生乾きの与太話をモゾモゾと書いてます。読んだアナタの口元が、「ふにゃ」と緩めばしてやったり。日常の隙間にご覧あれ。
by lofibox
シミズマサトの音楽・落語の最新予定はこちら!
◆シミズマサトFacebookページ◆


※ライブ情報の詳細はFacebookページをご覧頂ければ幸いです。

【メールを送る】
チケットの取り置きや感想など、お気軽にどうぞ。
*-*-*-*-*-*-*-*-*
◆ライブ情報◆
────
7/26(水)
心斎橋「パルチザン」
w/磯崎陽平(50/50's)
開場19:30/開演20:00/¥1500(1ドリンク付)
────
8月3日(木)
日本橋「太陽と月」
<居酒屋シミズ>
19時開店予定
────
8月6日(日)
塚本「エレバティ」
w/槇平れん/市場寿司郎/米谷考平/シンコウズ
開場18:00/開演18:30/adv¥1500/door¥2000(1dr別途)
────
8/19→20(土・日)
三重 豊津上野「海の家ええかげん」
<ミエフェス。vol.8>
開場10時/開演11時
────
8/21(月)
名古屋 池下「GURU×GURU」
開場19:30/開演20:00/¥1500(要1ドリンク注文)
出演:シミズマサト/稲造/他
────
8/27(日)
東心斎橋「居酒屋ほおずき」
<日本酒と落語の会>
出演:古今とこ頻ん尿/ナマス亭ひとり
開演:18時(各一席ずつ)
────
9/24(日)
東心斎橋「居酒屋ほおずき」
<日本酒と弾き語りLive」
出演:いわいあや子/シミズマサト
1部開演:18:00〜/2部開演:19:30〜/¥投げ銭
────
(敬称略)

*-*-*-*-*-*-*-*-*

↓文庫本が出来ました↓

あまりに少ない初版数に、出来たその日から品切れ中。増刷に向けて労働します。とほほ。

*-*-*-*-*-*-*-*-*

◇終了したライブ◇
▶2010年までのライブ一覧
▶2011年のライブ一覧
▶2012年のライブ一覧
▶2013年のライブ一覧
▶2014年のライブ一覧

1/7 シルバーウイングス
関口哲也/立川玄

1/11 太陽と月
前原淳平/川内聡一朗/ショウジョウハイライト

1/24 かつおの遊び場
半田悦久/ひとりナマステ/rufflls

1/26 ワンドロップ
森口英彦/磯山達也/

1/30 太陽と月
岡田真美/かるちん/萌えもえにゃんにゃん

2/3 エレバティ
新巻和樹/岩井わい/きたぼー

2/5 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

2/12 Mele
井戸正太/後藤明/おはるの時間/陸奥拳

2/14 太陽と月
ベベルとエンボス/記憶ソーダ/lee:no

2/18 酔夏男
町田直隆/岸っしゃん/ぶすぶりっこ/キャミストリー/石田千尋

2/20 パルチザン
田渕光成

4/12 Brothers & Sisters
lee:no/稲田一馬/

4/23 Mele
口石和人(サンドバックス)/柴田太尊/辰巳慶一/山下ヒロシ(ラダー)

4/25 パルチザン
堀田ダチオ

4/29 ファンダンゴ
<パルチザン10周年記念イベント>

5/1 アヒルノ
<リニューアルパーティー>

5/2 パルチザン
カシダ

5/3 太陽と月
<第一回よせて寄席>
鯉鮎亭ボタン/ロック亭チリ紙/ロック亭ルーズ/三名/ひとりナマステ(ギター漫談)

5/13 エレバティ
フラフープス/礒野聖矢/Theムッシュビ♂ト

5/17 テハンノ
seiji/山田智史/トウギシカズヤ

5/24 太陽と月
小泉洋平/CAT FISH KING/ミッキー大畠

6/4 Mele
UpperSixx/Beg/ナガタヨシキ/ytakeko(oops! here I go again)

