生乾きの与太話をモゾモゾと書いてます。読んだアナタの口元が、「ふにゃ」と緩めばしてやったり。日常の隙間にご覧あれ。
by lofibox
シミズマサトの音楽・落語の予定はこちら
◆シミズマサトFacebookページ◆


【メールを送る】
イベントのお問い合わせや感想など、お気軽にどうぞ。
カテゴリ
全体
ノーマルコラム
曲紹介
ライブ動画
ライブ情報など
長編小説的「YAKYU」
以前の記事
2018年 08月
2018年 02月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 04月
2004年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2001年 01月
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧
※コラムの外側 -> ライブのこと (2010/4/24)

2010年4月24日(土)
大阪 日本橋 「Bar 太陽と月」
他出演 りんどう/夜士郎/谷口伸和



[[[ セットリスト ]]]

- 驚き桃の君に -
- 裸の午後 -
- AFTER HOURS -
- Here i am, + Love you. -
- 茜 -
- 昨日の今日で -




ようやく、
「次のライブをする前に、前のライブのことを書く」ということが出来そう。
当たり前?だよねー。ごめんチャイナ。


一夜のライブに出演者が数人いれば、
「個々のライブが数回行われる」という言い方も出来るわけだけど、
この夜のライブはその意味で「1回」だった気がしております。
近似色ではないけど、綺麗なグラデーションになっていたような。

お客さんもたくさん入ってくれて、
楽しんでもらえてたんじゃないかなあ、と。

大変懐かしいひとも来てくれたりして、
Sin谷氏再来、Naka氏ご夫婦、お知り合いの方に、その彼女さん。
いやぁ、ほんとにうれしかった。

マンモス・サンクス。


さて、世間は昨日から連休ですな。

僕は世代的に、
ゴールデンウィーク座の黄金聖闘士なので、
特別になにかをすることもないけど、
1日にはライブもあるし、よかったらぜひ、ね。

詳細は左のライブ情報欄、ね。



※次のライブは5/1(土)日本橋 Bar [ 太陽と月 ]です。ぜひぜひ、遊びに来てね。
詳しくはこのブログの左メニューに書いているライブ情報をば。

[PR]
by lofibox | 2010-04-30 12:52 | ライブ情報など
823号 「アンパンマンの野望」
 近頃の子どもたちは、あまり昔話を知らないらしい。

 しかし一方で、アンパンマンは大人気のようだ。


 とある日本の大学教授が、幼稚園児を対象にどれだけ昔話を知っているかという調査を行ったところ、例えば桃太郎のお供についても、「犬、猿、キジ」と答えられた幼稚園児は22%しかいなかった。まぁ、アニメの「まんが日本昔ばなし」もなくなっているし、今どきの両親が読み聞かせるということもないのだろう。

 ところが、そんな中で桃太郎のお供にアンパンマンを推す幼稚園児たちがいたという。


 また、「浦島太郎を竜宮城に連れて行ったのは?」という質問に、亀と答えられた幼稚園児は33%とやはり少ない数字だが、ここでも「浦島太郎はアンパンマンの背中に乗っていったんだ」という声があったらしい。彼は顔が濡れると力が出ないというのに、どうなっているんだ。

 
 まったく、驚くべきはアンパンマンの勢いと、その浸食ぶりである。

 桃太郎にしても、今でこそお供の座に甘んじているが、そのうち桃太郎そのものがアンパンマンにすり替わってしまうことすらあり得る。そうなった場合、桃を拾って来たおじいさんとおばあさんも、当然ながらパンを焼いたジャムおじさんとバタコさんに変わり、アンパンマンによる昔話ジャックは誰にも止められなくなる。

 こうなると、鬼の怖さをばいきんまんが担えるかどうかが、鍵になるだろう。




※次のライブは5/1(土)日本橋 Bar [ 太陽と月 ]です。ぜひぜひ、遊びに来てね。
詳しくはこのブログの左メニューに書いているライブ情報をば。

[PR]
by lofibox | 2010-04-27 18:42 | ノーマルコラム
822号 「おなか痛い」
 考えてみると、「ジャイアン」だけは本名が普通なのである。

