生乾きの与太話をモゾモゾと書いてます。読んだアナタの口元が、「ふにゃ」と緩めばしてやったり。日常の隙間にご覧あれ。
by lofibox
シミズマサトの音楽・落語の予定はこちら
◆シミズマサトFacebookページ◆


【メールを送る】
イベントのお問い合わせや感想など、お気軽にどうぞ。
カテゴリ
全体
ノーマルコラム
曲紹介
ライブ動画
ライブ情報など
長編小説的「YAKYU」
以前の記事
2018年 08月
2018年 02月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 04月
2004年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2001年 01月
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧
902号 「康(やすし)」
 
 どうも母親的なことが絡む失敗というのは、やたらに恥ずかしいのである。


 アメリカの法廷で、ある裁判官が最終弁論中にスマートフォンを鳴らしてしまい、その反省として、日本円でおよそ2400円の罰金の支払いを自らに命じた、という出来事が記事になっていた。

 2400円という金額にどれ程の意味があるのかはわからないが、この裁判官は「私は全ての言い訳を受け入れない」と自分自身にコメントしているそうで、自責の念は相当なものなのだろう。表現がちょっと大袈裟じゃあないか、という気はするけど、日本語訳の文章にはありがちなことでもあるし。


 さらに記事を読んでみると、「スマートフォンが鳴った」というのは、電話やメールの着信ではなく、何かの拍子に音声操作の機能が始まってしまった、ということらしかった。そうなると当然、指示の音声が欲しいスマートフォンは、法廷中に響き渡るそれはそれは大きな声でこう言ったそうだ。

 「何を言っているかわかりません、ママのように言ってください」


 ここまで読んで、この裁判官のコメントが翻訳によって大袈裟な表現になっている訳ではない、ということが、僕にはハッキリとわかった。彼は誤魔化そうとしているのだ。話を大袈裟にして、細かな状況をうやむやにし、特に「ママのように」というフレーズあたりを無かったことにしようとしている。そうやって本当にお恥ずかしいことに目が行かないようにしているのだ。中途半端な2400円はダメ押しの一手。


 さらには、「裁判官は人間です。規則を超越するものではありません。私は規則を守る立場であるにもかかわらず、規則を破りました」とか言っている。ふふ、またわかりやすいことを。間違いない。じっちゃんの名とかけまして、謎と解く。僕の祖父の名は「やすし」だ。




【近日のライブ予定】
▶4/19(金)大阪 天満「Lipija(リピジャ)」
▶4/24(水)大阪 道頓堀「かつおの遊び場」

詳しくはブログの左側メニューに掲載しているライブ情報をどうぞ。

[PR]
by lofibox | 2013-04-18 08:14 | ノーマルコラム
901号 「困惑の本格コーヒー」
 
 近所のセブンイレブンにコーヒーをいれる機械が導入され、レジでカップを売るようになってから、もう何ヶ月になるだろうか。

 導入された直後は、レジで会計をしている時はもちろん、店内をまわっているだけでも「本格コーヒーはいかがですか?100円で豆にこだわって香りもうんぬん」と、売り口上を聞かされたものだった。「よほど力の入った企画なんだな」と思いながらも、元々コンビニ店員の業務に「売り口上を聞かせる」というのは入っていない訳で、特にアルバイトの店員さんは慣れない仕事に四苦八苦しているようだった。


 数日経ったある日。レジに並んだ僕の応対をしたのは店長さん。

 「あのお客様、あちらの本格コーヒーはいかがですか。100円とは思えない美味しさですよ!味見だけでも結構ですし!」

 さすがに店長さんは押しが違うなあと思いながらも、味見が出来るならしてみようかと思い、お願いすることに。


 コーヒーの機械の前に移動するや、マシンガンのような売り口上がスタート。「美味しいコーヒーがあればというご要望にうんぬん、豆はどこそこ産のあれがそれでかんぬん」。もう何度も口にしているであろう口上は、途切れることなく語り続けられる。「ではこちらを味見していただいて、ええもう味見だけでも結構ですので、これで買って頂かなければ困るというようなことは申し上げませんし、ハッハハ!」。

 ずずず、と啜ってみると、なるほど美味しい。これなら買ってもいいかなと思い、「うん、美味しいです。じゃあそのMサイズで…」と言い掛けたのだが、

 「美味しいでしょう!もうですね、味見だけでもですねえー、していただければもう、絶対に美味しいですから!それさえね、わかって頂ければもう、ご購入は次の機会で結構ですので。ええ、そんなね、無理強いは出来ないですから我々も。ハッハハ!」

 「いや、あの」

 「では、またのご来店お待ちしておりますので!ありがとうございましたー!」



 後日、缶コーヒーの棚の前に立っていると、「お客様、あちらの本格コーヒーの方が20円安いですが、いかがですか?」と、本末転倒なことを言うアルバイトの店員さんもいた。どうなるセブンイレブン。見守るしかないが。




【近日のライブ予定】
▶4/16(火)京都 九条大宮「cafe 密柑」
▶4/19(金)大阪 天満「Lipija(リピジャ)」
▶4/24(水)大阪 道頓堀「かつおの遊び場」

詳しくはブログの左側メニューに掲載しているライブ情報をどうぞ。

[PR]
by lofibox | 2013-04-14 17:19 | ノーマルコラム