6/18 酔夏男
金丸亮太(雨市)/キタ(than)/さかもとたかはる

6/20 Mele
<Barプカプカ20周年記念ライブ>

6/26 太陽と月
Katsu/福重ユキオ/Tiny

7/3 エレバティ
石の拳/THE HOT TiMES/モンゴリアンダイナマイツ/見市雨桃

7/16 Mele
井戸正太/moca/辰己慶一/UpperSixx

7/20 太陽と月
<第二回よせて寄席>
鯉鮎亭ボタン/三名(みつな)/猪家熊吉/ミサイル濱野/おぎの信号/露の新幸

7/28 パルチザン
<実機なき戦い>
登山正文 VS シミズマサト ツーマンライブ

7/29 酔夏男
『背筋も凍る怖い話大会〜絶対にSNSにはあげられない〜』
じゃっく

7/31 気仙沼まただいん
鯉鮎亭ボタン/くぼ&みのうら/Tender and Paul.Naru

8/4 ネガポジ
谷直也(gue)/リュウジ/伴野一輝

8/15 海の家 ええかげん
<ミエフェス Vol.6>

8/22 VOXhall
町田直隆/マルヤマトモコ/キチュウ

8/25 テハンノ
「悠」/くビれ/

8/28 太陽と月
キタ(than)/バニーマツモロ/siva

9/13 太陽と月
シミズマサト主催イベント
<エンゲイミュージアム>
じゃっく(イヌガヨ)/正垣祐樹/ひこーき雲/馬と魚/市村マサミ/鯉鮎亭ボタン/露の新幸/ひとりナマステ/デジタルケイタ

9/17 Mele
広島綾子(東京)/はあとぶれいく/辰巳慶一/滝口ナオシゲ/

9/25 エレバティ
岩井わい/ キタ(than) /玉木英雄(キリングマネーズ)

10/1 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

10/2 Mele
朝倉祐太(モンスターロシモフ)/cue/マロニエ堂/橋村恭平

10/11 そぶら山荘
<ハミングバードフェスティバル>

10/23 太陽と月
阿木伸雄/萌えもえにゃんにゃん/藤本歩美

10/25 ライヴ喫茶 亀
<デジ亀寄席>
つづら/まとばっくす/桐のはこぶた/桐のぎりぎり/女御亭伝喜
企画・構成 高田豪

10/30 プカプカ
<生音ライブ>

11/6 Mele
口石和人(サンドバックス)/マロニエ堂/滝口ナオシゲ/市川与一

11/7 パルチザン
Capo

11/23 太陽と月
<第3回 よせて寄席>
鯉鮎亭ボタン/三名/ロック亭メロディ/Muicy

11/27 エレバティ
バカ力/しんぐべー(黒色青年)/ぴろ男爵

12/3 セラー
<アメ村フォークジャンボリー>

12/4 BlueEyes
立川玄/ゆとリズム♨︎

12/13 太陽と月
不二才/小泉洋平/矢本健士

12/19 音家松林商店
方々/儀間博幸/THE★わたる

12/21 パルチザン
奥村由希

12/30 Mele
<メレメレ忘年会>

1/5 エレバティ
市村マサミ/進藤宏希/リー・ルード/吉見拓哉

1/17 太陽と月
<新春!第四回 よせて寄席>
鯉鮎亭ボタン/三名/夕凪亭あおひげ

1/18 酔夏男
<新春ホームラン王決定戦>

1/21 Mele
THE HOT TiMES/あうんさん・すうじぃ/Risa, Steg & Mayers

2/12 パルチザン
杉本ユーイチ

2/14 Cafe&BAR 大丈夫
<第1回大丈夫杯 大喜利選手権>
やっさんブル/あまっぺ(タロッツ)/Fワラさん/なべちゃん(Lainy J Groove)/わんぱく清水/大喜利司会:カジワラコウジ

2/18 tora
まえざわけんいち/快賊guld+/あわめ/芽衣子

2/27 酔夏男
岡部洋子/サワラデザート/藤井えい子/あさじ

2/29 Mele
口石和人(サンドバックス)/雪盗境士/シモヤンツジヤン/ナガタヨシキ

3/3 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

3/17 エレバティ
キタ(than)/びばオチアイ/kitabow/ビリーボーイ

3/19 BlueEyes
浮浪雲/VJ☆脱肛/寅(富山)/登山正文(私の思い出)

3/26 太陽と月
沸き出せ!温泉ズ/大島圭太/キタ(than)

