生乾きの与太話をモゾモゾと書いてます。読んだアナタの口元が、「ふにゃ」と緩めばしてやったり。日常の隙間にご覧あれ。
by lofibox
シミズマサトの音楽・落語の最新予定はこちら!
◆シミズマサトFacebookページ◆


※ライブ情報の詳細はFacebookページをご覧頂ければ幸いです。

【メールを送る】
チケットの取り置きや感想など、お気軽にどうぞ。
*-*-*-*-*-*-*-*-*
◆ライブ情報◆
────
7/26(水)
心斎橋「パルチザン」
w/磯崎陽平(50/50's)
開場19:30/開演20:00/¥1500(1ドリンク付)
────
8月3日(木)
日本橋「太陽と月」
<居酒屋シミズ>
19時開店予定
────
8月6日(日)
塚本「エレバティ」
w/槇平れん/市場寿司郎/米谷考平/シンコウズ
開場18:00/開演18:30/adv¥1500/door¥2000(1dr別途)
────
8/19→20(土・日)
三重 豊津上野「海の家ええかげん」
<ミエフェス。vol.8>
開場10時/開演11時
────
8/21(月)
名古屋 池下「GURU×GURU」
開場19:30/開演20:00/¥1500(要1ドリンク注文)
出演:シミズマサト/稲造/他
────
8/27(日)
東心斎橋「居酒屋ほおずき」
<日本酒と落語の会>
出演:古今とこ頻ん尿/ナマス亭ひとり
開演:18時(各一席ずつ)
────
9/24(日)
東心斎橋「居酒屋ほおずき」
<日本酒と弾き語りLive」
出演:いわいあや子/シミズマサト
1部開演:18:00〜/2部開演:19:30〜/¥投げ銭
────
(敬称略)

*-*-*-*-*-*-*-*-*

↓文庫本が出来ました↓

あまりに少ない初版数に、出来たその日から品切れ中。増刷に向けて労働します。とほほ。

*-*-*-*-*-*-*-*-*

◇終了したライブ◇
▶2010年までのライブ一覧
▶2011年のライブ一覧
▶2012年のライブ一覧
▶2013年のライブ一覧
▶2014年のライブ一覧

1/7 シルバーウイングス
関口哲也/立川玄

1/11 太陽と月
前原淳平/川内聡一朗/ショウジョウハイライト

1/24 かつおの遊び場
半田悦久/ひとりナマステ/rufflls

1/26 ワンドロップ
森口英彦/磯山達也/

1/30 太陽と月
岡田真美/かるちん/萌えもえにゃんにゃん

2/3 エレバティ
新巻和樹/岩井わい/きたぼー

2/5 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

2/12 Mele
井戸正太/後藤明/おはるの時間/陸奥拳

2/14 太陽と月
ベベルとエンボス/記憶ソーダ/lee:no

2/18 酔夏男
町田直隆/岸っしゃん/ぶすぶりっこ/キャミストリー/石田千尋

2/20 パルチザン
田渕光成

4/12 Brothers & Sisters
lee:no/稲田一馬/

4/23 Mele
口石和人(サンドバックス)/柴田太尊/辰巳慶一/山下ヒロシ(ラダー)

4/25 パルチザン
堀田ダチオ

4/29 ファンダンゴ
<パルチザン10周年記念イベント>

5/1 アヒルノ
<リニューアルパーティー>

5/2 パルチザン
カシダ

5/3 太陽と月
<第一回よせて寄席>
鯉鮎亭ボタン/ロック亭チリ紙/ロック亭ルーズ/三名/ひとりナマステ(ギター漫談)

5/13 エレバティ
フラフープス/礒野聖矢/Theムッシュビ♂ト

5/17 テハンノ
seiji/山田智史/トウギシカズヤ

5/24 太陽と月
小泉洋平/CAT FISH KING/ミッキー大畠

6/4 Mele
UpperSixx/Beg/ナガタヨシキ/ytakeko(oops! here I go again)

