生乾きの与太話をモゾモゾと書いてます。読んだアナタの口元が、「ふにゃ」と緩めばしてやったり。日常の隙間にご覧あれ。
by lofibox
シミズマサトの音楽・落語の予定はこちら
◆シミズマサトFacebookページ◆


【メールを送る】
イベントのお問い合わせや感想など、お気軽にどうぞ。
カテゴリ
全体
ノーマルコラム
曲紹介
ライブ動画
ライブ情報など
長編小説的「YAKYU」
以前の記事
2018年 08月
2018年 02月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 04月
2004年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2001年 01月
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧
796号 「聖夜に躍る狂気と狂喜」
 メリークリスマス!今日は1年でもっとも「狂気」と「狂喜」が融合した記事が紙面に躍る日、聖夜である。


 過去の聖夜を振り返れば、577号 「メリークリスマス」で紹介したように、世界規模で惨劇と寸劇が切磋琢磨しており、大変にエキセントリックな夜が歴史に刻まれているわけであるが、どうやら今年の流行は「引きちぎる」。とにかく各国でやたらと引きちぎられているのだ。


 まず引きちぎられてしまったのは、世界中のリサイクル業者のあこがれの的、「サンタのおじさん」がたくわえているひげである。

 引きちぎったのは19歳の女性。つい今しがたまで機嫌良くサンタのおじさんの写真を撮っていたかと思ったら、いきなりひげをぐいと掴んで引きちぎり抜けたらしい。何かが気に入らなかったのか、それとも完全にキマっていたのか。まさに狂気、まさに狂喜である。


 続いて引きちぎられてしまったのは、なんと男性のポコチンだ。ひぃぃ。

 引きちぎってのけたのはやはり女性。いきなりポコチンをぐいと掴んで力任せに引っ張り、ポコチンが、そのポコチンが、さ、裂けるまで、引っ張りまわして‥‥。ぎゃあああ。


 思わず下半身が縮こまってしまった諸兄のために紹介しておくと、さすがに聖夜であるから、なんでもかんでも引きちぎっているのかというと、そうでもない。「全裸でサイクリングをしていた若い男性を、女性警官が大目にみた」という心温まる記事もあったことは、書き添えておこう。メリークリスマス。みんなに幸あれ。
[PR]
by lofibox | 2009-12-25 21:10 | ノーマルコラム
※コラムの外側 -> ライブのこと (2009/12/23・24)

クリスマスはイヴとイヴイヴで飛び入り行脚でした。

2009年12月23日(水・祝) -> 十三 「テハンノ」
2009年12月24日(木) -> 谷町9丁目 「ワンドロップ」 -> 日本橋 「太陽と月」

なんとも楽しい2夜。
メリークリスマスはおまけみたいなもので、愉快に喋り、美味しく酒を頂きました。
デイビット襲名。ココハアサクサ?アカサカ?アサハカ?



[[[ 歌った曲目 ]]]

- AFTER HOURS -
- 暗闇坂は七変化 -
- 茜 -
- 11月のサナギウム -
- カーニバル -
- Hide'N'Seek -




※次のライブは1/16(土) 日本橋 「 太陽と月」です。
詳しくは左メニューのライブ情報をば。

[PR]
by lofibox | 2009-12-25 12:37 | ライブ情報など
795号 「DV被害」
 冬に白い息をはいている女性はいつもよりかわいくみえる。そこで、そういう女性のことを「白息姫」と呼ぼう。深夜の音楽番組で、そういう趣旨のことを言っていた。

 なるほど、そういうことはあるかもしれない。冬の寒空に、白い息。これがドラクエならその白い息はヒャダルコだということになるわけだが、これはドラクエではない。やはりこう、寒さをこらえている健気な感じが良いのだろうか。

 いや、そのあたりのメカニズムはともかく、ここで問題にしなくてはいけないのは、せっかくかわいくみえる女性のことなのに、なぜダジャレでまとめてしまうのか、ということだ。白雪姫にひっかけて白息姫。かわいさも健気さもすべてダジャレにかき消されてしまっている。どうしてこういうことが起こってしまうのか、ニッポン。

 スポーツ新聞の見出しならともかく、若い世代向けの真っ当な音楽番組で放たれてしまったダジャレ。ダジャレの方としても、いきなり異国で置き去りにされたような感覚だろう。ダジャレ虐待。そう、こんなのはダジャレに対する虐待だ。世間でDVとも言われている、いわゆるダジャレスティック・バイオレンスというヤツじゃないか。なんてことだー。わー。

