生乾きの与太話をモゾモゾと書いてます。読んだアナタの口元が、「ふにゃ」と緩めばしてやったり。日常の隙間にご覧あれ。
by lofibox
シミズマサトの音楽・落語の予定はこちら
◆シミズマサトFacebookページ◆


【メールを送る】
イベントのお問い合わせや感想など、お気軽にどうぞ。
カテゴリ
全体
ノーマルコラム
曲紹介
ライブ動画
ライブ情報など
長編小説的「YAKYU」
以前の記事
2018年 08月
2018年 02月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 04月
2004年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2001年 01月
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
787号 「ちつかんじたの情報をお探しの皆様へ」
 このブログには、「検索ワードランキング」という機能が付いている。

 まぁようするに、この「犠牲フライ定食はじめました」にたどり着く人は、どんな言葉でインターネット検索をして来ているのかがわかる、という機能だ。

 で、久しぶりにそれを確認してみると、ダントツの1位ワードが「ちつかんじた」であることがわかった。


 ‥‥。


 たしかに、662号 「ちつかんじた」で取り扱ったワードではあるけど。でも、ちつかんじたに関する情報はなにひとつ書いちゃあいないんだ。テレビCMで女性が「ちつかんじた」って連呼しているのがゲヘゲヘでたまんねぇぜ、という下種な話を書いただけ。

 試しにYahooで「ちつかんじた」と検索してみたら、一番上に出てしまっていた。正しいちつかんじたの情報が載っていないのに、これはなんとも申し訳ない。


 ちなみに2位は、「ちつかんじた 写真」の同時検索。当店はポコチンの話は書けても、ちつかんじたの写真までは取り扱えないです。すまん。
[PR]
by lofibox | 2009-11-30 21:09 | ノーマルコラム
786号 「それはドMの変態だから」
 「お金を払うから、オレの顔につばを吐きかけてくれ!」

 カリフォルニア州で、10代の少年を軸にこのような声掛けを繰り返し、看板に偽りなくきっちりギャラを支払っていた39歳男性が逮捕されたらしい。惜しい人材がブタ箱に入ってしまったと思う。

 逮捕に用いられた手段は「おとり捜査」。その現場はよく男性が出没するショッピングモールであったらしく、薄暗い裏通りなどを選ばない、人目に晒されながらの堂々とした声掛けであったことからは、男性の清々しい解脱ぶりが伺える。


 その他、判明している声掛けのレパートリーも紹介しておこう。

 「みだらな言葉で怒鳴ってくれたらお金を払う」

 「オレの顔をひっぱたいて、さらにつばも吐きかけてくれたらお金を払う」

 「オレに小便、大便をかけてくれたらお金を払う」

 資本主義に新しい風を吹き込む金の価値観。時代は、「~~してくれたらお金を払う」というフレーズでの大喜利を求めている。


 記事の結びは、「動機は明らかになっていない」だった。いや、なってるよ。



 ※左メニューにライブ情報を追加しました。ぜひいらしてね。
[PR]
by lofibox | 2009-11-26 13:40 | ノーマルコラム
785号 「苺しるこ」
 いつものように日々のニュースを追っていると、こんな見出しを発見。

 「甘酸っぱい!いちごがゴロゴロ入った新感覚“苺しるこ”が女性に人気」



 女性に人気の苺しるこ、かぁ‥‥。

 うーん。むむむ。


 いちごしるこ、ねぇ。

 女性に人気、と。

 
 ‥‥。



 年を取る僕と、思春期である僕。共に栄える道もあるはずだ。
[PR]
by lofibox | 2009-11-25 16:55 | ノーマルコラム
784号 「キャプテン翼の未来」
 詳しくはわからないが、最近また「キャプテン翼」が熱いらしい。

 いや、友人がそう言い切っていただけなので、本当に熱くなっているのかどうか僕は知らない。ただ、友人の「翼くんは19歳で結婚して、子どもがもう2人いるんだ」という話は、なるほど面白いなと思った。

 というのも、キャプテン翼のアニメ主題歌を思い出してみると、歌詞のなかに「あいつのウワサで産婆も走る」という一節があったはずだ。

 面白みのあるストーリー展開とは、計算されたフラグの回収によって作られると言ってもいい。その点からしても、「翼くんは将来子だくさんになる」というフラグが、小学生時代から既に立っていたとなると、さすがの僕も驚きを禁じ得ない。