 ドラえもんに登場する主役級の男の子のうち、「のび太」と「スネ夫」は本名で、その特徴にのっとったギャグ的な名前を付けられている。しかし、ジャイアンの本名は「タケシ」だ。普通だ。いや、普通なだけでなく、力が強いというポジティブな部分がアピールされているという点で、かなり優遇されていると言える。

 一方で、ジャイアンの妹である「ジャイ子」の本名は非公開のままである。兄、ジャイアンのあだ名ありきでそう呼ばれていることは恐らく間違いないわけだが、やはり兄弟であるからには「タケシ」のような普通の名前が付けられているはずだろう。

 そんなジャイ子だが、フランス語翻訳版では「ジャネット」という名前になっているらしい。

 やはりジャイアンありきではあるが、フランスでは普通の名前であると思う。ちなみにジャイアンは「ジャン」だそうだ。なんかよくわからないけど、兄弟っぽさは保たれていると思う。


 それにしても、のび太やスネ夫のネーミングに習うと、僕はなんて呼ばれてしまうのだろうか。「ゲリ男」あたりかな。ああ、怖い。怖くておなか痛い。

 
[PR]
by lofibox | 2010-04-26 21:40 | ノーマルコラム
※コラムの外側 -> ライブのこと (2010/4/10)

2010年4月10日(土)
大阪 十三 「Live Bar テハンノ」
他出演 大村みさこ/前原淳平/タマコ



[[[ セットリスト ]]]

- 11月のサナギウム -
- ただ事である -
- 暗闇坂は七変化 -
- AFTER HOURS -
- 昨日の今日で -
- 茜 -





書かなきゃ!ライブレポ!という、標語。わー。

さてさて、この夜は2、3年ぶりのテハンノでした。
ただ、店長の浅田純平は沖縄へ旅立ってもう戻ってこないとのこと。

いや、戻ってはくるか。今、戻ってきてるか。

楽しみな日だったんですよ。
なにせ、大村みさこ、前原淳平、タマコですよ。
聴いてみたかった人、聴いてみたい人で構成された対バン。
どうなっとるんじゃい。
この日があっていいんかい。いいんじゃい。そうですか。


大村みさこさんが、
「みんな穴ぐらのなかでじーっと考えごとをしているようなライブだった」
と、レポっておられましたが、いやぁ、本当にぴったりな表現だなぁと。
それ以上に的確で短く出切るレポートが思い浮かばない。


最後にテハンノスタッフの浅田塁と残って、
いろいろと喋り、松屋に行き、食べ、喋り、していたら、
日本橋、太陽と月に居る友藤くんからデンワがあり、
やもと問唔さんに会いに移動。

問唔さんとはその数日後、ふたりで腰すえて呑み、
へべれけで翌日は二日酔いで遅刻。
これこそ「いいシゴトを生む夜」なのでございます。
ありがとうサンキュウ。




※次のライブは5/1(土)日本橋 Bar [ 太陽と月 ]です。ぜひぜひ、遊びに来てね。
詳しくはこのブログの左メニューに書いているライブ情報をば。

[PR]
by lofibox | 2010-04-26 03:32 | ライブ情報など
821号 「Tバック」
 アメリカで、19歳の男子学生が女性の下着を79枚盗んだということで逮捕されたらしい。

 しかも、その79枚はすべてTバックだったという。

 盗みはいけない。僕もそう教わって育ってきた。それを前提としたうえで、僕はこの19歳の男子のTバックに対する欲求に思いを馳せてみたい。そう、いつの時代になっても、下着の女王様はTバックなのである。

