生乾きの与太話をモゾモゾと書いてます。読んだアナタの口元が、「ふにゃ」と緩めばしてやったり。日常の隙間にご覧あれ。
by lofibox
シミズマサトの音楽・落語の予定はこちら
◆シミズマサトFacebookページ◆


【メールを送る】
イベントのお問い合わせや感想など、お気軽にどうぞ。
カテゴリ
全体
ノーマルコラム
曲紹介
ライブ動画
ライブ情報など
長編小説的「YAKYU」
以前の記事
2018年 08月
2018年 02月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 04月
2004年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2001年 01月
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
849号 「捨てられる神あれば」
 書く頻度を怠けていると、内容に多少現在とのタイムラグが出て来る。が、お構いなしで十日戎の話を。

 本編に入る前にひとつ前置きをすると、実はこのコラム、取り扱う話になるべく間違いがないように、事前の下調べなど地味に行ってきた。例えば今回なら、十日戎についてある程度知識を仕入れてから書く、という具合。しかし、今回はそれをしない。そんな2011年。犠牲フライ定食はじめました(無頼編)である。前置き終わり。


 ご存知だろうか、十日戎。十日戎と言えば、1月10日に今宮神社にみんなでお参りに行って、笹とかを貰ってくるイベントである、と思う。なぜお参りに行くのかと言うと、それは商売繁盛とかを祈願するのだと聞いている。笹の値段はまちまちで、そのへんで売っているおばちゃんから買うとエラい高かったりする、と言う話も耳にした。あと、笹以外にも色々あるらしい。なんか、飾る縁起物的なやつが。


 さて、今年の1月10日、僕は十日戎のことなどすっかり忘れて、仕事帰りに馴染みのバーに立ち寄った。「カランコロンカラン♪」

 店のドアを開けると、いつもよりカウンター付近の視界が悪い。向こう側にいるはずのマスターが、見えたり見えなかったりしている。そう、笹である。デッカい笹。

 あまりそういった神頼み的なことをしそうにないマスターだけに、「買いに行ったんですか」と聞いてみると、なんでも神社へお参りには行ったが、笹まで買うつもりはなかった。が、みんなが次々に笹を捨てていくので、それを拾ってきたのだそうだ。曰く、「もったいないやんけ!」と。


 こういう縁起物は一年経つと捨てるという話は知っているので、マスターにそのように伝えると、「まだ使えるやんけ!」と、一喝。一喝される僕。不思議と。そうして、他にも「まだ使えるやんけ精神」で拾い集められた人形やら千両箱やら小判やらの去年の縁起物が、マスターの手によってデカい笹にぶら下げられていくのをみていた僕は、「この際、短冊に願いごとでも書きましょかね」と冗談を言ったが、「アホか、七夕ちゃうで」と再び一喝。一喝される僕。なにがちゃうくて、なにがちゃわないのか。そんなことはどうでもいい。ただ、この世知辛い世の中にあって、神様の宿る縁起物すらたった一年で捨てられていると思えば、ある意味美談ともとれる。つまり、「捨てられる神あれば、拾う庶民あり」ということで。よし、びしっと終わった。




※次のライブは1月29日(土)大阪 日本橋 [ 太陽と月 ]です。ぜひぜひ、遊びに来てね。
詳しくはこのブログの左メニューに書いているライブ情報をば。

[PR]
by lofibox | 2011-01-23 21:45 | ノーマルコラム
848号 「謹賀新年2011」
 皆様、今年も「犠牲フライ定食はじめました」を、どうぞよろしく。

 と、年明け一本目のコラムの出だしを昨年と同じフォーマットにしてみました。こういう生真面目な部分を今年は伸ばしていこうと思います。ほんとに?


 さて、今年の干支はうさぎ年。うさぎ年というと、新年の挨拶として「今年は干支のうさぎにあやかって大いにジャンプしよう!」と、このような言い回しをするのが通例だと思う。

 しかし、ジャンプという点では他にそういうイメージの動物がいないわけでもない。むしろ、うさぎの最も個性的なところといえば、やはりあの長い耳ではないだろうか。そうしてみんながあの長い耳にあやかった結果、今年は日本中で地獄耳と耳年増が急増することになり、やがてはふたつの勢力に分かれて争うようになるだろう。


 繰り広げられる情報戦。実戦向きという点で、地獄耳軍が有利か。




※次のライブは1月29日(土)大阪 日本橋 [ 太陽と月 ]です。ぜひぜひ、遊びに来てね。
詳しくはこのブログの左メニューに書いているライブ情報をば。

[PR]
by lofibox | 2011-01-05 14:30 | ノーマルコラム