生乾きの与太話をモゾモゾと書いてます。読んだアナタの口元が、「ふにゃ」と緩めばしてやったり。日常の隙間にご覧あれ。
by lofibox
シミズマサトの音楽・落語の予定はこちら
◆シミズマサトFacebookページ◆


【メールを送る】
イベントのお問い合わせや感想など、お気軽にどうぞ。
カテゴリ
全体
ノーマルコラム
曲紹介
ライブ動画
ライブ情報など
長編小説的「YAKYU」
以前の記事
2018年 08月
2018年 02月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 04月
2004年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2001年 01月
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
914号 「占いと僕」
 大阪市の福島区に、「売れても占い商店街」と呼ばれている商店街がある。

 言葉どおり多くの占い師がいる商店街で、歴史も古く、戦前は大阪の4代商店街とも称された商店街であるが、僕は何年もこの商店街のことを「売れても売らない商店街」だと思っていた。

 我ながら無理もない。はじめてこの商店街のことを知ったのは、友人から口頭で聞いたときである。その言葉の響きを素直に受け取った僕が、「品物は売っても魂までは売らない」みたいな話だと解釈するのは不自然ではない。意味はよくわからないけど、気合いの入った商店街なんだな〜と、僕は感心したものである。

 そういう経緯があるから、その後、実際に福島区を歩いていて「売っても占い商店街」という文字が目に入ったときも、「あぁ、売らないと引っ掛けて、占いのイベントでもやっているんだな〜」と考えてしまう始末だった。刷り込みとは恐ろしい。

 また、占いといえば、以前に「あなたの前世がわかる」という人に僕の前世を尋ねてみたところ、「はんぺん」という答えが返ってきたことがある。練り物だった。

 前世という枠の中に加工品が入ることってあるのだろうか。だとして、たくさんの魚がミンチになった練り物の、僕はいったいどういう存在なのだろうか。悩もうと思えば悩める話だが、今回のコラムを通じて、僕があまり占いに興味がないことはわかってもらえたと思う。
[PR]
by lofibox | 2014-09-26 00:15 | ノーマルコラム
913号 「腰パン禁止条例」
 フロリダ州中部のオカラ市にて、「腰パンを禁止する条例」が制定からわずか2ヶ月で撤廃されたらしい。

 なんだか似たような記事があったような…と思ったら、630号「下げ気味ズボン」にて、ズボンを下げ気味に履いてはいけない法案が否決された、という記事を取り上げていた。こちらはルイジアナ州だ。

 630号で既に触れているが、腰パンファッションの始まりは、刑務所で受刑者に支給される囚人服だと言われているらしい。なんでも太った受刑者にも入るよう大きめに作られているので、多くの受刑者にとってズボンはぶかぶか。すぐにずり落ちてくる。それが腰パンファッションの始まりなんだとか。「よく始まったな〜」と、何度書いても思う。

 ルイジアナ州では法案は否決されており、今回フロリダ州では制定はされたものの2ヶ月で撤廃。腰パン派の奮闘ぶりが伺えるとともに、どうやらアメリカにはどうしても腰で履いて欲しくない派閥が根強く存在するのだということがわかる。一方で、僕はどちらかと言えばこしあん派である。

 オカラ市評議会で唯一、撤廃に反対票を投じたメアリー氏は、この条例制定のために6年にわたってキャンペーンを展開してきたという。メアリー氏がそこまで情熱を傾ける理由はわからないが、やはりオカラ市だけに、ものはズボンの腰まわりでも絞りが大切ということなのだろう。 
[PR]
by lofibox | 2014-09-18 18:19 | ノーマルコラム
912号 「陰謀論」
 「腹に一物を抱える」という言い回しがあるが、やはりこの時期、もっとも腹に一物を抱えているのは「秋刀魚」ということになるだろう。

 この場合の「一物」とは、つまり「たくらみ」である。秋刀魚のあの一物の苦みを思い出してみてほしい。あの苦みこそが「たくらみ」なのだ。僕らはたくらまれている。だから当然苦い。甘くはない。そして、その「たくらみ」とはズバリ、おセンチメンタルへの誘いだ。マジで。

 この説を証明しているのが、春の盛りと秋の走りに押し寄せる、あの言い知れぬ空しさ、侘しさである。みんな少しく情緒が不安定になり、おセンチメンタルへ一直線。からの袋小路。答えは風の中と言ってはみても、春の嵐に台風で、端からびゅーびゅー飛んで行く。そしてそれらの時期、僕らはいつのまにか「苦み」を味わっているのだ。山菜だとか、秋刀魚によって。それが彼らの術中とも知らずに。

 なにしろ「腹に一物、背中に荷物」というぐらいのものだ。腹の一物を味わったなら、その瞬間もう背中に荷物は積まれている。おセンチメンタルの荷物を背負って、人はどこに歩き出せる訳でもなく、ただその場でぶつくさといろんなことを言い出す始末。また脂がのっていたりするから口の滑りも妙によく、ひたすらおセンチを垂れ流し、やるせないから酔っ払い、10も数えりゃその場で寝ーとる、という訳である。

 最後のはセンチとメートルを引っ掛けたダジャレだ。こういう説明をしてしまうのも、つまりはたくらまれている結果なのだ。この話がよくわからないという人は、今日にも秋刀魚を食べなさい。美味しいよ。
[PR]
by lofibox | 2014-09-10 06:23 | ノーマルコラム