4/2 クラブウォーター
イッポンマツ/小川アキオ/モンキーサイクル/方々(HOBO)&みっちゃん&長芳弘

4/13 ネガポジ
ヘテロズ/永倉彩乃/Novelman

4/22 セブンデイズ
<真下梓レコ発>
真下梓/石田千尋

4/29 ファンダンゴ
<パルチザン11周年イベント>

5/3 ライヴ喫茶「亀」
つづら/まとばっくす/泥亀亭ヤング/山田とし

5/14 Cafe&BAR 大丈夫
マサ・タケダ/モロボシキルオ

5/17 酔夏男
田高健太郎/傷心の松/サワラデザート/藤山拓

5/20 Mele
<メガネのスリーマン>
マロニエ堂/ムッケンナガノ

5/22 宙空Bar テオ
<宙空Barテオ こけら落とし寄席>
ジョン・リー・ふか丸/麻石家パンク

5/29 Cafe&BAR 大丈夫
<いつまでも世界は…>

6/2 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

6/10 tora
ハナウタ/山本悠介/畑歩/KEEWO

6/16 エレバティ
生き仏/見市雨桃/僕のカリフラワーちゃん/フラフープス

6/19 BARプカプカ
キウチユウスケ

7/12 太陽と月
方々(HOBO)/カオリーニョ藤原/外村伸二

7/16 Cafe&BAR 大丈夫
マサ・タケダ/モロボシキルオ/橋村恭平

7/24 居酒屋ほおずき
正垣祐樹

7/31 太陽と月
<第伍回 よせて寄席>
ナマス亭ひとり/ロック亭チリ紙/三名/罪華子

8/1 酔夏男
さかもとたかはる/岸っしゃん/下町ドンピシャーズ/市村マサミ/親斗

8/12 GURU×GURU
マサ・タケダ/モロボシキルオ

8/20-21
<ミエフェス vol.7>

8/30 エレバティ
町屋菊一/松本英二郎/吉見拓哉/スケモンのロング

9/1 セラー
<フォークジャンボリー>

9/3 tora ※落語
瀬戸楓太/市村順平/関大介

9/9 酔夏男
廣瀬義政/金丸亮太(雨市)/サコウイサオ/豊田梵

9/15 Mele
じゅん☆ONE/辰巳慶一/後藤明/山下ヒロシ(ラダー)/ツキミツカオリ

9/24 Ma-ha
<Moodoor vol.33>
Music:Tisavo/大停電(solo)/Tsukiko LOVE/シミズマサト
Live Paint:silsil/松田真哉/tsubasa./コジマユイ

10/2 プカプカ
<生歌ワンマン>

10/8 大丈夫
モロボシキルオ/橋村恭平/だいすけ/マサ・タケダ

10/15 パルチザン
いわいあや子/大石隼輔

10/21 tora
than/吉見拓哉

10/28 Mele
ザ・ディディディディーズ(東京)/NIAGARA BUILDING/THE PENNY LANES

10/30 太陽と月
<第六回よせて寄席>
鯉鮎亭ボタン/三名/ナマス亭ひとり/古今とこ頻ん尿

11/3 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

11/12 ReedCafe
大津光央

11/13 ほおずき
<ひやおろしと弾き語り>
マサ・タケダ

11/20 太陽と月
<ヒントのピント>
露の新幸/ひとりナマステ

11/22 Mele
吉見拓哉/ぴろ男爵/滝口ナオシゲ/辰巳慶一

12/3 大丈夫
マサ・タケダ/橋村恭平/高倉尚吾

12/12 Guru×Guru
429/星空じゅんこ

12/17 パルチザン
キタムラリョウ/ハグ林

12/21 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

12/30 Mele
<メレメレ忘年会>

1/6 酔夏男
藤山拓/よりえ/キタ(than)/市村マサミ

1/20 エレバティ
米谷考平/オータムス(単騎)/鈴本彰

1/23 酔夏男
ザ・サウスソース/立川玄/豊田梵/ユウキミリオンセラー/まえだけんた

1/29 太陽と月
<第七回 よせて寄席>
濁り酒二合/ナマス亭ひとり/サオリン城間

2/3 酔夏男
岡部謙吾/マサ・タケダ/さかもとたかはる/秋山カラスウリ

2/16 tora
ザ・ツイてるず/脳内麻薬/The Hula Foops/パン〜THE王様クジラ〜

2/18 パルチザン
いわいあや子/大石隼輔

3/8 ネガポジ
伯川修平/Nonsugar/Novelman

3/12 居酒屋ほおずき
じゃっく(イヌガヨ)

