生乾きの与太話をモゾモゾと書いてます。読んだアナタの口元が、「ふにゃ」と緩めばしてやったり。日常の隙間にご覧あれ。
by lofibox
シミズマサトの音楽・落語の予定はこちら
◆シミズマサトFacebookページ◆


【メールを送る】
イベントのお問い合わせや感想など、お気軽にどうぞ。
カテゴリ
全体
ノーマルコラム
曲紹介
ライブ動画
ライブ情報など
長編小説的「YAKYU」
以前の記事
2018年 08月
2018年 02月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 04月
2004年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2001年 01月
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
885号 「続・エロ本界のLOFT」
 そろそろこの話をしておく時期かもしれない。


 このコラムの851号「エロ本界のLOFT」において、僕はこう宣言した。「ampmはエロ本界のLOFTである」と。

 男女に欠かすことの出来ない性への渇きに対し、「市場なのかな」と思わせるほどの品揃えで答えてくれるampm。思春期を過ぎたからといって排他されることもなく、自動ドアのセンサーは相変わらずの感じやすさで敏感に開いたり閉じたり。そんなampmへのリスペクトが、僕に851号「エロ本界のLOFT」を書かせたのだと思う。たぶん。


 だが、あれから半年ほど経ったいま、ampmを取り巻く状況は大きく変わってしまった。

 みんなも当然気がついていると思うが、オレンジと紫というパンチの効いたカラーのampmが、緑と白という無難なカラーのファミリーマートに次々と変わっていく現象が、散見されるようになって来ている。

 ファミリーマートに恨みはないが、あの「市場ぶり」はどうなってしまうのだろうか。僕はそれが心配でならない。仮にも「家族」を店名に用いるようなコンビニが、あのエロ本市場を扱えるのだろうか。もっと言えば、ファミリーマートのキャッチコピーは「あなたとコンビに」であるが、店員さんとコンビでエロ本を買うというのはちょっと意味がわからない。もしかしてエロ本を扱うのに最も向いていないコンビニなんじゃないか、という疑いすらあるのだ。ないけど。


 そんなことを思っているうちに、つい先日、家から会社までの道中にあった4軒のampmのうち、3軒がファミリーマートになった。僕の知らない街でも、ampmの灯はぽつりぽつりと消えているのだろう。近代文明はどこまで性に排他的なのか。これが定めかー。わー。最後は社会派ー。




※近日のライブは、
11/10(木)大阪 十三 [ テハンノ ]
ぜひぜひ!

詳しくは左メニューに掲載しているライブ情報をどうぞ。

[PR]
by lofibox | 2011-10-27 20:13 | ノーマルコラム
884号 「七つの傷を」
 北斗の拳の主人公、ケンシロウの通り名といえば「胸に七つの傷を持つ男」である。

 南斗六聖拳のひとり、殉星のシンに負わされた七つの傷。たしか、悪役のキャラクターがこの七つの傷をみて、相手がケンシロウだと気づくというシーンも度々あったと思う。そうして悪役を倒すケンシロウの姿は、まさに世紀末救世主と語られるにふさわしい。


 でも、もしこれが、「心に七つの傷を持つ男」だったらどうか。

 ・暗くて狭いところは落ち着かない。
 ・先っぽが尖ったものをみると怖くなる。
 ・高いところなんてもってのほか。
 ・そもそも人と話すのは苦手だ。
 ・あと犬も苦手。
 ・女性に近づくと動悸がする。
 ・ショートヘアの女性になると見るのも辛い。

 暗所、先端、高所、対人の恐怖症から、過去に犬に噛まれたことによるトラウマ。そして、学生の頃、はじめて好きになった女性にこっぴどくフラれた苦い経験に加えて、その子のトレードマークだったショートヘア、という隙のないラインナップ。世紀末関係なしに生きるのが辛そう。


 おそらく、前述の悪役キャラクターとのやり取りも変わってくることになる。まず尖ったものをみせてみて「ひい!」と怖がるかどうかとか、女性を近づけてみて「ハアハア」と息があがるかどうかなど試してみて、そのリアクション次第で「うわー、息があがってるー!心に七つの傷を持つ男だー!」とか、まぁ、こういう流れになるのだろうが、悪役がそれで逃げ出すかどうかは知らない。リンを助ける手も鈍りがち。




※近日のライブは、
11/10(木)大阪 十三 [ テハンノ ]
ぜひぜひ!