 あの主題歌でアニメが放送されていたのは、おそらく20年近く前だと思う。それだけの歳月を経て回収されたフラグの中身は、なんと「子だくさん」だった。これが綿密に計算されたシナリオだとするならば、おそらく翼くんの子づくりは11人目の男の子が生まれるまで終わらないだろう。そう、11人目の男の子が生まれるとき、規格外のサッカーチームが出来上がるのだ。

 その日が来るまで産婆は走り続ける。翼くんが夜の必殺シュートを決めたというウワサを聞いては、家を飛び出していくのだ。
[PR]
by lofibox | 2009-11-24 17:45 | ノーマルコラム
783号 「女神」
 とある駅前の広告スペースをみていると、「美容室 女神」という店のチラシが貼ってあった。

 美容室というのは、つまるところ女性が綺麗になるところである。女性とはやはり花であるから、綺麗がうえに綺麗を重ねるというようなことで、男性の目を喜ばせてくれる。そういう場所であるからして、「女神」という店の名前も相応なんだよ、ということは言えるだろう。店から出てくる女性はそれはもうひとりひとりが美しい女神のようになってだね‥‥。


 うん?このチラシのドンとのっかっている写真、これは「自由の女神」じゃないか。


 さぁ、話がひと筋縄ではいかなくなってしまった。女神に輪郭はない。ファンタジーだからだ。しかし自由の女神に輪郭はある。石像だからだ。女神はいろいろな髪型をしていてもいいだろう。ご想像にお任せだ。しかし自由の女神の髪型はあれだ。トゲトゲをかぶっているぐらいだ。


 こうなると、解釈と顛末はふたつしか考えられない。髪型の注文はできず、お客はみんな自由の女神風のトゲトゲデビューで店から出て来るパターンがひとつ。結果、ビジュアル系バンドのギタリストが余るだろう。ふたつは、自由の女神の名のもとにフレキシブルなビヨウシによるフリーダムなカットに身を委ねるパターンだ。なにかのテレビで、物凄く口の長いポットで曲芸のように遠距離からお茶を注ぐパフォーマンスをみたことがあるが、ああいうことが高枝切りばさみで行われるに違いない。

 太平洋の向こう側で、今日も女神はそれを見守っている。
[PR]
by lofibox | 2009-11-09 15:01 | ノーマルコラム
782号 「出勤はEカップで」
 中国で、「魔法のブラ」と呼ばれる商品が人気らしい。

 当然、ブラジャーにかかる魔法といえば、でっかくなっちゃう系であることは想像に難くない。その手の商品は日本でも売り出されていると思うが、このブラジャーの凄いところは、気分次第でBからEまで調整可能だというのだ。

 どうやらエアパッドというひみつ道具を膨らませる仕掛けらしいのだが、キャッチコピーを見てみても、「お仕事中はBカップ、ショッピングはCカップ、パーティーはDカップ、デートはEカップにもなっちゃう」と、調整可能であることを存分にうたっている。存分過ぎてこれ以上短くする気もなさそうだ。


 と、ここまではこの魔法のブラを紹介してきたが、正直これは困ったことになってきたなと思っている。男性諸君はみんなそういう感想を持ったのではないだろうか。

 一定にでっかくなっているのはいいんだ。それはもう格好の一部ということで、僕らも紳士的に受け入れることができるだろう。しかし、気分次第でぶんぶんカップを変えてくるというのは、もうどうしたらいいのか。昨日Bだと思っていたのが今日はE。あ、Eかな、と思ったら明日はDである。アルファベットの序列も崩壊して、混乱の極みに達した僕らは自分の名前すらあやふやになるだろう。宅急便が受け取れなくなる。


 このブラジャー、正式名称は「神奇魔術ブラパッドBCDEカップ」であるらしい。僕らがかかる魔法の恐ろしさからすれば、これぐらい怪しげな名前であって然るべきだろう。ブラカップ界も世紀末を迎え、これからはBだのEだのいっていられない時代に突入する。こうなっては、僕ら男性もデート中はB、仕事中はEになったりすることで乗り切るしかなさそうだ。あやふやな世界に対して生真面目に接しても仕方がないのだから。
[PR]
by lofibox | 2009-11-04 00:22 | ノーマルコラム