ。


 そんなお店だから、

 「おっ、今日もがんばっているな」

 と、貼り紙をみた僕は思った。


 九州風白湯(パイタン)スープ麺なんて僕は聞いたことがないし、このいかにも「創作料理です」といった感じの料理名はまさに挑戦的。フロンティアスピリッツに溢れている。きっとここの店主は、日々新しい料理の研究に余念がないのだろう。しばしばものぐさになりがちな僕などは、見習わなくてはいけない。そうかぁ、九州風で、白湯のスープに麺が入っていて‥‥。



 ってそれ、ようするにとんこつラーメンのことじゃないか!
[PR]
by lofibox | 2009-10-22 20:43 | ノーマルコラム
779号 「ICOCAと僕」
 いい加減に僕もICOCAを使いたいんだ。


 仕事で外出する時など、同行する営業のTさんはスッと改札を抜けるのに、僕は改札から離れた券売機に小走りで向かいもたもたやっている。もういい加減に僕もICOCAを持つべきじゃないのか。Tさんからも、「持てばいいじゃない。便利だよ」と言われている。

 便利さはわかっている。面倒な手続きがないことも知っている。

 でも、どうしてもあの「チャージシステム」が僕を悩ませるんだ。


 このコラムでも散々書いてきたが、僕はしばしばうっかりしている。うっかりしているから、うんこをした後に尻を拭いたかどうかがまるでわからなくなるぐらいのものだ。そんな僕にとって、あの光景は恐怖でしかない。さっそうとICOCAをかざして改札を通り抜けようとした人が、「バタン!ピーピーピー!」とやられている、あの光景である。

 あの「バタン!」は、きっぷでもたまに起こることだが、実はICOCAの場合には「機械のせいにしにくい」という明確な違いがある。きっぷの場合、人間は券売機から改札まできっぷを運んでいるだけなので、「あらら、誤作動しちゃってるよ」なんて顔をしていれば切り抜けられる。まちがえて板ガムとか入れてない限り、だいじょうぶだ。

 しかし、ICOCAの場合は違う。どうみたってただのチャージし忘れなのである。もしかしたら本当の理由は機械の誤作動なのかもしれないが、真実はこのさい問題じゃない。どうみえるかという問題なのだ。ICOCAを持つということは、誤魔化しのきかない赤っ恥と背中合わせになる、ということなのである。


 もっと言うと、これはレアケースなんだろうとは思うが、たまに改札のICカード読み取り部分に勢いよくたばこケースを叩きつけているTさんも、僕の不安をかき立てる要因になっている。
[PR]
by lofibox | 2009-10-20 18:58 | ノーマルコラム
778号 「マンネリ逮捕」
 アメリカはダラスにて、「人の家の庭に忍び込んでは全裸で踊る」という行為を繰り返している男を警察が追っているらしい。


 この手のニュースは枚挙にいとまがなく、世界を見渡せばごくありふれた変態による事件なのだが、この男はただ踊るだけではなく、わざわざエアコンの室外機の上に乗って踊るなど、ステージを意識したパフォーマンスであるらしく、そのあたりの見せ方にこだわる点が個性的であるといえるだろう。

 さらにおもしろいのは、記事によれば警察はこの男を2005年から追いかけているということだ。2005年からというと、もう4年近くになる。こんな目立つことを繰り返している男を4年も逮捕できずにいるなんて。察するに、ちょっとおもしろいからしばらく見ておきたいという気持ちが警察にも混じっているのではないかと思う。

 その裏付けとして、警察のコメントを読んでみると、「犯行が悪い方にエスカレートするまえに男を捕まえたい」と言っている。違うだろう。エスカレートという言葉を用いるなら、こんなの誰がみたってもうエスカレートは終わっているじゃないか。


 ようするに、住んでいる人々の心に余裕がある町なら、それぐらいのことは笑いに変えてしまうぜってことだ。ある夜、庭に男がやって来た家の子どもは、翌日の学校に最大級のネタを持っていけるのだから。

 つまり、この男が逮捕されるとき。それは、「アイツそろそろ飽きてきたな」ってことだと思う。
[PR]
by lofibox | 2009-10-13 12:37 | ノーマルコラム
777号 「野菜いため」
 「野菜いため」って、完全無欠だと思うのだ。


 いや、冒頭から表現をまちがえている。完全無欠とひとことでは言い切れないのが野菜いためだ。甘美なことばであることも重要だし、野菜いためのなかには小さな宇宙があると言い切ってしまっても、「過大評価だ」など反論する人は誰もいないんじゃないだろうか。

 この「野菜いためぶり」に似たものがあるとしたら、「たまごかけごはん」が該当するのかもしれない。勿論、おなじではないのだが、会ったことはないけど血は繋がっているらしい、ぐらいのなにかはある。

 しかし、たまごかけごはんに比べて野菜いための評価はどうにも低い。それが歯がゆい。先日も、とある定食屋に入ると、「肉野菜いため」というメニューがあった。

 その、おでこに「肉」を付けているのはなんのつもりか、ということだ。誰に媚びて、何に屈して、おでこに肉を付けるのか。キン肉マンか。いや、野菜いための小宇宙に肉の居場所はないのかというと、そんなことはないのだ。野菜いためはでっかいから、何者も拒まない。ただ、この場合の「肉野菜いため」は、どう考えても野菜いためを過小評価していると言わざるを得ない。


 そう、野菜いための小宇宙を旅行するなら、僕はまずキャベツに向かって、もやしに立ち寄ったあと、ニンジンを目指すんだ。君もどうだい?
[PR]
by lofibox | 2009-10-05 13:29 | ノーマルコラム