 この19歳の男子は、取調べに対して「いたずらでやった。自分の性的欲求を満たすためではなかった」と言っているらしい。違うだろう。そうじゃないだろう。いたずらレベルでTバックばかり79枚も盗んでしまうということはないだろう。

 最近ではOバックだのVバックだの、幾つかのアルファベットが台頭してきているらしいが、やはりTであることはこの場を借りて男子諸君に確認しておかなければならない。アルファベットだというだけで仲間意識を持たれては、青少年のロマンティシズムは混乱するばかりではないか。

 この想いが、いつの日か僕自身の下着をTバックにいざなうかもしれない。そうなっても、みんな冷たくしないでね。



※次のライブは4/24(土)日本橋 Bar [ 太陽と月 ]です。ぜひぜひ、遊びに来てね。
詳しくはこのブログの左メニューに書いているライブ情報をば。

[PR]
by lofibox | 2010-04-23 01:07 | ノーマルコラム
820号 「パンツ貸してくれへんか?」
 「パンツ貸してくれへんか?」


 晴天の空模様、日光が差し込む昼下がりのオフィスに、こんなセリフが響き渡った。おもわず全員が声の方に振り返る。


 それは、同僚のMさんとクライアントの会社に打ち合わせに出掛けるときのこと。

 自転車で行くのがちょうどよい距離にある会社なので、僕はいつもそうしているのだが、Mさんは自転車通勤ではない。そこで、同じく自転車通勤のOさんに借りることになった。

 出掛ける時刻になり、イヤホンをしてなにか音楽を聴きながらパソコンに向かうOさんの肩を、Mさんが叩く。振り返ってイヤホンを外したOさんに、Mさんは言った。


 「Oくん、パンツ貸してくれへんか?」


 1秒‥‥、2秒‥‥、3秒‥‥。


 「パンツちゃうわ、自転車。」


 言い間違いもここまで脈絡がないと、笑うより驚きが先行するという例。Mさん、だいじょうぶか。
[PR]
by lofibox | 2010-04-21 21:17 | ノーマルコラム
819号 「投げ技が豊富」
 僕は自他共に認めるスプラッター嫌いである。

 だから、「スイスのチューリヒでは、雪だるまの頭部に爆竹を詰めて爆発させ、夏の到来を占うユニークな儀式がある」というニュース記事をみただけで、気分が悪くなり胃のあたりにぎゅっと力が入ってしまう。ひぃぃ。

 そんな僕に、会社の後輩のT君が、「おもしろいゲームをみつけたんですよ!」と言って近づいて来た。

 僕が、「うぅ、そ、それはどんなゲームなんだい」と尋ねると、T君は満面の笑顔で、「腸をね!こう、引きずり出しまして、それをつかんで投げることが出来るんですよ!あとですね!目をくり抜いてですね、そこに指を突っ込んで投げることが出来るんですよ!」と言う。

 ぎゅぎゅぎゅ。あー、胃が。苦しい。勘弁してくれ。

 「つまりですね、投げ技が豊富なんですよ!」

 あー、ふふっ、投げ技が豊富って。ぎゅぎゅ。あー、苦しい。でも、ふふふっ。




※次のライブは4/24(土)日本橋 Bar [ 太陽と月 ]です。ぜひぜひ、遊びに来てね。
詳しくはこのブログの左メニューに書いているライブ情報をば。

[PR]
by lofibox | 2010-04-20 20:21 | ノーマルコラム
※コラムの外側 -> ライブのこと (2010/4/3)

2010年4月3日(土)
大阪 曽根 「Bar ALL」
他出演 シマ☆シマ/こねこブルース/ネロ



[[[ セットリスト ]]]

- 11月のサナギウム -
- ただ事である -
- AFTER HOURS -
- Here i am, + Love you. -
- 昨日の今日で -
- 茜 -




