生乾きの与太話をモゾモゾと書いてます。読んだアナタの口元が、「ふにゃ」と緩めばしてやったり。日常の隙間にご覧あれ。
by lofibox
シミズマサトの音楽・落語の予定はこちら
◆シミズマサトFacebookページ◆


【メールを送る】
イベントのお問い合わせや感想など、お気軽にどうぞ。
カテゴリ
全体
ノーマルコラム
曲紹介
ライブ動画
ライブ情報など
長編小説的「YAKYU」
以前の記事
2018年 08月
2018年 02月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 04月
2004年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2001年 01月
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
※歌詞 「Hide'N'seek」
Hide'N'seek

タラリない 平凡な平野に出て
持て余すこの腕は 君を抱きたい

揺れた髪が少しだけ 見えたような気がして

心の奥 隙間風を塞がれると
人は弱い 僕も弱い もうダメだ

その日から時間は無限に 無駄な事は無くなった

あぁ 今そこに居ただろう? 僕を待ってんだろう?
捜査線上に浮かんだ君のサスペンス 魔法の残り香


もういいかい 捕まえてもいいかい
まだだよ それじゃ魔法は解けない
もういいよ を待ってるだけじゃ Oh Baby

君の姿は消えてる


Hide'N'seek

チョケられない 君は優雅
僕と2人 世界に2人みたいだ

今度捕まった時には 覚悟して
君の不自由を貰う

あぁ 解ってるよ君はその角を 右に曲がる
僕は先回りして 花束を持って 待ち伏せてる


孤独じゃないよ一人なだけさ それが証拠にこの躍動感
姿は無くても別れはないと言う 星を仰げば別れはないと言う

もういいかい 捕まえてもいいかい
まだだよ それじゃ魔法は解けない
もういいよ を待ってるだけじゃ Oh Baby

君の姿は消えてる


Hide'N'seek タラリない 平凡な平野に出て
持て余すこの腕は 君を抱きたい

君を抱きたい

日が暮れる前に迎えに行かなきゃ‥‥
[PR]
# by lofibox | 2001-01-01 06:00 | 曲紹介
※歌詞 「驚き桃の君」
あのビルが3度傾いてる
気づいてるの 僕だけ
石橋を叩いて叩いてたら
橋が崩れたよ それだけ

春の次に夏が来るのを
疑ってるの 僕だけ
くしゃみでつむじ風を
起こせる僕だよ それだけ

僕が現れたからには
きっと何かしてみせましょう
指を弾けば花も咲いて
君の鼻をあかすんだ

僕のトビキリのサプライズをあげよう 君に
恋人たちが口々に交わす言葉もその中に

君のへたくそなラッパで
踊りだすの 僕だけ
君のお気に入りの
靴の音がわかるの 僕だけ


時間が解決してくれるなんて
まだ信じてるの 僕だけ
心模様映し出しては
知らないフリの 空

立方体の風下で
下手くそな雨宿り
ふいに背中を押されて笑う
3秒後の未来に

君のいたずらが憂鬱をかき混ぜるのさ 僕の
何をする訳でもなく ただ2人居るだけでもう あぁ
[PR]
# by lofibox | 2001-01-01 05:00 | 曲紹介
曲紹介 「裸の午後」
僕は僕が思う程に 強くはないと解ってから
僕は僕が思い込んだ か弱い僕にすがってる

今宵は月が綺麗だって 時々思うようになって
顔を洗う回数が 訳もなく増えてきている

もう 夜は明けたのに 僕はベッドから出られない

忘れモノや落しモノが 時々わざとらしかったら
そのままにして ほおっておいてね

貴方が強くいう程の 棘はなかったばらの花
僕は多分少しだけ 泣いていたんだと思う

もう 冬は過ぎたのに 僕は 毛布にくるまってる

少し苦い 道草をくったよ もう追いつけないような 気はしてるけど

僕が僕に触れた時の 感覚が今薄れている
地に足つける要領で 僕は自分を確かめた

涙はどこに落ちるのか なんてもうどうでもいいや
いつかの思いはいつの間に 僕のモノではなくなってる

夢に現れたあなたも いつの日か思い出せそうです
[PR]
# by lofibox | 2001-01-01 04:00 | 曲紹介
リンク
[ 絵日記でもかいてみようかMAIDO ]
-> 毎日みてます。本も持ってます。奥さまはマリナーゼ。にこにこしちゃうよ。
[ 空っぽアタマの遥か彼方へ ]
-> 10m先のゴミ箱にでも、チリ紙を投げ入れることが出来る男がいたとしたら。
[ 太陽と月 ]
-> びっくり箱。
[ パッショーネエンターテイメント ]
-> 前歯が抜けたらおもしろい。奥歯が抜けてもおもしろい。
[ FOOTBALL JUNKY ]
-> 僕もサッカーは好きですが、彼は時々めんどくさい程にサッカーです。

※あいうえお順
[PR]
# by lofibox | 2001-01-01 00:00