6/18 酔夏男
金丸亮太(雨市)/キタ(than)/さかもとたかはる

6/20 Mele
<Barプカプカ20周年記念ライブ>

6/26 太陽と月
Katsu/福重ユキオ/Tiny

7/3 エレバティ
石の拳/THE HOT TiMES/モンゴリアンダイナマイツ/見市雨桃

7/16 Mele
井戸正太/moca/辰己慶一/UpperSixx

7/20 太陽と月
<第二回よせて寄席>
鯉鮎亭ボタン/三名(みつな)/猪家熊吉/ミサイル濱野/おぎの信号/露の新幸

7/28 パルチザン
<実機なき戦い>
登山正文 VS シミズマサト ツーマンライブ

7/29 酔夏男
『背筋も凍る怖い話大会〜絶対にSNSにはあげられない〜』
じゃっく

7/31 気仙沼まただいん
鯉鮎亭ボタン/くぼ&みのうら/Tender and Paul.Naru

8/4 ネガポジ
谷直也(gue)/リュウジ/伴野一輝

8/15 海の家 ええかげん
<ミエフェス Vol.6>

8/22 VOXhall
町田直隆/マルヤマトモコ/キチュウ

8/25 テハンノ
「悠」/くビれ/

8/28 太陽と月
キタ(than)/バニーマツモロ/siva

9/13 太陽と月
シミズマサト主催イベント
<エンゲイミュージアム>
じゃっく(イヌガヨ)/正垣祐樹/ひこーき雲/馬と魚/市村マサミ/鯉鮎亭ボタン/露の新幸/ひとりナマステ/デジタルケイタ

9/17 Mele
広島綾子(東京)/はあとぶれいく/辰巳慶一/滝口ナオシゲ/

9/25 エレバティ
岩井わい/ キタ(than) /玉木英雄(キリングマネーズ)

10/1 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

10/2 Mele
朝倉祐太(モンスターロシモフ)/cue/マロニエ堂/橋村恭平

10/11 そぶら山荘
<ハミングバードフェスティバル>

10/23 太陽と月
阿木伸雄/萌えもえにゃんにゃん/藤本歩美

10/25 ライヴ喫茶 亀
<デジ亀寄席>
つづら/まとばっくす/桐のはこぶた/桐のぎりぎり/女御亭伝喜
企画・構成 高田豪

10/30 プカプカ
<生音ライブ>

11/6 Mele
口石和人(サンドバックス)/マロニエ堂/滝口ナオシゲ/市川与一

11/7 パルチザン
Capo

11/23 太陽と月
<第3回 よせて寄席>
鯉鮎亭ボタン/三名/ロック亭メロディ/Muicy

11/27 エレバティ
バカ力/しんぐべー(黒色青年)/ぴろ男爵

12/3 セラー
<アメ村フォークジャンボリー>

12/4 BlueEyes
立川玄/ゆとリズム♨︎

12/13 太陽と月
不二才/小泉洋平/矢本健士

12/19 音家松林商店
方々/儀間博幸/THE★わたる

12/21 パルチザン
奥村由希

12/30 Mele
<メレメレ忘年会>

1/5 エレバティ
市村マサミ/進藤宏希/リー・ルード/吉見拓哉

1/17 太陽と月
<新春!第四回 よせて寄席>
鯉鮎亭ボタン/三名/夕凪亭あおひげ

1/18 酔夏男
<新春ホームラン王決定戦>

1/21 Mele
THE HOT TiMES/あうんさん・すうじぃ/Risa, Steg & Mayers

2/12 パルチザン
杉本ユーイチ

2/14 Cafe&BAR 大丈夫
<第1回大丈夫杯 大喜利選手権>
やっさんブル/あまっぺ(タロッツ)/Fワラさん/なべちゃん(Lainy J Groove)/わんぱく清水/大喜利司会:カジワラコウジ

2/18 tora
まえざわけんいち/快賊guld+/あわめ/芽衣子

2/27 酔夏男
岡部洋子/サワラデザート/藤井えい子/あさじ

2/29 Mele
口石和人(サンドバックス)/雪盗境士/シモヤンツジヤン/ナガタヨシキ

3/3 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

3/17 エレバティ
キタ(than)/びばオチアイ/kitabow/ビリーボーイ

3/19 BlueEyes
浮浪雲/VJ☆脱肛/寅(富山)/登山正文(私の思い出)

3/26 太陽と月
沸き出せ!温泉ズ/大島圭太/キタ(than)