3/31 GURU×GURU
橋本進/ギターうなぎ

4/12 鮨処小町
Nの集落/マサ・タケダ

4/15 パルチザン
<シミズマサト独演会>

4/22 BARプカプカ
市村マサミ

4/29 ファンダンゴ
<パルチザン12周年イベント>
ジャカランタン/西島衛/浮浪雲/久保田和之/市村マサミ/マサタケダレディオデイズ/清水由貴/アフターアワーズ/ロマネ/らせん/Bacon

4/30 太陽と月
<第八回 よせて寄席>
野D/ミサイル亭濱野/ナマス亭ひとり/三名/魅多羅詩じゅん子

5/8 酔夏男
藤山拓/320/傷心の松/飛松正輝/オガサワラヒロユキ

5/11 BEATLE
<フォークジャンボリー>

5/26 エレバティ
吉見拓哉/びばオチアイ/siva/岩井わい

6/4 朝日温泉
<銭湯に行こう!Vol.6>

6/10 パルチザン
いわいあや子/大石隼輔

6/13 パルチザン
<落語三人会>
武田家酔ん愚/濁り酒二合

6/16 tora
芽衣子/おーやなち。/武内太一

6/18 プカプカ
磯崎陽平(50/50's)

7/1 酔夏男
もりやまかずひさ/じゃっく(イヌガヨ)/岡部謙吾(イヌガヨ)

7/8 Mele ※シミズ楽隊にて
THE HI HAT WHISKY/ザ・サンダーボーイズ

7/12 ロフトプラスワンウエスト
<御SHOW会LIVE 第三夜>
徳永由希/なかのいくみ/あんどーまいか/山本新/ぼけなすび(ヒミツノミヤコ)

7/21 酔夏男
市村マサミ/豊田梵/キタ(than)/井上聖悟


*-*-*-*-*-*-*-*-*
[ Profile ]
清水雅斗:かに座
*-*-*-*-*-*-*-*-*
カテゴリ
全体
ノーマルコラム
曲紹介
ライブ動画
ライブ情報など
長編小説的「YAKYU」
以前の記事
2018年 02月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 04月
2004年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2001年 01月
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧
866号 「リバーシブル時代」
 これからは「リバーシブル」の時代である。

 まず言えるのは、こう世情も世論も混迷してしまった以上、いちいち物事の裏表など気にしてはいられないぜ、ということだ。「裏があるかも」などと気にしていては機を逸する。まさにリバーシブルの時代。さっと手に持って前にきた方が表。それでいい。

 また、これからはなにかと物も不足しがちになる。そうなれば当然、これまで表しか使っていなかった様々な物の「裏」のことを考えていかなくてはいけない。表を使ったから捨てる、ということでは生き抜けなくなる、裏が大切な時代。そう、まさにリバーシブルの時代である。例えば名刺なんかも、表と裏で違うひとの名前が書いてあり、さっと手に持って表にきた方がそのひと。それでいいのだ。

 間違えてはいけないのが、「裏がない」というのではマズいということだ。裏返しても使える、それがリバーシブルなのであり、そもそも裏返せないのでは話にならない。2回目がないということになる。だいたい裏のない人間はつまらないし、裏のない野球もつまらないのだ。片方のチームばっかり攻撃してどうするんだ。ゲームにならないじゃないか!

 そんなわけで、これからは「リバーシブル」の時代である。僕が裏返しにシャツを着ていたり、重要な書類の裏側にメモをとっていたりしても、みんな突っ込んだり怒ったりしてはいけないのだ。よろしいか。




※次のライブは7月5日(火)大阪 十三 [ テハンノ ] です。

詳しくは左メニューに掲載しているライブ情報をば。

[PR]
by lofibox | 2011-06-30 20:46 | ノーマルコラム
865号 「世界最強の男」
 数日前、エジプトの首都カイロから、200kmほど離れたとある村で、「世界最強」を名乗る男が現れた、という記事をみつけた。


 「誰がいちばん強えのか決める」という概念は、少年ジャンプで育まれ、幾度も描かれてきたことである。しかし、実際には世界公認の天下一武道会があるわけでなし、世界最強を証明するのも大変だろうに、と思いながら記事を読み進めると、驚愕の事実が発覚。


 なんとこの男、自分の村に観光客を呼ぶために「世界最強」を名乗ったというのだ。

 ムバラク前大統領の退陣がきっかけで激減してしまった観光客を、なんとか自分の村に呼び戻したい。その一心で、男は立ち上がった。悟空さは拍子抜けするだろうが、涙ぐましい話である。しかし、名乗るだけでは話題にはならない。世界最強を証明すべく、男が選んだ対戦相手‥‥。それは、ライオンだそうだ。


