生乾きの与太話をモゾモゾと書いてます。読んだアナタの口元が、「ふにゃ」と緩めばしてやったり。日常の隙間にご覧あれ。
by lofibox
シミズマサトの音楽・落語の予定はこちら
◆シミズマサトFacebookページ◆


【メールを送る】
イベントのお問い合わせや感想など、お気軽にどうぞ。
カテゴリ
全体
ノーマルコラム
曲紹介
ライブ動画
ライブ情報など
長編小説的「YAKYU」
以前の記事
2018年 08月
2018年 02月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 04月
2004年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2001年 01月
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2015年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
931号 「高野豆腐に座って」
 家の近所の道端にずっと打ち捨てられていた、一脚のソファ。

 ところどころ表面が破れており、中から黄色い綿がはみ出しているそのソファは、雨風に晒されて日ごと汚れが酷くなっていた。最も見た目が酷くなるのはやはり雨の日で、ぐっしょり濡れたマットに染み込み切らない雨が、昔は白かったであろうカバーの表面に浮き出して巨大な高野豆腐のようになっており、ちっとも美味そうじゃないその姿がソファのことながら悲しみを誘う。構造は単純な物で、元々そんなに高級なソファではないように思えるが、それが捨てられた理由なのかは定かではない。

 打ち捨てられたそのソファは、十日程経ってもまだそのままだった。


 ある日、そのソファに人が座っているのが遠くから見えた。近づいてみると、近くの道路で工事をしていた作業員の人たちが、弁当を食べている。そのソファのソファらしいところを初めて目にした僕は、何となく「よかった」というような気持ちになり、同時に「このソファ、これっきりかもなあ」というようなことも思った。


 ところがその数日後、雨の日である。

 「ここは私たちの休憩所なので、弁当を食べないでください」

 こう書いてある紙が、ソファに貼られていたのだ。僕はくらっとした。あまりに狭量な「私たち」。休憩所という定義。ぐしょぐしょの貼り紙。高野豆腐。僕が認識していたよりも遥かに高い濃度で、この世はわからないことだらけであるらしい。興味のない難解なミステリーを無理矢理読まされたような疲労感で、僕はくらくらしながら家に戻った。


 腑に落ちない話だけに、オチはない。
[PR]
by lofibox | 2015-06-25 20:31 | ノーマルコラム
930号 「アシカにもそういうところがある」
 夜な夜な呑み歩いている僕だが、やはり酒には肴が重要になってくる。

 「いきなりなんだ」というような書き出しだが、これは実際にそうだ。だいたい酒には適した肴があって、日本酒には、焼酎には、ワインには、ウイスキーには、と、それぞれ「これだ」という肴があるものだ。「酒は人類の友である」とも聞くが、そうであるならやたらめったらに酔っ払うばかりでは友達付き合いも一方通行というもの。毎夜の酒にぴったりくる肴を用意することが出来れば、友達との付き合いも豊かになるだろう。


 さて、人類がそうであるのはそれとして、「実はアシカにもそういうところがある」というのが今回の話題だ。

 オレゴン州アストリアの港で、船着き場に詰め掛けたアシカが不当に、いや埠頭を占領してしまったという記事があった。桟橋が壊されたり糞尿まみれになったりと、けっこうな被害が出ているらしい。破壊と排泄の二重快楽とは、さぞアシカは気持ちがよかろうと思う。


 そこで人類が立てた対策が、実物大のシャチ模型を泳がせてアシカたちを追い払おうというものだった。

 要するに案山子作戦なのであるが、このシャチ模型にはエンジンが付いていて、スピーカーからは録音したシャチの声が流れるという。ドローンが飛び交うこの近未来において「なんだかなあ」感がぬぐえない上に、人が乗り込む運転席まで付いているそうで、それがまた何とも。


 ところで、何故アシカが船着き場に詰め掛けているかというと、どうも産卵の為に集まって来るサケを美味しく頂くのが目的らしい。

 作戦の方は案の定失敗。エンジントラブルにより水中で引っ繰り返ったシャチから慌てて飛び出す運転手。アシカたちは怖がることもなく、その滑稽な姿を見物してサケの肴にしていた。という話である。

 勿論、人類サイドも必死であることは承知しているので、アシカらず。
[PR]
by lofibox | 2015-06-18 14:22 | ノーマルコラム