4/2 クラブウォーター
イッポンマツ/小川アキオ/モンキーサイクル/方々(HOBO)&みっちゃん&長芳弘

4/13 ネガポジ
ヘテロズ/永倉彩乃/Novelman

4/22 セブンデイズ
<真下梓レコ発>
真下梓/石田千尋

4/29 ファンダンゴ
<パルチザン11周年イベント>

5/3 ライヴ喫茶「亀」
つづら/まとばっくす/泥亀亭ヤング/山田とし

5/14 Cafe&BAR 大丈夫
マサ・タケダ/モロボシキルオ

5/17 酔夏男
田高健太郎/傷心の松/サワラデザート/藤山拓

5/20 Mele
<メガネのスリーマン>
マロニエ堂/ムッケンナガノ

5/22 宙空Bar テオ
<宙空Barテオ こけら落とし寄席>
ジョン・リー・ふか丸/麻石家パンク

5/29 Cafe&BAR 大丈夫
<いつまでも世界は…>

6/2 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

6/10 tora
ハナウタ/山本悠介/畑歩/KEEWO

6/16 エレバティ
生き仏/見市雨桃/僕のカリフラワーちゃん/フラフープス

6/19 BARプカプカ
キウチユウスケ

7/12 太陽と月
方々(HOBO)/カオリーニョ藤原/外村伸二

7/16 Cafe&BAR 大丈夫
マサ・タケダ/モロボシキルオ/橋村恭平

7/24 居酒屋ほおずき
正垣祐樹

7/31 太陽と月
<第伍回 よせて寄席>
ナマス亭ひとり/ロック亭チリ紙/三名/罪華子

8/1 酔夏男
さかもとたかはる/岸っしゃん/下町ドンピシャーズ/市村マサミ/親斗

8/12 GURU×GURU
マサ・タケダ/モロボシキルオ

8/20-21
<ミエフェス vol.7>

8/30 エレバティ
町屋菊一/松本英二郎/吉見拓哉/スケモンのロング

9/1 セラー
<フォークジャンボリー>

9/3 tora ※落語
瀬戸楓太/市村順平/関大介

9/9 酔夏男
廣瀬義政/金丸亮太(雨市)/サコウイサオ/豊田梵

9/15 Mele
じゅん☆ONE/辰巳慶一/後藤明/山下ヒロシ(ラダー)/ツキミツカオリ

9/24 Ma-ha
<Moodoor vol.33>
Music:Tisavo/大停電(solo)/Tsukiko LOVE/シミズマサト
Live Paint:silsil/松田真哉/tsubasa./コジマユイ

10/2 プカプカ
<生歌ワンマン>

10/8 大丈夫
モロボシキルオ/橋村恭平/だいすけ/マサ・タケダ

10/15 パルチザン
いわいあや子/大石隼輔

10/21 tora
than/吉見拓哉

10/28 Mele
ザ・ディディディディーズ(東京)/NIAGARA BUILDING/THE PENNY LANES

10/30 太陽と月
<第六回よせて寄席>
鯉鮎亭ボタン/三名/ナマス亭ひとり/古今とこ頻ん尿

11/3 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

11/12 ReedCafe
大津光央

11/13 ほおずき
<ひやおろしと弾き語り>
マサ・タケダ

11/20 太陽と月
<ヒントのピント>
露の新幸/ひとりナマステ

11/22 Mele
吉見拓哉/ぴろ男爵/滝口ナオシゲ/辰巳慶一

12/3 大丈夫
マサ・タケダ/橋村恭平/高倉尚吾

12/12 Guru×Guru
429/星空じゅんこ

12/17 パルチザン
キタムラリョウ/ハグ林

12/21 セラー
<アメリカ村フォークジャンボリー>

12/30 Mele
<メレメレ忘年会>

1/6 酔夏男
藤山拓/よりえ/キタ(than)/市村マサミ

1/20 エレバティ
米谷考平/オータムス(単騎)/鈴本彰

1/23 酔夏男
ザ・サウスソース/立川玄/豊田梵/ユウキミリオンセラー/まえだけんた

1/29 太陽と月
<第七回 よせて寄席>
濁り酒二合/ナマス亭ひとり/サオリン城間

2/3 酔夏男
岡部謙吾/マサ・タケダ/さかもとたかはる/秋山カラスウリ

2/16 tora
ザ・ツイてるず/脳内麻薬/The Hula Foops/パン〜THE王様クジラ〜

2/18 パルチザン
いわいあや子/大石隼輔

3/8 ネガポジ
伯川修平/Nonsugar/Novelman

3/12 居酒屋ほおずき
じゃっく(イヌガヨ)