 記事には「ライオンと戦った」としか書いていなかったので、どちらが勝ったのか結果はわからないのだが、もし男が勝ったとして、「素手でライオンに勝った人間」のほうが珍しいのか、「素手の人間に負けるライオン」のほうが珍しいのかは、判断に困るところだろう。まぁいずれにしても、男の目的は達成されるわけだが。


 ともあれ、村のことを思い、素手でライオンに立ち向かうとは、なんとも格好いい男の姿ではないかと、クワガタムシに指を挟まれても戦意を喪失する僕は、感嘆するのである。




※次のライブは7月5日(火)大阪 十三 [ テハンノ ] です。

詳しくは左メニューに掲載しているライブ情報をば。

[PR]
by lofibox | 2011-06-29 20:12 | ノーマルコラム
864号 「複雑メール」
 迷惑メールの着信数が飛躍的に伸びている。


 言葉尻で調子が良さそうな感じを出してみたが、あまり喜ばしいことではない。でも、文面がおかしくてニヤリとしてしまう迷惑メールも時々はあって、そういう楽しさも含めればまるっきり迷惑というわけでもない。複雑だ。


 最近届いてニヤリとしてしまったのはこのあたり。

・貴方に2億円を渡したい女性がいます。
・※ご紹介※ トシキさん(28歳)会社経営 甘えてくる女性が好きです!


 まず、ひとつめの「2億円」という雑な金額設定に注目。額がデカ過ぎて、鼻をたらした子どもが「ひゃくおくまんえんほしい!」と叫んでいるのとエラく変わらない。人生ゲームのお金でも成立するだろう。

 ふたつめに至っては、28歳という若さで会社を経営されている、トシキさんを紹介されてしまった。甘えてくる女性がタイプだそう。左様で。


 ちなみに後日、ひとつめの続編のようなメールが来て、「2億円は必要なくてもいいので、とにかく連絡をください」という大変乱暴なことが書いてあった。ニヤリ。




※次のライブは7月5日(火)大阪 十三 [ テハンノ ] です。

詳しくは左メニューに掲載しているライブ情報をば。

[PR]
by lofibox | 2011-06-23 16:43 | ノーマルコラム
863号 「イコカ再び」
 いい加減、イコカのチャージ金額に試されるのをどうにかしたいのだが。

 「したいのだが」と、格好付けて書き始めたが、どうにもしみったれた話にしかならなそうな気配。まぁつい先日、イコカをチャージする機械の前でしばらくもじもじした結果、千円だけしかチャージしなかったよ、という話なのだが。

 また、「なのだが」と書いてしまった。内容がしみったれているだけに、せめて文体だけでも格好付けようとしているのだろうか。無意識に。僕は。ほんとうかい。

 しかしまあ、それなりに稼げているのにも関わらず、どうしてもこうもチャージが苦手なのか。貧乏性ということなのだろうが、さすがにもじもじした後に千円のタッチパネルに触れたときにはなんかショックだった。あるのに。五千円とか。

 そういえば1年程前にも、イコカに試されているという話を書いたことがある。改札が不意に「バタン!」と閉まって、けたたましいブザーが鳴るときのあの恥ずかしさに、「チャージし忘れ」という恥を上塗りしてくるのがイコカだ。

 切符は僕の持ち物ではないから、通してくれなかった切符を手に首をかしげるのは「アリ」だが、イコカはあきらかに僕の持ち物だ。普段も使っているはず。それで通れていないのだから、理由は「チャージし忘れ」意外にない。あぁ恥ずかしい。緊張する。と、これが、1年程前に書いたイコカの話。

 あれから1年程経ったというのに、まだイコカに試され続けているとは情けない限り。しかも、違う点で。今回のコラム、そんなイコカにせめてもの反撃をしようと、カタカナで「イコカ」と書き続けている。なんとなく間抜けな字面。アルファベットでなんか、書いてやらないんだから。




※次のライブは7月5日(火)大阪 十三 [ テハンノ ]です。

詳しくは左メニューに掲載しているライブ情報をば。

[PR]
by lofibox | 2011-06-21 16:40 | ノーマルコラム
862号 「私は貝になりたい」
 「私は貝になりたい」というのは、映画のタイトルだということは知っている。

 すごく興味をそそられるタイトルだな、とも思っていた。でも、いまだにどんな映画か観たことはないし、内容も知らない。あさりになるのかな、はまぐりになるのかな、と、想像をふくらませるのみである。