10日とちょっと前のライブの話。
たとえ遅くとも、書くことはヤメないのだ。どうだ。

毎週土曜日、曽根のALLでは、
シマ☆シマ君が生音のアコースティックライブイベントをしており、
お誘いをいただいて出演と相成りました。

シマ☆シマ君とは十三のテハンノで知り合ったけど、
なにぶん薄暗い店内だし、ことばを交わしたのも10秒程度。
ほとんど顔も覚えていない。
さらにネロさんもこねこブルースさんもハジメマシテということで、
僕のシャイなハートはむーんでおセンチ。


どっこい、この主催者のシマ☆シマ君というひとは、
およそこの人間を好かんというヤツがいたら、
その人間もいけ好かないヤツなんだろうと思わせるような、
まるでタイヨーのような人でございまして、
その心根が乗り移ったかのようなそのイベントは
終始ほんわりとぬくい温度を保っており、
僕のシャイなハートはぐーんとおゲンコになったのでした。

みなさま、ありがとう。



※次のライブは4/24(土)日本橋 Bar [ 太陽と月 ]です。ぜひぜひ、遊びに来てね。
詳しくはこのブログの左メニューに書いているライブ情報をば。

[PR]
by lofibox | 2010-04-15 18:04 | ライブ情報など
818号 「たからばこをあけるとやくそうがひとつ」
 凶暴なモンスターが巣食う洞窟の奥深くまで入りこんで、宝箱にやくそうを1枚入れてくるというのは、相当悪質なイタズラだなぁと思う。

 これは、ロールプレイングゲームではよくあるシチュエーションだ。ゲームで遊ばない人にはまったくわからないので申し訳ないのだが、洞窟のなかにある宝箱に「それは宝とはいえないだろう」というようなものが入っていることがあるのである。現代でいうと、厳重な金庫でレシートを保管しているようなものだろうか。大豪邸に忍び込んで、命がけで金庫を開けたら中から大量のレシート。そんな感じ。


 それが宝箱であるからには、人間の手によって入れられたものであることは疑いない。宝箱自体、人間が作るものだからだ。ということは、宝箱のなかに宝ではないものが入っているというのは、人間によるただのイタズラだということになる。しかも、それをわざわざ危険な洞窟のなかまで運ぶことで、宝箱を見つけた高揚感から一気に絶望に突き落とすという手の込みようである。


 ああ、なんという巧妙で辛辣なイタズラを考えるヤツがいるんだろう!この僕もぜひ一度やってみたいものだなあ!




※左のメニューのライブ情報を更新しました。5月のライブを新規追加。

そして、次のライブは4/24(土)日本橋 Bar [ 太陽と月 ]です。ぜひぜひ、遊びに来てね。
詳しくはこのブログの左メニューに書いているライブ情報をば。

[PR]
by lofibox | 2010-04-13 18:00 | ノーマルコラム
817号 「水に流そう」
 先人は「水に流す」ということばを作った。気まずいことがあっても、ジャーっと水を流すが如くすっきりさせてしまおうと言う訳で、昔よりも何かと気まずいことが起こりやすい現代においては、どんどん使っていきたいことばだと思う。

 しかし、今我々がジャーっと水に流しているものといえば、うんこぐらいのものだ。気まずいことを水に流すよりも、圧倒的にうんこを水に流している。

 たしかに、捉えようによってはうんこも気まずいものだと言えるかもしれない。しかし、うんこと向き合っているのは常に自分のみであって、うんこを巡る対人関係など野グソに挑まない限りまず起こり得ない。詰まるところ、うんこを気まずいと捉えるのは当人とうんこの距離感の問題でしかなく、それは自分の心と向き合って解決すべきことだろう。

 せっかく使いようのあることばがあるのに、それを有効活用していないというのはいかにも残念なことだ。さしあたり、僕も週のはじめの月曜日からみなさんにうんこの話を読ませてしまうことについて、今現在ちょっと気まずい。まずはこれからジャーっと水に流して、さわやかに1週間のスタートを切りたいと思う。
[PR]
by lofibox | 2010-04-12 12:25 | ノーマルコラム