3/31 GURU×GURU
橋本進/ギターうなぎ

4/12 鮨処小町
Nの集落/マサ・タケダ

4/15 パルチザン
<シミズマサト独演会>

4/22 BARプカプカ
市村マサミ

4/29 ファンダンゴ
<パルチザン12周年イベント>
ジャカランタン/西島衛/浮浪雲/久保田和之/市村マサミ/マサタケダレディオデイズ/清水由貴/アフターアワーズ/ロマネ/らせん/Bacon

4/30 太陽と月
<第八回 よせて寄席>
野D/ミサイル亭濱野/ナマス亭ひとり/三名/魅多羅詩じゅん子

5/8 酔夏男
藤山拓/320/傷心の松/飛松正輝/オガサワラヒロユキ

5/11 BEATLE
<フォークジャンボリー>

5/26 エレバティ
吉見拓哉/びばオチアイ/siva/岩井わい

6/4 朝日温泉
<銭湯に行こう!Vol.6>

6/10 パルチザン
いわいあや子/大石隼輔

6/13 パルチザン
<落語三人会>
武田家酔ん愚/濁り酒二合

6/16 tora
芽衣子/おーやなち。/武内太一

6/18 プカプカ
磯崎陽平(50/50's)

7/1 酔夏男
もりやまかずひさ/じゃっく(イヌガヨ)/岡部謙吾(イヌガヨ)

7/8 Mele ※シミズ楽隊にて
THE HI HAT WHISKY/ザ・サンダーボーイズ

7/12 ロフトプラスワンウエスト
<御SHOW会LIVE 第三夜>
徳永由希/なかのいくみ/あんどーまいか/山本新/ぼけなすび(ヒミツノミヤコ)

7/21 酔夏男
市村マサミ/豊田梵/キタ(than)/井上聖悟


*-*-*-*-*-*-*-*-*
[ Profile ]
清水雅斗:かに座
*-*-*-*-*-*-*-*-*
カテゴリ
全体
ノーマルコラム
曲紹介
ライブ動画
ライブ情報など
長編小説的「YAKYU」
以前の記事
2018年 02月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 04月
2004年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2001年 01月
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
934号 「薔薇戦争」
 「世界ブラックプディング投げ選手権」という大会が、英国北部の町で行われたらしい。

 日本においても「カニの甲羅投げ選手権」や「柿の種飛ばし選手権」など、様々なモノを投げたり飛ばしたりする大会があることは、よく知られているところだろう。概ね、地域の風習や特産物に由来しているモノを投げたり飛ばしたりしていることが多いと思うが、世界でも似たようなことは行われているということか。同じ人間だもの。

 さて、この大会。ブラックプディングなるものが何かわからないでは内容がイメージ出来ない。調べてみると、豚の血のソーセージであるらしい。うん、ソーセージはなんか投げやすそう。

 で、そのソーセージを投げて、ヨークシャープディングなるものにぶつけて台座から落とす競技であると、記事には書いてある。さて今度はヨークシャープディングがわからないので同様に調べてみたところ、「ふわふわもちもちとしたシュークリームの皮のようなもの」だそうだ。大切なのはイメージなので、「ようなもの」は除外する。つまり、シュークリームの皮だ。


 この妙な取り合わせ、何か由来があるはずだと考えていると、記事の終わりに説明があった。曰く、この大会は100年以上の伝統があり、その由来は15世紀の「薔薇戦争」に遡る、と……。


 ソーセージとシュークリームの皮の話だと思っていたら、いきなり「ベルサイユのあれ」的な単語が出て来た。なるほどさすが英国と言ったところか。ちょっと油断しているとたちまち華麗なる花とゆめの世界に誘われるというわけだ。「トンネルを抜けたら雪国」みたいな感じで。ちがうな。


 本筋に戻ろう。ええと、由来だ。なになに、「伝説によれば、弾薬が尽きた兵士たちがブラックプディングとヨークシャープディングを投げ合って戦ったとされている」。

 されているのかー。


 薔薇のイメージとは遠いが、されているものは仕方がない。ソーセージとシュークリームの皮を投げ合う薔薇戦争があってもいいよ。投げ合っても投げ合っても薔薇、ってね。むしろほんわかしていていいじゃないか。ソーセージサイドがちょっと有利って気もするから、シュー皮サイドに肩入れしてやりたいくらいさ。
 