詳しくは左メニューに掲載しているライブ情報をどうぞ。

[PR]
by lofibox | 2011-10-26 20:58 | ノーマルコラム
883号「タケダテツヤー」
 そーらーをじゆうにーとーびたーいなー♪ 「ハイッ! タケダテツヤー」 (ムリでぇ〜す)


 というギャグが、仕事をしていたらふと浮かんできたので、早速に隣の席の同僚さんを連れ出して、切れ味を試させてもらった。当然、(ムリでぇ〜す)のところはテツヤ風でいきたいので、僕もがんばって声を作る。

 同僚さんからの感想は「仕事せぇ、仕事」だった。(好感触だな)と感じた僕は、「アホやな、仕事してるから思い付くねやんか」と返し、同僚さんもこれには納得していた。得てして、愉快に楽しくしているときにくだらないことは思い付きづらいものである。


 タケダテツヤと言えば、近年では見るたびに膨満感に襲われる「赤いきつねと緑のたぬき」のテレビコマーシャルでよく目にするが、あんなテンションでポケットからにゅーっと出てくるところを想像してみると、なかなか味わい深いのではないだろうか。

 また当然ながら、「赤いきつね」でも「緑のたぬき」でもなく、元ネタが「青いねこ型」であることは、押さえておきたい。




※近日のライブは、
11/10(木)大阪 十三 [ テハンノ ]
ぜひぜひ!

詳しくは左メニューに掲載しているライブ情報をどうぞ。

[PR]
by lofibox | 2011-10-25 22:02 | ノーマルコラム
882号「ケロッグのシリアル」
 ケロッグのシリアルが無性に食べたくなっている。

 まだ僕が少年の頃、はじめて「コーンフロスト」に出会ったときは、その美味しさに感動したものだった。切ったバナナを入れると贅沢で、朝食だけに留まらず、おやつにしたり夜食にしたりと大活躍のコーンフロスト。またあのひと箱が、驚くほどすぐに無くなってしまうのだ。シリアル、箱の半分も入っていないんじゃないか、という感じ。


 ただ、そんな僕の心を少しだけ曇らせていたのが、あのテレビコマーシャルだった。

 ポパイみたいな体つきのトラがおなじみだが、とにかく「コーンフロストを食べたら外で元気に遊ばなくてはいけない」というようなことを、トラがしきりに啓蒙しているコマーシャル。

 僕はコーンフロストが美味しいから食べているだけで、夏は扇風機の前でだらだら食べていたいし、冬はこたつに入ってぬくぬく食べていたい。それなのに、「それは異端だよ。コーンフロストを食べたら元気モリモリ、パワー100倍で遊ぶものなんだよ」と、トラは語りかけて来る。いまで言うところの修造みたいなトラだ。迷惑千万である。


 そこへ行くと、後に発売された「チョコクリスピー」のサルは、ニコニコしながら手拍子をするだけのひょろひょろしたサルで、けっこう好感が持てたものだ。美味しく食べるだけの僕を許してくれる、あれはそんなサルだった。




※近日のライブは、
11/10(木)大阪 十三 [ テハンノ ]
ぜひぜひ!

詳しくは左メニューに掲載しているライブ情報をどうぞ。

[PR]
by lofibox | 2011-10-24 20:05 | ノーマルコラム
881号 「秋の日のボンバーマン」
 最近は「ボンバーマン」のことばかり考えている。


 「ボンバーマン」とは、言うまでもなく、ファミリーコンピューターで発売された人気ゲームソフトのことである。だが、誤解しないで欲しいのは、僕は「ボンバーマン」のゲームの内容についてあれこれ考えている訳ではない。僕はそう、例えば大切な友人のことを想うように、ボンバーマン個人のことを考えているのだ。


 ご存知のように、ボンバーマンはそのままじっとしていたら、ものの数秒で敵に触れられ爆ぜてしまうという、世紀末以下の劣悪環境に送り込まれる。しかも、右か下か、選べる道もふたつだけ。こんなに方向を限定された出発が他にあるだろうか。

 さらには、唯一の武器「爆弾(ボンバー)」も、自分で導火線に点火して、そっと足下に置くことしか出来ないときている。戦争映画なんかでは、手榴弾にしろダイナマイトにしろ、敵に向かって投げたりなんかしているというのに、ボンバーマンはそっと足下に置くことしか出来ないのだ。何故だ。

 はっきりいえば、置いた瞬間、その爆弾も敵なのである。自らの安全を自ら壊しながら戦うしかないのだ、彼は。ひどい。


 ちなみに、ボンバーマンの主人公の設定が、名作「ロードランナー」の主人公の昔の姿だということは、あまり知られていない。地下で過酷な労働を強いられていたロボットが、人間になりたくて爆弾片手に地上を目指すという、妖怪人間ベムのような話なのだ。どこを切ってもせつない。

 秋の日のボンバーマン。文体もどこかセンチメンタルになってしまった気がする。いや、気のせいか。




※次のライブは、10/23(日)大阪 道頓堀 [ かつおの遊び場 ] です。ぜひぜひ!

詳しくは左メニューに掲載しているライブ情報をどうぞ。

[PR]
by lofibox | 2011-10-20 22:24 | ノーマルコラム