 年末年始は各メディアもお祭り状態なので、こういったDV被害が多くなることが予想される。こういう悲劇を繰り返さない為にもしっかり目を光らせていきたい。ピカー。
[PR]
by lofibox | 2009-12-22 02:58 | ノーマルコラム
794号 「老いてますます盛んな珈琲屋」
 会社の近所にある一軒の珈琲屋さん。昔ながらの喫茶店という感じで、かなりお歳を召したおじいさんとおばあさんが2人で切り盛りしている。雰囲気もよく珈琲も美味いので、僕のお気に入りの店だ。

 さらにこのお店、カウンターの後ろの壁にかけてある額に、「今月の目標」を掲げているところも見逃せない。そこには毎月違うことばが書かれており、「より丁寧な仕事を」や、「店内をより美しく」など、それを目にする僕の方も襟を正されるような内容だ。おばあさんの方などは腰も曲がって立ち仕事も楽ではないだろうに、この引き締まった仕事ぶり。頭が下がる思いである。

 そんな素敵な珈琲屋さんに、僕は今日も足を運ぶ。

 仕事が煮詰まった時や、休憩時間に本を読むときなど、ほっと一息つきながら美味しい珈琲に手を伸ばすのだ。そして、ふとカウンターの後ろの壁にかけてある額に目をやると‥‥。


 「迅速な動き」



 そ、それはいいじゃないっすか。ねえ。
[PR]
by lofibox | 2009-12-21 17:07 | ノーマルコラム
793号 「茶魔語翻訳」
 リッチな挨拶といえば、そう、ともだちんこである。

 アニメ、「おぼっちゃまくん」のオープニング曲にある一節、「ぽっくんは歩く身代金」には、子どもの僕も度肝を抜かれたものだ。「ハート寂しかぶぁいやいやい」と、センシティブに始まるBメロは、「金で解決ぶぁいやいやい」と締め括られ、ハートが寂しか理由をそこはかとなく感じさせているこのハイセンス。なんなんだ。

 おぼっちゃまくんといえば、亀を乗りこなすことでも有名である。何匹もの亀が規則正しく並び、紐を掴んでバランスを取りながら進むその様は、まるで犬ぞりのようだった。これにならって亀ぞりと呼んでしまうと大変に卑猥なことばになるので、みんなは自粛して欲しい。

 それから、やはり茶魔語について触れないわけにはいかないだろう。僕がいちばん好きな茶魔語は「屁ぇー国道」だった。おケツから敷かれた国道にうんこと自動車が走り出す、あのセンセーショナル。英語でいうとどうなるのだろうとエキサイト翻訳にかけてみたら、「It is a national road as for the wind.」と訳された。屁と風をいっしょくたにして「wind」とするとは。英語、乱暴な言語である。

 ついでにともだちんこも翻訳してみたが、結果は「Friend penis」。うーん、そりゃそうか。
[PR]
by lofibox | 2009-12-18 20:37 | ノーマルコラム
792号 「北海道コスメ」
 詳細はよくわからないが、「北海道コスメ」という化粧品が人気で、その化粧品はシャケで出来ているらしい。


 シャケが化粧品になる。広がる自らのポテンシャルにシャケ界も色めき立っているかどうかは知らないが、とにかく面白みのあるニュースではある。北海道コスメというなら、他にチーズとか牛乳とか、「化粧品になりました」と言われて座りのよい名物はいくらでもあるだろうに。なぜにシャケか。ジャガイモの方がまだまし。


 それにしても、この北海道コスメの登場によって、「ご当地化粧品」という切り口が各地に広まっていくことは想像に難くないところだ。しかも、材料が「シャケはじまり」であることで、参入のハードルはかなり低い。化粧品になりそうな名物がなくたって、宮城は牛タン化粧品でよいし、富山はホタルイカ化粧品で構わないし、鹿児島は黒豚化粧品で問題ない。


 いや、化粧品とシャケの剥離の派手さからして、食べ物である必要すらないのかも。

 高知なら一本釣り化粧品。熊本ならバッテン荒川化粧品。秋田はなまはげ化粧品で、愛知はナゴヤ撃ち化粧品でキマリだろう。怒られるだろうか。


 最終的には、「この化粧品を使うとその土地の人っぽい顔になれる」ぐらいのパンチがあってもいいかもしれない。しょうゆ顔に悩むみんなも、具志堅化粧品を使ってどんどんソース顔になろうぜ。
[PR]
by lofibox | 2009-12-17 20:09 | ノーマルコラム
※コラムの外側 -> ライブのこと (2009/12/13)