 ちなみに、僕が貝になるとしたら、しじみになりたいと思う。あの可愛らしいフォルムがたまらない。僕の名字がしみずなだけに、親近感もある。うーん、やはり僕は、しじみになりたいなあ。

 この映画のタイトルにある「私」は、どんな貝になるのだろう。もし主人公が女性で、あわびになるなんてことになったら、たまらないだろうなあ。さざえになるなら、それはフグ田家の嫁ということになるけど。どうなんだろうなあ。


 あ、この映画、観たことがあっても、どんな貝になるかは、内緒にしておいてね。楽しみにしてるんだからさ。




※次のライブは6月21日(火)大阪 心斎橋 [ パルチザン ]です。
詳しくは左メニューに掲載しているライブ情報をば。

[PR]
by lofibox | 2011-06-16 22:07 | ノーマルコラム
861号 「百貨店」
 百貨店が若づくりをはじめている。

 先日、百貨店の食料品売り場に買い物に行ったとき、他の階ものぞいてみたのだが、まあ実に徹底した若づくりぶりだった。百貨店サイドとしては、若づくりではなく若返りということになっているのかもしれないが、これはなかなかむつかしいと思う。だって、百貨ですごいって昔の話じゃん。万貨、億貨の時代じゃーん。じゃんじゃーん。

 ところで、今さら改めて言うほどのことでもないけれど、百貨店で大事なのは、当然「すそ野」である。百貨店でもっともハイソサエティな売り場を頂(いただき)とするなら、まさにそのすそ野がどのようになっているかが、百貨店の全体像を決定づけるのである。頂(いただき)まわりで何が行われていようと、全体像にはまったく関係がないのだ。すそ野をみないとダメだ。だからなんなんだと言われると、特になにもないけれど。

 つまり僕が言いことは、百貨店は百貨店として、あまり新しい方へいこうとしなくてもいいじゃないか、ということなのだ。品物なんかもそんなに頻繁に入れ替えなくてもいい。いま「たまごっち」が売ってたりしたら、逆に新しいじゃないか。値札は適当に「じゅうまんえん」ぐらい付けておけば良し。さすれば百貨店は生き続けるだろう。未来永劫、僕たちのこころに。なんだこりゃ。




※次のライブは6月21日(火)大阪 心斎橋 [ パルチザン ]です。
詳しくは左メニューに掲載しているライブ情報をば。

[PR]
by lofibox | 2011-06-15 20:47 | ノーマルコラム
860号 「そんなに人間は強くない」
 げに恐ろしきは、「面白い」の多様性。そこに人は悩むという訳で。


 誰かがぼそりとつぶやいた、「なにか面白いことねえかな」が指すところの「面白いこと」の中身に、鼻毛がどうとか、バンガローはガンバローに似てて落ち着かないとか、屁の握りがどうだのこうだの、そういうことは、どうやら含まれてはいない。ただ笑いたいだけの「面白い」の他に、なんというか、一生懸命な「面白い」があって、割と人は常にそれを求めている。

 そういう「面白い」に囲まれて生きている人をみていると、困ったことには、ウコンの粉末が黄色くてもあまり面白く感じなくなってくるのがわかる。むしろ、喜びそうになる自分に不安を覚えてくるのである。ウコンはウコン、うんこはうんこと、つまらない線引きをするステレオタイプなマインドに支配されていくのだ。ファシズムの台頭である。それはちがうか。


 とはいえ、ウコンの粉末が黄色くてもメシは食えないのは確かだ。そのスタンスで10年20年と暮らしていけるほど、人間は強くない。こんな話で持ち出される言い回しではないとは思うが、そんなに人間は強くないのだ。もっと言えば、ファシズムのくだりで「それはちがうか」と訂正したが、ほんとうはそんな部分的なちがいではなく、もっと全体的にちがう話を、僕は書いているのだ。




