生乾きの与太話をモゾモゾと書いてます。読んだアナタの口元が、「ふにゃ」と緩めばしてやったり。日常の隙間にご覧あれ。
by lofibox
シミズマサトの音楽・落語の予定はこちら
◆シミズマサトFacebookページ◆


【メールを送る】
イベントのお問い合わせや感想など、お気軽にどうぞ。
カテゴリ
全体
ノーマルコラム
曲紹介
ライブ動画
ライブ情報など
長編小説的「YAKYU」
以前の記事
2018年 08月
2018年 02月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 04月
2004年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2001年 01月
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
「 2011年のライブ一覧 」
1/29 日本橋 太陽と月
南葉音/伊藤一樹/たまこ

2/10 天満橋 音太小屋
マサタケダ/久保田和之/進藤宏希

2/12 日本橋 太陽と月
ミッキー大畠/笹野雅之/小泉洋平

3/19 日本橋 太陽と月
杉坂拓馬/鈴木早苗/きえ

4/13(水)心斎橋 パルチザン
久保田和之/木村保志/

4/23 曽根 ALL
シマ☆シマ/マサ・タケダ

4/29 日本橋 太陽と月
ちはる/久保田智/森ミキ

5/4 日本橋 太陽と月
正垣祐樹/市村マサミ/サフラン/宮本龍門/久保田智/山下聡美/りりー/ハラジュンイチロウ/finola/キタニヤスタカ

5/19 十三 テハンノ
浅田純平/正樹/シーサー

5/25 日本橋 太陽と月
きよふみ/レトロぱんだ/本城タカヒロ

6/21 心斎橋 パルチザン
ヒトリバンケット/高松洋子

7/5 十三 テハンノ
Sakico/メロディーキッチン/Chori

7/16 曽根 ALL
シマ☆シマ/コネコブルース

7/17 道頓堀 かつおの遊び場
コネコブルース/吉村考平/東正道/前田和亮

8/5 心斎橋 パルチザン
深田ちひろ/裸喜亜

8/18 十三 テハンノ
岡部謙吾/今中健介/浅田純平

9/4 道頓堀 かつおの遊び場
赤いみ/ミチコ/オノサトミ/金谷雅志

9/8 十三 テハンノ
いおかゆうみ/谷口貴洋/あさじ

9/12 心斎橋 パルチザン
"TOBIIRI SONIC 2011"
コノカーン/半田悦久

9/22 十三 テハンノ
山口ももえ企画
「テハンノジャッジアワー」

10/10 南港
『食べて飲んで巡って楽しい。ベリバル』

10/23 道頓堀 かつおの遊び場
naggy/高橋拓磨/西村勇気/コネコブルース

11/10 十三 テハンノ
きよふみ/矢本健士/丘本浩一

11/23 神戸 カルロスロイ
マサ・タケダ/山田智史

11/30 心斎橋 パルチザン
進藤宏希/小泉洋平(ジャンボリー)

12/8 日本橋 太陽と月
旭克隆/岡田真美/戸田あきら

12/17 心斎橋 パルチザン
前原淳平/ぴーたん

12/23 日本橋 太陽と月
『うらなんばフェスティバル』
りんどう/市村マサミ/谷口伸和/kato/渡辺浩二/ドクトルミキ/加藤謙太/山下聡美/キタニヤスタカ/西堀風之介&祖田修

12/25 神戸 カルロスロイ
taka's/サザンハーモニー

12/30 日本橋 太陽と月
『歌うたいたちの夜』
市村マサミ/旭克隆/川上舞/谷綾花/本城タカヒロ/ジャンボリー/キタニヤスタカ
[PR]
by lofibox | 2011-12-31 23:58 | ライブ情報など
890号 「出会う」
 あっという間に大晦日。もういくつ寝たのか、明日にはお正月が来るというのだ。オドロキである。

 モチはのびるなーと思ったら桜をみていて、海で虫に刺されたなーと思っていたらいつのまにかヒートテックで着膨れしている。明日のモチものびるだろう。モチはまたのびて繰り返していく。