2009年12月13日(日)
日本橋 「Bar 太陽と月」
他出演 まるおかかずこ (仮)さうす 井上まい (他飛び入り)
『生まれた日を自ら祝うの会』


[[[ セットリスト ]]]

- 茜 -
- 暗闇坂は七変化 -
- AFTER HOURS -



太陽と月、12月は店長とスタッフ2名の誕生日がありま師走。
ホールケーキも堂々の3種類。景気の悪さとケーキの数はリンクしないのでした。
おあとがよろしいようで。おめでとう。



 
※左メニューのライブ情報を更新しました。

[PR]
by lofibox | 2009-12-17 19:14 | ライブ情報など
791号 「おケツを拭かずんば人に非ず」
 はたしてバンドエイドというものは、ゆっくり剥がすのと勢いよく剥がすのと、どっちが痛くないのだろうか?


 こういう疑問を持ったこと、みんな一度はあるだろう。しかし、その答えはいつも感覚的で、科学的な見地からのものではなかったはずだ。研究者の方々も、そんなことを真面目に調べている暇はないというわけである。

 ところがこの程、オーストラリアの大学の研究者が、この件について大真面目に調べたらしいのだ。そしてその結果、バンドエイドは勢いよく剥がした方が痛くないということが科学的に判明したのである。そうかぁ、僕はゆっくりの方が痛くない気がしていたけれど、そうだったのかぁ。うーん、なんだか胸のつかえが取れたような気がしてくるぞ。


 さて、このニュースを読んで、長年の胸のつかえが取れて、このオーストラリアの研究者の方には大変感謝をしている。ただ、この方の無闇で無邪気な研究心を見込んで、実はもうひとつ科学的な見地から白黒つけて欲しいことがあるのだ。

 それは、「トイレットペーパーのシングルとダブルは、結局のところどっちがおケツにやさしいのか」ということである。


 「おケツを拭かずんば人に非ず」という諺(ことわざ)があるように、この近代社会においておケツを清潔に保つことは、ヒトという動物であることのひとつの証明ですらある。ヒトは野生のままの行為を囲いのなかで行うことで、近代文明を成り立たせているのだ。

 おケツを拭くや否やはそれ程の重要事項だというのに、個人の感覚に任せてシングルだのダブルだの選ばせていていいのか?結局どっちがおケツにやさしく、またおケツがきれいになるのか?


 MMRのキバヤシが乗り出してきて、話が全て地球滅亡につながってしまう雑な展開になる前に、僕は明快な答えが欲しい。
[PR]
by lofibox | 2009-12-16 19:57 | ノーマルコラム
※コラムの外側 -> ライブのこと (2009/12/12)

2009年12月12日(土)
日本橋 「Bar 太陽と月」
他出演 高柿拓郎 鳥飼望 ジャイロサトシ



[[[ セットリスト ]]]

- AFTER HOURS -
- ノイローゼ・アンダーショーツケーキ -
- 暗闇坂は七変化 -
- カーニバル -
- Hide'N'Seek -
- 茜 -



あぁ。おもしろかったな。
雑な話を酒に溶かせば、タイタニックもパイパニックだよ。
ありがとう。またね。

[PR]
by lofibox | 2009-12-15 14:02 | ライブ情報など
790号 「木本龍雄(きもと たつお)」
 我々は、「Y」からはじまるアルファベット4文字を見たとき、すぐに「YMCA」だと思い込んでしまう傾向にないだろうか。

 例えば街の看板などだ。よくよく見れば、「YCMA」とか、「YMAC」とか、なんか微妙に違うんだ。なのにどうして僕らはあれをヤングマンだと早とちりしてテンションをあげてしまうのだろうか。

 そのたびに僕は、自分の意識に介在するヒデキの存在がこわくなって、そら恐ろしくなるのである。自覚の外側から浸食してきているんだ、ヒデキが。

 ちなみに今回のタイトル、そんなヒデキの本名である。きもとたつおさん。たつおカンゲキ。
[PR]
by lofibox | 2009-12-14 20:40 | ノーマルコラム