 
[PR]
# by lofibox | 2016-09-14 02:10 | ノーマルコラム
933号 「サンタ・ラン」
 アメリカのネバダ州ラスベガスで、「サンタ・ラン」というイベントが開催されたらしい。

 毎年恒例のこのイベントは、サンタの格好をした人たちがとにかく市内を走り回るという内容で、ハンガリーやドイツでも行われているとのこと。サンタといえばトナカイのソリに乗ってプレゼントを配ってまわるイメージだが、本場の欧米では走り回るサンタもアリなのだろうか。


 いや、ちがうぞ。

 よくよく考えてみれば、僕の知っているトナカイのソリに乗っているサンタは、おじいちゃんサンタだ。白髪髭をたっぷりと蓄えた、恰幅の良いおじいちゃん。とてもじゃないが走ってまわれそうにない。これはもしかすると、もう走れなくなったからトナカイのソリに乗っているのではないだろうか。僕の知っているおじいちゃんサンタも、若い頃は相当走っていたのではないか。

 そう疑問を持って、再度「サンタ・ラン」の記事に載っているイベントの写真を見てみると、やはり思ったとおりだ。全体的に若いサンタが多い。まだまだ走れる年齢である。

 おそらく日本は本場ではないから、引退間際、現役を退く直前のサンタが配されているのだろう。だから僕の知っているサンタはトナカイのソリに乗っているのだ。本場の欧米では若いサンタがバンバン走ってプレゼントを配ってまわっているに違いない。


 これを日本に置き換えてみると、すぐにピンときた。飛脚だ。

 東西を走りまわって荷を届ける。それが贈り物であったりもするだろう。似ている。いや、それだけではない。サンタの接近には「シャンシャンシャン」という鈴の音がお決まりだが、飛脚も同じなのだ。かついだ棒の先に鈴を付けて走りまわっていたと聞く。何ということだろう。サンタと飛脚は非常に近い存在だったのだ。アンビリーバボー。

 ということは、欧米には引退間際の飛脚が配されているはずだから、あちらの飛脚は馬に乗ったりしているのだろうか。或は、佐川急便が一枚噛んでいるのかもしれない。

 佐川急便?

 筆先任せでスイスイと書いて来たが、佐川急便まで出て来てしまってはまともな着地は望めなくなった。それもいい。まあ、ソリを使わず走りまわるサンタを取り上げたことで、そうスベるということはないだろう。あるか。
 
 
[PR]
# by lofibox | 2015-12-08 14:12 | ノーマルコラム
932号 「バールのようなもの」
 今、街はバルで溢れている。

 どのくらい前だったろうか、僕がはじめて「バル」という言葉を耳にしたのは。突如として現れた「バル」は、なんだか急激に世間に浸透していったような気がする。あちらこちらで「バルが」「バルが」と言われ始め、一方で僕の「バル」への理解はその速度に全く追いつけないでいた。「バルってなんだろう」とぼんやり考えながら、「バール、と伸ばす人もいるなあ」と気付いたり、「カメラとキャメラみたいなものかな」と思い込んでみたりしていた。

 ところが、その程度しか「バル」のことがわかっていない段階の僕がどんどん混乱していくのに十分な程、様々な「バル」が僕の目や耳に飛び込んでくるのである。段階を踏んで、こんなふうに。

 ・スペインバル
 ・寿司バル
 ・喫茶店バル
 ・カラオケバル
 ・城下町バル
 ・食べ歩きバル
 ・がんバル

 なんとなく「外国的な呑み屋っぽいもの」ぐらいのイメージは持っていた僕を、まず寿司バルが否定した。和もありましたか。と思ったら喫茶店バル。呑み屋じゃなくてもよくなった。次にカラオケバル。そもそも飲食店は関係ないのかも。バルの定義はかなり広そうだ。そこに城下町バル。これは難解。今までのは店っぽさという共通点があったけれど、城下町とは。かと思ったら食べ歩きバル。行動じゃないか。屁理屈とトクホンとバルはどこにでもくっつくということなのか。わからない。がんバルに至ってはダジャレだ。親しみを感じている場合じゃない。どうなっているんだ。