 とはいえ、モチと桜と虫刺されのことしか覚えていないかというと、そういう訳でもない。振り返ってみると、今年は「出会う」ということはやはり愉快だな、ということに尽きた気がする。そうだ、今回のテーマは「出会う」にしよう。さっそくGoogleで検索だ。それー。



 一番目に出て来たのは、「彼女が欲しい男性が女性と出会うためにはどこへ行けばいいのかという場所トップ10」という、大変冗長なタイトルのページ。しかし、これがGoogleにおけるモスト・フェイマスな「出会う」のページなのだから、チェックしない訳にはいかないだろう。


 まず1位は、「ソーシャル・ネットワーキング・サービス」だそうだ。これはmixiやtwitterのことだろうが、理由の説明書きに「面白い日記を書けばファンが増えます」とあって、ものスゴくざっくりしている。

 3位に目をやると、「ボランティア」とある。その説明は、「ボランティアに志願するということは女性と出会うためのよい方法です」というもので、いよいよこの記事の方向性がみえてきた。

 4位の「フィットネス教室」の説明も見逃せない。「フィットネスしに行けば、魅力的な女性を多く見つけ出すことができます」とあり、「フィットネスしに行けば」という投げやりな表現がキラリと光る。さらに注意点として、「激しいフィットネスは相手に話しかけられないので気をつけましょう」と、「息切れはマズい」ということまで指摘しているのだ。勉強になるなー。うそ。


 下位には「オフ会」など、輪郭がはっきりしない場所が混ざっていて、どこに行けば良いのかもうひとつわからない仕上がりになっていた。さすがのGoogleも、「出会う」のような深いテーマだと、モスト・フェイマスが崩れて来るのかもしれない。「出会う」とは何か。そのテーマの難しさを、Googleは僕らに教えてくれている。



 あっという間の大晦日。げに憂き世なれど、たくさんの出会いに、許された冗談に、腑に落ちたことばに、感謝を。只の一日が過ぎ、年が行きます。モチは明日ものびるでしょう。





※来年1月のライブは、
1/15(日)大阪 道頓堀「かつおの遊び場」
1/19(木)大阪 十三「クラブウォーター」

詳しくは左メニューに掲載しているライブ情報をどうぞ。

[PR]
by lofibox | 2011-12-31 15:34 | ノーマルコラム
889号 「節電について」
 僕の職場のトイレは、ビル全体の共用になっている。

 これから書く内容がより伝わるように、先に状況を詳しく説明しておこう。ビルの共用男子トイレには、小便器が2つ、個室が2つ備わっており、その個室の便器は和式で、こびりついているか、詰まっているか、どちらかに遭遇する可能性が3分の1、といった設備状況だ。「3分の1は糞尿が惨状」という歌があった気がするが。ちょっとちがったか。


 では、本題に入ろう。

 この半年程だろうか。節電ブームが浸透しているのか、大なり小なり用を足してトイレから出るときに、電気を消して行くひとが増えた。

 それはそれでいいんだ。それはそれでいい。ただ、このことによってひとつ困った問題が起きている。その問題とは、「大なり」の方に取り組んでいるとき、「あまり物静かにやっていると、存在に気づかれずに電気を消されてしまう」というものだ。

 ついさっきも電気を消されてしまったところで、自分のお尻が拭けているのかどうかもわかりやしない有り様だった。


 本来、「大なり」の方は、つまりコウンをしているときは、出来るだけ音は出したくないものなのに、この問題が起こり始めてからは、ある程度積極的に音を出していくしかなくなっている。ブーブーと屁をしてみるであるとか、ペーパーをカランカランと出してみるとか、そういう不本意なことが求められているのだ。当然、まだペーパーを使うタイミングでない場合は、逆回転で戻すしかない。実にばかばかしい。


 詰まるところ僕がいいたいのは、「改革には痛みが伴う」などと言ったひとがいたが、「節電にも臭みが伴う」ことがあるんだぜ、ということだ。




※近日のライブは、
12/8(木)大阪 日本橋「太陽と月」
(共演) 旭克隆/岡田真美/戸田あきら

師走の間隙を縫って、慌ただしさのガス抜きをね。気軽にどうぞ!

詳しくは左メニューに掲載しているライブ情報をどうぞ。

[PR]
by lofibox | 2011-12-06 17:45 | ノーマルコラム