※次のライブは6月21日(火)大阪 心斎橋 [ パルチザン ]です。
詳しくは左メニューに掲載しているライブ情報をば。

[PR]
by lofibox | 2011-06-14 21:53 | ノーマルコラム
859号 「にぎる」
屁を握ろうとした先人が居た。

その事実だけで、僕らは前に進める。


星をその手に握れるものと、夜空を見上げた少年は夢をみていた。

一方、屁を握ろうとしておケツに手を伸ばした大人たちは、みそこなった夢について語っている。


飯を握ればおむすびで、酢飯を握ればお寿司になるのに、それを食べて出た屁は、握っても握らずとも屁だという。「へ」から「べ」にぐらい、なってもよさそうなものだが。

また、肝心なことは、フォークの握りでは屁は握れないということだ。「フォークがすっぽ抜ける」という言い回しがあるが、ベースボールの球がすっぽ抜けるようでは、当然、屁もすっぽ抜ける。とても三振が取れる握りではない。


みそこなった夢について語る大人たちは、星には手が届かないことを知っている。

せめて現実を彩ろうと、一発。

大人たちはまた、屁を握った。





※次のライブは6月21日(火)大阪 心斎橋 [ パルチザン ]です。
詳しくは左メニューに掲載しているライブ情報をば。

[PR]
by lofibox | 2011-06-13 18:32 | ノーマルコラム
858号 「スーパークールビズ」
 正直、去年の「クールビズ」のことについても、どういうものなのかいまひとつ把握出来ていなかった僕。それなのに、はやくも今年からは次の段階にステップアップすると聞いた。

 まさに世の中は日進月歩で進んでいる。「ようするに薄着しろってことなの?」程度の認識しかなかった僕のことなど置き去りにして、クールビズは新しく生まれ変わったのだ。その名も「スーパークールビズ」。二度はいわない。


 「スーパーってつけてみる」という発想が、ビジネスシーンにも適用される日が来るとは驚きを隠せないが、なにしろものは節電ということで大真面目なのである。このネーミングセンスがついに少年ジャンプを飛び越えたのだ。実にめでたい。うそ。


 そんなスーパークールビズでは、なんとアロハが推奨されているとか。まったく「クール」というイメージがないアロハだが、オフィス風景への溶け込まなさがおさぶくてクール、という意味ならわかる。YES、スーパークールビズ。

 さらに、繰り返しになるがなんといっても日進月歩である。クールビズは立ち止まらない。今年こそアロハに留まっているが、来年の「スーパーメガクールビズX」では、間違いなく袖はなくなっていると考えてよいだろう。その翌年に「メガハリケーンクールビズVC3000」が推奨されるころには、絵柄も抜け落ちて真っ白なランニングになっているはず。


 終いに、クールビズ専用の吹けば飛ぶよなランニングも開発され、「ハイパーダブルドリブルランニング -蒼き流氷- 」として世に出回ることだろう。




※次のライブは6月21日(火)大阪 心斎橋 [ パルチザン ]です。
詳しくは左メニューに掲載しているライブ情報をば。

[PR]
by lofibox | 2011-06-09 17:43 | ノーマルコラム
857号 「ちょいアゲトーク」
 会社に新人が入ってきた。20代の若手、Nくん。

 ひさしぶりの若手ということもあり、なあなあではたらいている僕たち老害社員は、どのように接していいものか大変におろおろしていた。ことに、Nくんはランチは外食派だというので、外食派である僕ともうひとりの同僚さんのTさんは重責を背負っており、緊張のなか今までになく上品な会話でのランチを過ごしている。Nくんが入社する前は、パスタを食べながら東京名器がどうのとバイブの話に花を咲かせていたというのに。


 そんなNくんだが、会話の運びにちょっとした癖があることに気がついた。

 たとえば、3人で食後にホットコーヒーを頼んだとき。僕のコーヒーだけ異常に量が少なかったので、自虐を混ぜつつお店のほうもいじるような笑い話で盛り上がったのだが、最後のくだりでNくんはこういう。

 「まあまあ、カフェインって刺激物ですから、顔色をみて気づかってくれたのかもしれないじゃないですか」

 え? ああ、うん。そ、そうかな。


 またあるときは、重役のOさんが食器洗いのスポンジで洗面台から排水パイプまで磨き出す件をネタに、食後のアフタートークで大笑いしていたのだが、ひとくさり笑い終えたところでまたNくん、

 「あはは、でも、そういうちょっと天然なところがOさんの魅力でもあるんでしょうね」


 このように、イイ話にしたいのかなんなのか、最後にちょっとアゲてくるNくんである。笑いきれないのでやめたまえといいたい。いわないけど。




※次のライブは6月21日(火)大阪 心斎橋 [ パルチザン ]です。
詳しくは左メニューに掲載しているライブ情報をば。

[PR]
by lofibox | 2011-06-08 14:58 | ノーマルコラム