 このようにして、様々な「バル」が説明もなく僕を惑わせた。果たしてバルとは何なのか。どこまでがバルでどこからがバルじゃないのか。いよいよ混乱の度合いが大きくなってしまった僕が、ついに「もしかして僕の家もバルなんじゃないか」「バールのようなものなんじゃないか」と考え始めたのも、必然と言っていいだろう。


 それから時は経ち、昔よりはバルのことがわかるようになりました。
[PR]
# by lofibox | 2015-07-07 16:23 | ノーマルコラム
931号 「高野豆腐に座って」
 家の近所の道端にずっと打ち捨てられていた、一脚のソファ。

 ところどころ表面が破れており、中から黄色い綿がはみ出しているそのソファは、雨風に晒されて日ごと汚れが酷くなっていた。最も見た目が酷くなるのはやはり雨の日で、ぐっしょり濡れたマットに染み込み切らない雨が、昔は白かったであろうカバーの表面に浮き出して巨大な高野豆腐のようになっており、ちっとも美味そうじゃないその姿がソファのことながら悲しみを誘う。構造は単純な物で、元々そんなに高級なソファではないように思えるが、それが捨てられた理由なのかは定かではない。

 打ち捨てられたそのソファは、十日程経ってもまだそのままだった。


 ある日、そのソファに人が座っているのが遠くから見えた。近づいてみると、近くの道路で工事をしていた作業員の人たちが、弁当を食べている。そのソファのソファらしいところを初めて目にした僕は、何となく「よかった」というような気持ちになり、同時に「このソファ、これっきりかもなあ」というようなことも思った。


 ところがその数日後、雨の日である。

 「ここは私たちの休憩所なので、弁当を食べないでください」

 こう書いてある紙が、ソファに貼られていたのだ。僕はくらっとした。あまりに狭量な「私たち」。休憩所という定義。ぐしょぐしょの貼り紙。高野豆腐。僕が認識していたよりも遥かに高い濃度で、この世はわからないことだらけであるらしい。興味のない難解なミステリーを無理矢理読まされたような疲労感で、僕はくらくらしながら家に戻った。


 腑に落ちない話だけに、オチはない。
[PR]
# by lofibox | 2015-06-25 20:31 | ノーマルコラム
930号 「アシカにもそういうところがある」
 夜な夜な呑み歩いている僕だが、やはり酒には肴が重要になってくる。

 「いきなりなんだ」というような書き出しだが、これは実際にそうだ。だいたい酒には適した肴があって、日本酒には、焼酎には、ワインには、ウイスキーには、と、それぞれ「これだ」という肴があるものだ。「酒は人類の友である」とも聞くが、そうであるならやたらめったらに酔っ払うばかりでは友達付き合いも一方通行というもの。毎夜の酒にぴったりくる肴を用意することが出来れば、友達との付き合いも豊かになるだろう。


 さて、人類がそうであるのはそれとして、「実はアシカにもそういうところがある」というのが今回の話題だ。

 オレゴン州アストリアの港で、船着き場に詰め掛けたアシカが不当に、いや埠頭を占領してしまったという記事があった。桟橋が壊されたり糞尿まみれになったりと、けっこうな被害が出ているらしい。破壊と排泄の二重快楽とは、さぞアシカは気持ちがよかろうと思う。


 そこで人類が立てた対策が、実物大のシャチ模型を泳がせてアシカたちを追い払おうというものだった。

 要するに案山子作戦なのであるが、このシャチ模型にはエンジンが付いていて、スピーカーからは録音したシャチの声が流れるという。ドローンが飛び交うこの近未来において「なんだかなあ」感がぬぐえない上に、人が乗り込む運転席まで付いているそうで、それがまた何とも。


 ところで、何故アシカが船着き場に詰め掛けているかというと、どうも産卵の為に集まって来るサケを美味しく頂くのが目的らしい。

 作戦の方は案の定失敗。エンジントラブルにより水中で引っ繰り返ったシャチから慌てて飛び出す運転手。アシカたちは怖がることもなく、その滑稽な姿を見物してサケの肴にしていた。という話である。

 勿論、人類サイドも必死であることは承知しているので、アシカらず。
[PR]
# by lofibox | 2015-06-18 14:22 | ノーマルコラム